【怖い】独身男性の末路とは?悲惨な3つの現実と一生独身から抜け出す方法

「独身男性の末路」と検索してきたあなたも、こんな悩みを抱いてはいませんか?

「このまま一生独身で大丈夫だろうか。」
「一生独身の男の末路が知りたい。」

一生独身かもしれない人生に、不安を抱えている男性多いのではないでしょうか。

近年晩婚化が進み、生涯未婚率も増加傾向。
「一生独身」を選択される男性の方は増えていますよね。

また、結婚生活や育児の大変さがフォーカスされ、「独身貴族」なんて言葉もあります。

でも本当に生涯独身を選択すれば自由で貴族のような人生を送れるのでしょうか。
結論から述べると、生涯独身を選択する「準備」と「覚悟」を怠ると悲惨な現実が待っています。

なぜなら「独身=自由な人生」でも老後は、誰にでもやってくるから。

一生独身の人生を選択する場合。
老後に向けた備えを怠ると取り返しのつかないことになりかねません。

本記事では、独身男性の悲惨な現実と一生独身から抜け出す方法について解説します。
今一度、自分の人生を見つめ直し、本当に一生独身が幸せなのか考えてみましょう。

独身男性の末路は怖い?悲惨な3つの現実

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると。
2015年時点での50歳未満男性の未婚率は「23.37%」

特に1990年以降、男性の生涯未婚率は顕著に上昇していることが確認できます。

独身を選ぶ男性は、特定の年代に限った話ではありません。
結婚に対するNHKの意識調査で「人は結婚するのが当たり前だ」という意見が「44.6%」から「26.9%」へ低下。

「必ずしも結婚する必要はない」という意見は「50.5%」から「67.5%」へと上昇。
つまり、「結婚は人生において必ずしも必要ではない」という価値観も増加しているといえます。

また、「独身は辛いか」という問いに対しても7割程度の男性が「いいえ」と回答。
(出典:マイナビニュース「男性が「独身はつらい」と感じる瞬間」

このことから「独身を自ら選ぶ男性は確実に増えている」と言えるでしょう。

ここまでみると「あれ、独身男性の人生って本当に悲惨なの?」と疑問に思いますよね。
なぜなら、上記の質問で「いいえ」と回答した男性は、自らの意思で「独身」を選んでいるから。

しかし、悲惨ではないのは「今だけ」です。
年齢とともに身体的、社会的、精神的な「悲惨な変化」は必ず起こります。

では一体どんな悲惨な現実が待ち受けているのでしょうか。
エビデンスを用いて、独身男性に将来起こりうる「悲惨な現実」をお伝えしていきます。

【現実1】平均寿命が短くなる

まず1つ目の悲惨な現実が「平均寿命が短くなる」

政府が実施している人口動態調査(2020年)
本調査によると、有配偶男性の寿命の中央値は「81.6歳」

対して、無配偶男性(独身男性)の寿命の中央値は「67.2歳」
つまり有配偶男性と無配偶男性で、およそ「14年」も寿命に差があることが分かります。

独身男性の寿命が短い原因は、主に「生活習慣」
とりわけ食事(栄養の偏り)や運動不足などに由来すると考えられます。
(出典:日刊ゲンダイヘルスケア「独身男性は女性よりがん死亡率が高い」

実際、生活習慣病が原因となる脳卒中、がんの死亡率とメタボリックシンドローム判定の該当率は、独身男性の方が既婚男性より高いことが報告されています。
(出典:日経メディカル「未婚あるいは結婚に満足していない男性は脳卒中の死亡リスクが高い」

独身は、場合によって自身の体調変化に気づきにくいです。
不規則な食生活となり、生活習慣病へと繋がってしまう可能性が高いといえます。

以上の結果から、既婚者より独身男性の寿命は短くなる現実が待ち構えているといえそうです。

【現実2】高齢両親の介護や生活が負担になる

次に2つ目の悲惨な現実が「高齢両親の介護や生活が負担になる」

落ち込む男性

「以前には考えたこともなかった、高齢の親の入院や介護に伴う生活の制約や精神的な負担を最近は感じ始めています。」
引用: お独り様会「40代の未婚 独身 男性の本音」

