30代向け!34歳女性・独身彼氏なしは焦る3つの理由【35歳になる前に結婚する方法】

突然ですがあなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 「職場と家の往復で出会いがない、、、」
  • 「もうすぐアラサーと言えなくなる、、、」
  • 「良いなと思う男性は大体結婚してしまった、、、」

この記事にたどり着いた34歳独身女性(彼氏なし)の皆様!朗報です!

本記事を最後まで読むだけで、

  • 今の状況の原因と対処法
  • 半年でスピード結婚する方法
  • 結婚を考えられる素敵な男性との出会い方

まで分かっちゃいます。

仕事で忙しくてそんな暇はない!
というそこのあなたも、仕事の通勤時間で結構です。

元結婚相談所勤務のいわば「婚活のプロ」のオーナー監修の元、わかりやすくまとめてみました

ぜひ最後まで読んでみてください!

34歳女性・独身彼氏なしは焦る3つの理由

ここではなぜ「34歳独身で彼氏なしの女性」は焦ってしまうのか?
その原因を調査してみました。

内閣府が行った調査によると、30~34歳の女性の未婚率の割合は34.6%。
およそ3人に1人が未婚という決して独身女性が珍しい数値ではないかと思います。

ですが、雑誌「anan」が行った意識調査によると既婚・未婚関わらずなんと83%もの女性が結婚にプレッシャーを感じているということが分かりました。

なぜこれほど女性は焦るのでしょうか?
34歳女性・独身彼氏なしは焦る3つの理由について深堀していきます。

【理由1】友人・同僚が次々に結婚していくから

悲しむ女性

「私のポストには、ジューンブライドで6月に結婚する同僚や後輩の葉書が来ていたり(しかも何枚も)、町を歩けば偶然子供連れの元同級生に出会ったり・・・その目で見るからでしょうが、私だけ独身じゃないの、というみじめさに耐えきれない時があります。」
引用: Yahoo!知恵袋「学校の悩み」

このような声が多かったです。
確かに土日のデパートやショッピングセンターのファミリー連れの高さは異常ですよね泣

さらに友人が子供を産むと中々遊べなくなり気付けば一人の時間が増えるなんてことも。

数年後も同じ思いをしないためにも今この時からこの一人の時間を素敵なパートナーと出会うために使いましょう!

【理由2】独身男性との出会いが少なくなるから

周囲の友人(女性)だけでなく独身男性も歳を重ねるごとに結婚していきます。
あの人いいな、と思っていた男性がいつの間にか結婚していた!なんてことも。

つまり、出会いが少なくなるのは必然。
今アクションを起こさないといつの間にか余ってしまう、なんてことに泣
そうならないためにも今この時から動き出しましょう!

【理由3】妊娠のタイムリミットを意識してしまうから

子供が欲しい女性にとって1番の問題とも言える”妊娠・出産のタイムリミット”

女性の妊孕性(にんようせい=妊娠のしやすさ)は35歳から徐々に低下。
日本生殖医学会の見解によると35歳を過ぎるとその傾向は顕著になり、40歳を過ぎると急速に減少します。

結婚をすっ飛ばして妊娠の心配?と思うと飛躍しすぎな気もしますが、将来子供が欲しい女性にとっては深刻な問題ですよね、、。

いくら素敵な独身男性を見つけたからといって多くの場合即結婚にはなりません。
大体交際期間を経て結婚しますよね?
そう考えると34歳の独身女性にとって彼氏が今いないという現状は焦ってしまう最大の要因ともいえます。

独身から抜け出したいなら女性は早く動いた方がいい

悩む女性

「34歳独身女です。2年前に別れて以降、婚活をしています。子供も欲しいです。35歳になるとわずか5%しか結婚できないというデータをみて焦っています。34歳という年齢はやはり男性側は無理でしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「家族関係の悩み」