これは「親の介護」について40代独身男性が語った本音。
独身男性に起こる環境の変化は、時間とともに現実味を帯びていきます。

実際、総務省統計研究研修所が公表する「親と同居している未婚者数」
本調査によると、1980年では約1,600万人だったのに対し、2016年には約1,900万人まで増加。

また国勢調査の調べで、独身者の子供と高齢者の世帯割合は「5世帯に1世帯以上」
これに伴い、同居する親の介護を担う「シングル介護」に直面する世帯が増加しています。

シングル介護の問題点は、「介護者が介護離職に直面すること」
独身だと本人以外に家族もいないため、親の介護は子供本人が行う場合が多いです。

そして介護離職による介護者の経済状況は「貯金を切り崩している」が約6割と最多。
(出典:認知症介護研究・研修センター「シングル介護者(現役世代で独身の介護者)が抱える課題の抽出とその支援策に関する研究事業」

さらに深刻なのは、親が亡くなった後にシングル介護者が独居になることです。

明治安田総合研究所が行った「自分が認知症になることへの不安」
未婚者のうち6割もの男性が、介護してくれる家族は「だれもいない」と答えています。

未婚のまま介護を続け、婚期を逃してしまうこともありえます。
一生独身になってしまった男性は、自らの認知症と孤独死へのリスクが高まる可能性があります。

つまりシングル介護は、精神的にも社会的にも負担の大きな将来起こりえる現実だといえます。

【現実3】幸福度が低下する(特に40代独身男性)

そして3つ目の悲惨な現実が「幸福度が低下する」

独身男性には自由で気楽なイメージがあります。
しかし、幸福度は既婚男性より低いというデータがあることをご存知でしょうか。

明治安田総合研究所が行った「男性の幸せに関する意識調査」
本調査の「男の幸せ」とは何かという設問に対し、「幸せな家庭を作ること」が「29%」と突出して高いです。

また、「幸せ」のためには「良きパートナー(妻・恋人)が必要」とすべての年代で多く選ばれています。

独身者と既婚者の男の幸せの違いは、日本に限った話ではありません。
世界価値観調査」においても、未婚者より既婚者の幸福度が高い国は「70%」を超えています

さらに男性より女性の幸福度が高い国も「53%」あります。
このことから、「未婚男性より既婚男性のほうが幸福度は高い」とデータ的には正しいと言えそうです。

では幸福度の低さについてフォーカスするとどうでしょうか。

落ち込む男性

「趣味の合う人が周りにおらず、1人では楽しめなく、寂しい思いもしています。せめてプライベートを充実させて、仕事のモチベーションを上げていきたいと思っています。幸せって何だろう、と思う日々が続いています。」
「やはり家庭を持ち家族で食事を楽しみたいと思っています。」
引用: お独り様会「40代の未婚 独身 男性の本音」

リアルな本音だけでなく「妻なし・彼女なし」の男性が幸せ度は最も低い。
同調査から特に40代を超えると幸せ度は低下の一途を辿っていることがみてとれます。

2020年の本調査でも40~50代の未婚男性の幸福度の低さは際立っています。

そして面白いのは年収と幸福度の関係。
既婚男性は、年収と幸福度が比例関係にあります。

しかし未婚男性は、年収と幸福度が途中から比例関係ではなくなり、幸福度の割合が下降しています。
つまり「良きパートナー」の有無は、長期的な目線で見ると収入以上に幸福度に寄与していることがわかります。

また世界的にみても未婚男性の幸福度は低いです。
そのなかでも特に日本の未婚男性の幸福度は、ワールドクラスで低いといえそうです。

なぜ一生独身を男は選ぶ?理由と結婚への本音

ここまで独身男性に将来起こりうる「悲惨な現実」を3つに絞って解説しました。

ですが未婚率でも示した通り、独身世帯は年々増加の一途を辿っています。
なぜ一生独身を男性は選ぶのか?理由と結婚への本音について深堀解説します。

【理由】「結婚したくない」より「出会いがない」

落ち込む男性

「今独身なのは、結婚が嫌だとか、独身を望んできたわけではないです。あまり器用ではなく、一つのこと(例えば仕事)に力が入りすぎてきたのかもしれない。でも、今、それを少しずつ変えているところです。」(30代男性)
引用: お独り様会「30代 未婚 独身男性の本音」