このような投稿を発見しました。
多くの女性が30代前半から焦り始め、34歳過ぎてから急に焦る。

独身から抜け出したいなら女性は早く動いた方がいいです。
なぜなら、調査より35歳を境に結婚のしやすさ(成婚率)は著しく低下するから。

実際、男性の印象でも35歳の独身女性からプレッシャーを感じるようです。

男性とスマホ

「当然、男性も加齢で魅力は薄れますが相手の性に求められる要素として 加齢によって価値の下がりの早いのは女性の方という意見です。 (もちろん年齢が増す事に人生経験が豊富になり人間として魅力はでると思います。しかし年齢が増せば魅力的なら女性も30代で婚活せず、40代からでも全く問題ないはずなのに35歳を境に男性のアプローチが極端に減ると聞きました)」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談」

知恵袋にこのような投稿を発見し、それに対し男性らしき方々からのアンサーが具体的だったので掲載します。

  • 本音というか、事実に近いと思いますよ。残念ながら女性の対外的な価値の下落は、男以上のものがあると感じます。
  • 女性は35歳を過ぎたら確かに男性のアプローチは減ります。 現実です。
  • 男性が見た目を重要視すれば女性が35歳辺りからアプローチが少なくなってしまうのは仕方の無い事だと思います。

34歳女性・独身彼氏なしから半年で結婚する方法5選

地道に出会いを探しているだけでは半年で結婚まで辿り着くには難しいでしょう。
ただ先述した通り35歳を過ぎるとどんどん妊娠しにくくなるということを考えると結婚は一分一秒でも早くしたいですよね。

それでは34歳独身女性・彼氏なしの状態から半年で結婚するにはどうすればよいのか?
答えはズバリ「結婚相談所を活用する!」です。

マッチングアプリや街コンでも出会いはあるでしょう。
しかし、そのお相手に結婚願望があるかどうかはまた別の話です。

筆者の実体験になりますが、プロフィールの結婚への希望欄を「すぐにでも」にしている方は稀で「良い人がいれば」にしている男性が多い印象です。
このように出会いの目的が異なってしまうと全くの時間の無駄になってしまうのです。

その点、結婚相談所は初めから「結婚を目的とした出会い」が前提なのでお互いの価値観が合致しています。
あとはその中から相性の良い男性を探せば良いのです。

この章では、おすすめの結婚相談所を3つ、ご紹介していますので、ご自身に合う結婚相談所を見つけてくださいね。

【方法1】コスパの良さで選ぶなら「ゼクシィ縁結びエージェント」

まず、おすすめの結婚相談所が「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

おすすめポイントは、なんといっても”コスパの良さ!”
9900円~3プランあり、自分に合わせてプランを選べちゃいます!

また、通常結婚相談所には「お見合い料・成婚料」が必要になります。
しかし、ゼクシィ縁結びエージェントでは「入会金・月会費」のみです。

入会金の相場は大体10万円ほどで、大手6社の平均は約15万円。

ですが、ゼクシィ縁結びエージェントでは、なんと33000円でとてもリーズナブルです!

マッチングアプリでは中々出会いに結びつかない、という結婚相談所初心者さんにおすすめです。

【方法2】始めやすさと便利さで選ぶなら「エン婚活エージェント」

次に、ご紹介する結婚相談所は「エン婚活エージェント

なんとあの大手転職サービスのエン転職と同じグループの結婚相談所となります。

エン婚活エージェントのメリットはなんといっても”始めやすさ・便利さ”です。
他社の約1/10で始められる初期費用のおかげで始めの一歩が踏み出しやすいですよね。

また費用は登録料と月会費のみ!
結婚相談所でよく耳にする「成婚料、お見合い料」などかからないので安心です。

さらに来店不要の結婚相談所なので時間がない方にもお手軽に活動できてしまいます。

【方法3】成婚率No.1の実績で選ぶなら「パートナーエージェント」

そして、成婚率No.1の「パートナーエージェント」をご紹介します。

パートナーエージェントのおすすめポイントは、なんといっても”成婚率の高さ”