見つめ直す男性

「この歳まで独身でいるとは思いませんでした。」(50代男性)
引用: お独り様会「50代の未婚 独身 男性の本音」

男性とスマホ

「今のところ結婚までは考えてませんが、いっしょにドライブに行ったり、食事に行ったりできるような人と出逢えたらいいなと思っています。」(50代男性)
引用: お独り様会「50代の未婚 独身 男性の本音」

上記は30代~50代独身男性の婚活・結婚観に対する本音。
このように、必ずしも「生涯独身を謳歌したいから」という理由が全てではないようです。

実際、第15回出生動向基本調査によると。
「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合」は「85.7%」と高い水準となっています。

結婚したい気持ちはある、でも独身を選ぶ。
いったいなぜなのか?独身でいる理由として最も多いのが「適当な相手にはまだ巡り会わない」

また、生涯独身の可能性が高くなる40~50代男性に未婚でいる理由について聞いた調査でも特に多いのが「出会いがないから」

このことから、独身男性は自ら「一生独身」を貫きたいのではありません。
「将来的には結婚したいが、現在はいい出会いがないから未婚でいる」のが適当といえそうです。

【本音】でも多くは「結婚したい」と考えている

落ち込む男性

「結婚したいという思いを持ちながらもご縁に恵まれず、この歳まで未婚で来てしまいました。」(40代男性)
引用: お独り様会「40代の未婚 独身 男性の本音」

見つめ直す男性

「望んで今まで独りできたわけではありません。二十代の頃には、普通に結婚したいと思っていました。」(40代男性)
引用: お独り様会「40代の未婚 独身 男性の本音」

落ち込む男性

「一人暮らしで周囲の人からは結婚の事を言われるのですが、なかなか良い人に恵まれずに現在に至っています」(40代男性)
引用: お独り様会「40代の未婚 独身 男性の本音」

独身男性の中には「将来的に結婚したい」と思っていても、いい出会いがないと嘆いているのが実情です。

実際「一生結婚するつもりはない」と回答した男性は「10.4%」、女性では「8%」
男女とも9割近い人が「いずれ結婚するつもり」だと結婚に関する意識調査で明らかとなっています。

つまり結婚をしない人の多くは、「結婚したくない」ではなく。
「いつかは結婚したい」と思ってるのが本音に近いと言えるでしょう。

さらに、結婚に対する意識はコロナをきっかけに変化が起きているようです。

内閣府の調査で「結婚・同棲したい気持ち」が強まった人の割合は「10.2%」
弱まった人の割合(5.1%)よりも2倍高く、結婚への気持ちの変化が生じているのが分かります。

コロナの影響で外出が控えられ、自宅で過ごす時間は増加。
これら外的要因やコロナに感染したときの不安などから独身志向は弱まったといえます。

では、なぜ結婚したいのに、しない(できない)のか?
それは学生時代という出会いの宝庫の期間があったにもかかわらず、「まだ若い」ことを理由に結婚相手を意識的に探さなかったからと考えられます。

18歳~24歳の若い独身男性に「なぜ独身にとどまっているのか」
この質問に対して、その多くが「まだ若すぎる」からだと回答しています。
実に男性の約5割が「まだ若いから結婚はいい」と思っていることがわかります。

これが25~34歳の独身男性の回答となると、理由は激変します。
約5割が「適当な相手がいない」と挙げ、しかもこの割合はほかの理由の割合を圧倒しています。

結果、結婚願望はあるのに男性の約7割は交際相手がいない現実が待っています。

このような現実が続くとどうなるのか?
40~50代の未婚男性100人中15人が「一度も女性と付き合ったことがない」というデータもあります。

40~50代未婚男性のうち、約6割が結婚を希望しています。
にもかかわらず「婚活は特にしていない」という回答が「92.6%」

結婚相手を見つける活動はしていないことがデータから分かります。

結婚願望はある、しかし婚活はしていない。
これでは、いうまでもなく生涯独身まっしぐらです。

しかし、現代では直接会う必要もなく理想の相手を探せる「マッチングアプリ」
AIを駆使して自分の性格から理想の相手を探せる「結婚相談所」など婚活の手段も手法も進化しています。

このような多様化していく社会の中で「適当な相手に巡り合えない」
と嘆きながら生涯独身になってしまったというのは、苦しい言い訳かもしれません。

行動を起こさないと何も変わらないし、結婚相手も見つからない。
その結果、一生独身男性の悲惨な末路を歩むことになるのはいうまでもないでしょう。

一生独身男の悲惨な末路から今すぐ抜け出す方法5選

ここまで独身男性が結婚しない理由と本音について解説しました。

「将来的に理想のパートナーと結婚はしたい。」
「でも今は出会いがないから独身を選択している。」

これが、生涯未婚率を上昇させている原因の一つです。

「今」は独身のままが楽かもしれません。
しかし「先」の将来を考えたとき、上図(NBER)のように結婚した方が幸福度は高まります。

さらに年齢が上がるほど結婚できる可能性も低くなることがIBJ調べで明らかになっています。
(出典:IBJ「成婚白書~2020年度版~」

「結婚したい・・・でもどうすればいいか分からない・・・」
そんな一生独身男の悲惨な末路から今すぐ抜け出す方法が「結婚相談所」です。

結婚相談所をおすすめする理由は1つで「自然な出会いはもはや期待できないから」

つまり、自ら行動しないと結婚相手など見つからないということ。
2000年以降、自然な出会いは衰退し、「出会いを待っていても結婚できない時代へと変化。
(出典:国民生活「現代日本の結婚の現状と婚活の実態」

その一助となるサービスが結婚相談所の役割といえます。

とはいえ、結婚相談所未経験の男性にとっては分からない点も多い。
大丈夫です、あなたのニーズに合った結婚相談所を5つ厳選しご紹介いたします。

【方法1】コスパの良さで選ぶなら「ゼクシィ縁結びエージェント」

結婚相談所を利用する大きなメリットは「プロが第三者の視点から客観的に自分みてくれること」
相性の良い相手や結婚の相手選びに重要なことって一人で悩んでもいまいち納得がいかないもの。

でも大丈夫です。
ゼクシイ縁結びエージェントの無料カウンセリングを使えばプロがあなたの結婚に対する価値観を明確にしてくれます。

しかもこのカウンセリングは、オンラインでも行われているため自宅でカウンセリングが可能です。
自宅であれば周りに誰もいない環境も作りやすいし、自分の希望を話しやすいですよね。

またフィードバック面談により、相手からの印象が担当コーディネーターを通じてわかります。

さらに担当者とのコンタクト頻度も自身のスタンスで調整できます。
そのため、頼りたい時にだけエージェントを頼ることもできますよ。

ゼクシイ縁結びエージェントは自分の好みに合わせた3つのプランがあります。

選べる3つのプラン

  • あくまでマッチングを重視し、自分でサクサク恋活を進めたい方にはシングルプラン
  • 担当者からのサポートを重視して慎重に恋活を進めたい方にはスタンダードプラン
  • マッチング成立を重視し、より確実に出会いたい方にはプレミアプラン

そしてどのプランも初期費用は入会金のみでそのほかの初期費用は一切なし。
「ゼクシイ」という誰もが知る大手サービスが運営するエージェントであることも信頼できますよね。