せっかく高いお金を払って結婚相談所に入会しても、結婚できなければなんの意味もありません。

そこでパートナーエージェントでは、手厚いコンシェルジュからのサービスが魅力となっています。

逆に35歳になる前に結婚したい女性が利用してはいけない方法

先ほども少し触れましたが、お相手に「結婚への真剣度があるかどうか」が鍵となります。

これからご紹介する方法がすべて無駄であると決めつけてはいません。
ですが34歳で一刻もはやく結婚したい、と思っている方は避けた方が無難でしょう。

【NGな方法1】合コン

まずは合コンです。
合コンのメリットとしては大抵幹事対幹事のやりとりで開催が決定することが多いので参加者の身元が安心ということがメリットです。

反対にデメリットとしては、そもそも最近では合コン自体の利用率が減ってしまっていることが挙げられます。

原因としてはマッチングアプリでわざわざ合コンをしなくても個人で簡単に出会えるサービスが普及したことや、コロナ禍において大人数で集まるのが難しいことが考えられます。

知恵袋でもこのような投稿を発見しました。

心配な女性

「コロナで合コンなどできないですが、皆さんどうやって恋愛の出会いを探してますか? いつ終わりが来るかわからないのでこのまま年取ったらどうしようという感じです。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

まだまだ続きそうなコロナ時代。
合コンに期待をするのは避けた方がよさそうです。

【NGな方法2】婚活パーティー

次に婚活パーティーです。
婚活パーティーのメリットは会う約束をしなくても必ず数人その日に出会えるということがメリットとして大きいです。

会う約束をするのって中々骨が折れたりしますもんね。
デメリットとしては、20代がメインのサービスということが挙げられます。

知恵袋ですごくタイムリーな質問を発見しました。

悲しむ女性

「婚活パーティの問題点 いいなあという男性がいても、結局のところ カップルになれません 34才ということで差別されているような気分を感じています。 このあたりをなんとかしたいのですが、 教えてくれませんか。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談」

それに対するアンサーで
まあそうですよね。男は若い女の方に行くから。 もっと男の年齢層の高いのに行かないとしょうがないじゃないの?

というものがありました。
筆者も何度か参加したことがありますが明らかに20代前半の時と20代後半でのパーティーでの反響?が違います泣

悲しい現実ですが同じくらいのルックス・スペックがあり年齢だけが違うとなれば若い方が選ばれるのは必然です。
20代がチヤホヤされる婚活パーティーでは34歳という年齢で戦うには少々難しいのです、、。

【NGな方法3】マッチングアプリ

最後に言わずもがなマッチングアプリです。
マッチングアプリの最大のメリットはなんといってもその手軽さが挙げられます。
時間や場所に縛られず女性の場合だと大体無料で手軽に始めらるので活用している方も多いのでは?と思います。

マッチングアプリのデメリットとしては結婚という目的から外れたサービスということが挙げられます。

中には結婚を目的に活動している方もいらっしゃるでしょう。
でもそのような方は貴重で、多くの方は「彼女が欲しい・遊びたい」など軽い気持ちでしていることが多いです。

実際にこのような投稿が多く知恵袋で発見しました。

心配な女性

「マッチングアプリ。ヤリモク嫌というが、会ったらやる以外やる事あるか?男はみんなハンターなのよ。狩ったら次の狩へ行く」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

このような生半可な気持ちで活動している方も多いマッチングアプリ。
そんなお相手に時間を割くのは無駄以外のなにものでもありません。

34歳女性・独身彼氏なしの現状から抜け出せない原因と対処法

ここまで結婚したい女性が利用してはいけない方法をご紹介してきました。

どう思われましたか?
納得された方もいれば、それは違うんじゃないの?と思った方もいるかもしれません。

ですが時間だけ費やし、気づいたら35歳になってしまった!では取り返しがつきません。
そのような結末にならないためにもこれらの安易な利用は避けましょう。

ただそれでも現状から抜け出せない、という方もいます。
ここで最後に34歳女性・独身彼氏なしの原因と対処法について解説していきます。

あなたはいくつ当てはまりますか?
ご自身に置き換えてチェックしてみてください。

【原因1】実家暮らしをしている

まずは「実家暮らしをしている」です。
様々な要因があるかと思いますが実家暮らしをしていると大半の方は「家に彼氏を呼びにくい」「夜遅くまで出かけにくい」など行動に制限がかかりますよね?
そうするとせっかくの出会いのチャンスが狭まってしまいます。