【方法2】成婚率No.1の実績で選ぶなら「パートナーエージェント」

「どうせ利用するなら成婚率の高い実績のあるエージェントを利用したい。」
そんなあなたにおすすめなのが成婚率業界No.1の「パートナーエージェント」です。

パートナーエージェントは業界最大級73000人の紹介が可能のメガエージェント。

1年以内の成婚率も「65.6%」と驚異的な高さを誇ります。
この成婚率の高さに一役買っているのは「成婚コンシェルジュの品質の高さ」

パートナーエージェントの成婚コンシェルジュは200時間以上のコーチング研修と卒業検定があります。

この質の高く厳しい研修をクリアしたコンシェルジュによる仲介。
さらにビッグデータを用いたAI技術との連携が高い成婚率へと繋がっているのです。

またパートナーエージェントは、会員一人一人にあった成婚までの独自PDCAサイクルがあります。

成婚までの独自PDCAサイクル

  • 【Plan】婚活設計
  • 【Do】紹介・コンタクト(お見合い)・交際
  • 【Check】振り返りとコンシェルジュによるアドバイス
  • 【Action】アドバイスを通じて婚活設計の見直し

このサイクルにより、確実に成婚へと導いてくれます。
成婚率業界No.1、1年以内成婚率の高さも納得がいきますね。

登録料、初期費用はやや高めですが、3ヶ月出会いが無ければ登録料全額返金の保証制度もあります。
この保証制度のお陰で入会のハードルもそこまで高く感じないため安心ですよね。

【方法3】始めやすさと便利さで選ぶなら「エン婚活エージェント」

「婚活エージェントを利用するならできるだけ安く始めたい。」
「仕事やプライベートで忙しいから隙間時間で婚活したい。」

そんな気軽に婚活を始めたいあなたにおすすめなのが「エン婚活エージェント」

エン婚活エージェントの特徴は、「オンライン完結型婚活」で「圧倒的コスパの良さ」
高品質ながら低価格を実現し、時々初月月会費無料キャンペーンも実施しているため要チェックです。

実績は、成婚者のうち「90%」が活動開始から1年以内に成婚退会。
オンライン完結ながら、エン婚活エージェントの実績は信頼できそうです。

またオンライン完結型結婚相談所のメリットは「店舗に出向く必要がない点」
そのため仕事やプライベートで忙しくても隙間時間で婚活を進めることができます。

オンライン完結ですが、会員一人一人に専任コンシェルジュがつきますので初心者でも安心できます。
さらにエン婚活エージェントも3ヶ月出会いが無ければ登録料と3ヶ月分の月会費全額返金の保証制度が付いています。

オンライン完結なのに返金保証つきなので積極的に利用したいところですね。

【方法4】オンラインでリーズナブルに始めるなら「スマリッジ」

「いやいやもっと安く手軽にオンライン婚活を始めたい。」
そんな値段で決めたいあなたにおすすめなのは「スマリッジ」です。

スマリッジの特徴はエン婚活エージェント以上の安さ。
ただでさえ安いのにスマリッジにはU28割やシングル親割、地域割などユーザー別のお得な割引までもついています。

また、紹介数無制限など自分の好みに合わせてオプションを追加することもできます。

さらに安さだけではなく、会員数は国内最大級の約30,000人!
所属している婚活アドバイザーは、MCA結婚カウンセラー認定証を有しているアドバイザーなため信頼度もお墨付きです。

スマリッジも3ヶ月出会いが無ければ登録料と3ヶ月分の月会費全額返金の保証制度が付いています。

【方法5】気軽な出会いから巡り合いたいなら「ペアーズ」

「結婚相談所はまだ早い気がするし、なんだか腰が重い。」
「値段も高いし、気軽な出会いから恋愛結婚に発展させたい。」

そんな気軽に出会いを探したい方にはマッチングアプリ「ペアーズ」がおすすめです。

ペアーズの特徴はとにかく「出会い」を求めている男女が登録している点。
表立って結婚相手を探すのは気が滅入るけどまずはスマホ上でいいから「出会い」が欲しい。

そんなあなたにピッタリです。

ペアーズはマッチングまでの流れも簡潔でシンプル。
理想の相手を探して「いいね!」を送ってマッチングしたらメッセージ交換という流れです。

ペアーズは1,500万人という国内最大の会員登録者数を誇りアプリ内コミュニティも約9万件以上あります。
コミュニティでは、自分の好きな趣味や好きなものをアピールし、価値観の合う女性を見つけることも可能です。

ペアーズはマッチングまでは男性の利用も無料です。
気の合いそうな人とマッチングしたらメッセージを送ってみましょう。

メッセージの送信からは男性のみ料金がかかります。
しかし、これまで紹介した結婚相談所エージェントと比較すれば圧倒的に割安です。

一生独身でいることに向いてる男性の特徴とメリット

ここまで一生独身まっしぐらの人生から逸脱する方法を紹介しました。

それでも
「独身でも楽しいし気楽。」
「独身でいた方が幸せな人生を歩めそう。」
「お金も時間も縛られず自由に生きていきたい。」
「他人と共同生活するなんて自分にはストレスでしかない。」

このように考える男性もいるはずです。
自分の性格や現状を考えるつつ、生涯独身を選択するのももちろん正しいこと。

ここでは一生独身でいることに向いてる男性の特徴とメリットを紹介します。

【特徴1】時間もお金も好きに使いたい男性

まず1つ目の特徴が「時間もお金も好きに使いたい男性」

悩む男性

「仕事の休みの日に昔の悪友だとか地元の友達から遊びや飲み会に誘われてもなかなか顔を出せない。独身ならすぐに『おおっ!行く行く』といえるのに、今は事前に妻に申告しなければならない。」(40代既婚男性)
引用: Suits woman「「俺、結婚早まったかも」「独り者が羨ましい」という男の言い分」

独身男性の一番のメリットは「お金も時間も何をするにも自分の自由であること」

ですから、友達と遊ぶことや好きなように旅行に行くことも全て自分次第。
「独身貴族を謳歌する」とはまさにこのことで、完全自由を手に入れることができます。

一方、結婚することは婚約者と共同生活をしながら人生を二人三脚で歩んでいくことが前提です。

お金も時間もルールを決めながらやりくりしていかないとお互いのストレスも増大していきます。
結婚した男性が羨ましいと思うほどお金と時間の自由があることは、大きなメリットと言えますね

【特徴2】趣味や仕事を優先・没頭したい男性

次に2つ目の特徴が「趣味や仕事を優先・没頭したい男性」

カップル4

「趣味を続けられる場合でも、独身と同様にっていうのはそりゃ無理な話です。ただ、家族に理解があり、本人も家庭のことをちゃんとしていればある程度は趣味も続けられます。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

見つめ直す男性

「僕の経験の回答です、結婚を境にほぼ総ての趣味が出来なくなりました、理由はお金を貯めてマイホームの購入等の高額な出費が有ったので、そして唯一の趣味の車(高級車)は子供が間もなく出来て手放しました。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

このように結婚や子供の誕生を機に趣味を手放す男性も少なくありません。

前述のように独身男性最強のメリットはお金と時間の自由です。
熱中している趣味や仕事や副業・スキル向上に全力投入したい人は、家族の理解が不可欠となるでしょう。

また、子供が生まれるとより自分だけが使える時間は激減します。
結婚生活では時に、大好きな趣味から離れる必要があるかもしれません。

その点、独身男性は趣味にも仕事にも優先度高く没頭できるメリットがあります。

【特徴3】自由なライフスタイルを送りたい男性

そして3つ目の特徴が「自由なライフスタイルを送りたい男性」

結婚生活はそれまで他人だった人と同じ屋根の下で生活することが前提のライフスタイルです。
喜怒哀楽を共有できたり、子供が産まれた後は共に成長を見守ったりと独身では経験できない幸せがあります。