対処法として、実家を出て一人でやっていける環境・収入があるのなら家を出てみるのはいかがでしょう。
将来的に結婚したいのに今から一人暮らし用の家電を買うお金が勿体ないという方には最近話題のシェアハウスに家電が備え付きのことが多いです。
またウィークリーマンションを使うのも一つの手かもしれません。

新しい環境に身を置くことで必ず出会いが増えるでしょう。
どうしても一人暮らしできる環境ではないという方は潔く思考を切り替えて、実家暮らしの分貯金してはいかがでしょう?
貯金をしっかりしている女性は男性から見ても金銭感覚がしっかりしていて安心感がありますよね。

【原因2】見た目を気にしていない

次に「見た目を気にしていない」です。
男性は視覚から恋愛に入る生き物。

その男性の恋愛対象になるためには必然的にある程度のルックスの良さは重要です。
髪はボサボサではありませんか?爪はきちんと整えられていますか?今一度自分でチェックしてみましょう。

対処法として、自分で垢抜け方がわからない!という方にはプロに頼るのがおすすめ。
近年話題のパーソナルカラー診断を行うサロンでは合わせて似合うコスメや服を提案してくれる所も。

意外にも今まで挑戦してこなかった色があなたを輝かせてくれるかもしれません。

【原因3】求める彼氏の理想が高い

次に「求める彼氏の理想が高い」です。
厳しいことを言いますが「恋愛とは自分を映し出す鏡」。

要は自分に見合った男性を選べていますか?

年収は100万以上!長男は嫌!など自分よりもスペックの高い彼ばかりを狙っていては中々恋は実りません。
今一度意識改革が必要です。

対処法として、ご自身の理想の男性像をまずは紙に書き出しましょう。
全ての項目を書き終えたあと、上位5つくらいに絞ってみてください。

この作業を紙に書いてすることにより、自分の思考がクリアになり、結婚相手に自分が本当に求めているものが明確になります。

【原因4】自分のための時間が最優先

次に「自分のための時間が最優先」です。
これに関しては賛否両論あると思いますが、とりあえず彼氏がいない今の現状という場合に限らせていただきます。

自分の趣味や仕事に時間を割きすぎてそもそも男性と出会う時間を作る気がないという方がこちらに当てはまります。
筆者も趣味が多いのですごく共感します。

ただ自分に時間を使いすぎて気づけば35歳になってしまった!では遅いです。
自分の時間も必要ですが少しづつ出会いに動きだしましょう。

対処法は、ご自分で明確な目標を立てましょう。

例えば今月5人と出会う!や3ヶ月以内に彼氏を作る!でも構いません。
数値化した目標を設定することにより、ゴールが明確化にされ行動しやすくなります。

ぜひお試しください。

【原因5】彼氏を作ることに興味がない

最後に「彼氏を作ることに興味がない」です。
結婚に興味がない方がここに当てはまるかと思います。

今は多様化の時代なのでそれ自体悪いこととは思いません。
ただもし少しでも子供が欲しい、家族が欲しいという気持ちがあるなら今後の人生で1番若い今から行動を始めることが肝になります。

対処法は、自分の未来をイメージしてみましょう。
その中に子供はいますか?
旦那様はいますか?

少しでもそのイメージが出てきたのなら行動を開始すべきです。

まとめ: 34歳独身(彼氏なし)の女性でも抜け出す方法は「結婚相談所」

本記事では34歳の独身彼氏なし女性が最短で結婚できる方法をお伝えしました。

34歳独身女性に1番大切なことは「とにかく行動を始める」です。
私たち女性には悲しいことに刻一刻と妊娠のしやすさのリミットが迫っています。

今が人生で1番若い日。
後悔をしないためにも、将来のためを考えるなら一分一秒でも早く行動開始しましょう。

聞き上手なカウンセラーが在籍!成婚実績豊富な結婚相談所おすすめ3選