一方で、結婚生活は全てが順風満帆というわけにはいきません。

厚労省調べで現代の離婚率は「35%」で3組に1組が離婚する時代です。
つまり、結婚するということは離婚するリスクも考えなければいけないということ。

離婚は、結婚以上に様々なハードルを乗り越えていく必要があります。

例えば、固定資産や子供の親権などです。
時に裁判沙汰にもなるため離婚となるとかなり大きなハードルがあります。

そして離婚するリスクだけではなく離婚した後のリスクもあります。
配偶別平均余命では、離別男性は平均寿命を大きく下回る結果も公表されています。

それまで比較的良好だった生活スタイルが激変することで心理的ストレス・食生活の変化が起こり、健康状態に影響すると考えられます。

独身であればこのような離婚リスクも回避できます。
また誰かに振り回されず、自由なライフスタイルを送ることが可能です。

従って、人によって未婚は心理的ストレスも最小限に抑えることができるといえそうです。

一生独身男を選ぶかどうかはあなた次第でも注意したい点

「一生独身であれば自由な人生が待っている・・」
ここまで読んでそう思っている方も多いのではないでしょうか。

冒頭で説明したように未婚男性の平均寿命は67.2歳。
有配偶男性より約14歳の差があることを忘れてはいけません。

今現在は、お金も時間も自由に使えるかもしれません。

しかし人間は誰しも老いて死にます。
つまり、まだ時間がある今の内に一生独身としての準備・心構えを身につけておくことが肝要です。

ここでは一生独身の人生に向けて注意すべきことを紹介します。

【注意1】マネープラン・ライフプランをしっかり考える

まず1つ目の注意点が「マネープラン・ライフプランをしっかり考える」

50代の単身世帯の金融資産保有額は、平均で「1,067万円」、中央値で「130万円」
「持っている人は持っているが、100万円にも満たない人が多くを占める」というのが事実です。
(出典:知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」

将来自分が老いたとき、親を頼るのはできないと考えることが現実的です。

独身のまま老後を迎えたはいいが、お金もなければ頼る人もいない・・
これでは孤独死まっしぐら、老後のために貯蓄・資産形成を早いうちにしておきましょう。

資産形成なんて何からしたらいいかわからない!
という方は、まず家計管理と固定費削減から始めてみるのがおすすめです。

家計管理のメリットは月々の支出入を的確に把握できること。
自分が何にいくら支出しているかがわかるため慣れればお金が貯まりやすくなります。

家計管理を始めてみると不要な固定費が浮き彫りになります。
なんとなく契約している保険や放置しているサブスクなど見直すべきところが見えてきますよ。

固定費削減で浮いたお金は、金融庁推奨のつみたてNISAidecoなどにあてて老後の資産にするのがおすすめです。

独身であれば趣味や贅沢等に資金を投入することを誰も咎めないでしょう。

しかし、最後に頼れるのは過去の自分とお金です。
散財はほどほどに無理のない範囲で老後に備えた貯蓄・資産形成をしましょう。

【注意2】健康管理の維持は不可欠!運動と食事管理を適切に

2つ目の注意点は「健康管理の維持は不可欠!運動と食事管理を適切に」

独身の中年40代男性のメタボ該当率は既婚者の2倍というデータがあります。

独身男性は仕事・家事・食事すべてが自己管理。
仕事等が多忙を極めると食生活や栄養面に気を遣える余裕などあるはずもなく。

結果、コンビニやファーストフードなどを便りがちになってしまいます。

基本的に、コンビニ弁当やファーストフードは脂質や糖質多い。
そのため、栄養が偏る食生活を継続すれば肥満・糖尿病まっしぐらです。

かつて筆者も一人暮らしの時は「朝抜き・昼コンビニ弁当・夜ラーメンかファーストフードか牛丼」というそれはそれは荒んだ食生活でした。

この生活により体重は激増、おかげで5年間で10kgほど太りました。
実家に帰るたびに家族や友人に「太った」と言われ、それがストレスでさらに食生活が荒れていきました。

今現在は妻の協力もあり、10kgの減量に成功。
かつての食生活を続けていたら大病を患うのも死活問題だったでしょう。

独身男性おすすめの食事管理としてこちらを参考にしてみてください。
時間がない方や自炊が面倒な方ように、コンビニ飯の選び方なども解説してありますよ。

また、若い時はいくら食べてもすぐに体型が変化することはありません。

しかし、人間は老いるほど基礎代謝が低下していきます。
そのため、食生活や食事の内容を年齢に合わせて変化させないとカロリー過多になってしまうのです。

基礎代謝をアップするためには食事管理と並行して適度な運動がおすすめです。

ここでおすすめする運動は継続できないようなきつい運動ではありません。
食事管理と並行して行うことがベストですので、簡単かつ継続できるものにしましょう。

適度な運動はストレス発散にも寄与するので心も体も健康になりますよ。
参考サイトは40代男性ですが、全年齢(男性20代・30代・50代など)で実践可能です。

既婚・独身関係なく体は資本です。
適切な食事管理と適度な運動で健康管理を維持していきましょう。

【注意3】孤独死にならないために・・人とのつながりを大切に

見つめ直す男性

「孤独死について質問します。 自分もそうですが、兄弟無し、独身、両親は高齢者の場合、将来的には、孤独死しか無いでしょうか? 」
引用: Yahoo!知恵袋「生き方、人生相談」

落ち込む男性

「孤独死に気をつけろよと言われたのですが、どう気をつけたら良いでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

落ち込む男性

「孤独です。友達もいなくなって、アラフィフ独身 このまま、孤独死なのかなあとか考えてしまいます。こんな私にも未来あるのかな。」
引用: Yahoo!知恵袋「恋愛相談、人間関係の悩み」

このように孤独死について心配している独身男性多いのではないでしょうか。

独身の孤独死の「70%」は一人暮らしの男性。
また、孤独死の総数も10年間で1.4倍にまで増加。

特に40~50代のまだまだ現役世代の孤独死増加が公表されています。

孤独死が年々増加していく理由。
それは、一昔前の皆婚社会から自然恋愛の衰退へと社会は変化していったことに関係があります。

自然恋愛の衰退によって単独世帯が増加し、孤独死の割合も増えていったと考えられます。

実際、2000年から20年間にかけて単独世帯は「約10%」増加。
65歳以上の単独世帯に至っては、「20%近く」増加していることが総務省からで報告されています。

「いや自分には無関係だよ」
このように思っている方も孤独死の現実を知っておく必要があるように感じます。

なぜなら、「30代~40代がいずれ迎える大量孤独死時代」なんて記事があるほどですから。
前述した偏った食生活や運動不足が原因でがんになった場合、30代40代でも孤独死が無関係な話ではなくなります。

ではどうすればいいか?方法としていくつかあります。

孤独の苦しみから少しでも和らげる方法

  • 地域のコミュニティ活動に参加する。
  • 自治体による見守りサービスを利用する。
  • 家族・友人と定期的に連絡を取り合う。
  • 独身のシェアハウスを利用する。

いずれにしても面倒くさいと一人の殻に閉じこもるのは危険です。
一生独身の人生を送るにしても、人との繋がりは大切にしましょう。

まとめ:末路から男の生涯独身は想像以上に大変!人生を見つめ直そう

一生独身の男性の人生は、必ずしも自由で気楽な人生ではなく備え次第では、悲惨な現実がまっています。

「いやちょっと一生独身の人生怖すぎる」
「少しでも早く独身人生から脱却したい」
と思った方はすぐに行動を始めましょう。

「行動したいけど出会いがない・・・・」

これは多様化している婚活市場においてもはや同情の余地はありません。
本気で探すなら先ほど紹介した結婚相談所・婚活エージェントおすすめですよ。

おすすめの結婚相談所・婚活エージェント

  • 自分に合ったプランでコスパ重視なら「ゼクシイ縁結びエージェント」
  • 成婚率の高さと品質重視なら「パートナーエージェント」
  • 始めやすさと便利性重視なら「エン婚活エージェント」
  • 何よりも費用重視の婚活をしたいなら「スマリッジ」
  • 気軽に出会いたいならマッチングアプリ「ペアーズ」

それでも、
「自分は独身でいたい」
「誰にも縛られず、自由を謳歌したい」
「結婚するのにコストをかけてまで出会いたくない」
と思う方は、老後を見据えたライフプランを立てましょう。

老後を見据えたライフプラン

  • マネープランをしっかり考え、老後に備えた貯蓄・資産形成を行う。
  • 食生活を考え直し、適度な運動で日々の健康管理をしっかりする。
  • 孤独死の現実と向き合い、人とのつながりを大切にする。

最後になりますが、自分の人生は泣くも笑うも自分次第です。
あの時こうすればよかったと思っても誰も助けてくれません。

人生をしっかり見つめ直し、「悲惨な末路」にならないようにしましょう。