マッチングアプリって田舎では意味ない?地方ユーザーが上手な活用方法を徹底解説!

田舎・地方でマッチングアプリを使っている、またはこれから使おうと考えている方でこのように思ったことはありませんか?

  • 「マッチングアプリ使ってみたいけど、田舎って実際どうなの?」
  • 「田舎でアプリを使って彼氏・彼女を作るにはどうしたらいいの?」
  • 「田舎でマッチングアプリ、実際マッチングしやすいアプリはどれ?」

この記事を読まれているということは、上記いずれかのお悩みを持たれている方ではないでしょうか。

筆者も以前は同じことを考えていました。
田舎で仕事漬けの毎日、出会いのきっかけも出会いの場に行く時間もない。
何かいい方法は無いかと模索していた時、マッチングアプリを使ってみようと思いました。

しかし、実際田舎でマッチングアプリを使って意味があるのか?不安でした。

でも大丈夫です!そんな心配は不要、考えすぎでした。
田舎ならではのマッチングアプリのお悩みを岡山県のど田舎在住でも100名以上の人とマッチングできた筆者が1つずつ、解決していきます!

あなたも筆者直伝のマッチングアプリのマニュアルを使いこなせれば、出会いのある毎日を過ごすことができるかもしれませんよ?

それではさっそく見ていきましょう!

「マッチングアプリって田舎では意味ない?」の結論

いきなり結論です!はっきり言いましょう。
田舎・地方でマッチングアプリを使う意味は大いにあります!

田舎・地方でマッチングアプリを使うべき大前提として。
近年マッチングアプリ市場は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。

成長しているということは確実に利用者が増えているということですね!
実際、IT専門の調査機関が公表するデータでも近年利用者が増えていることは一目瞭然。

マッチングアプリ利用者が増えている背景には、もともと成長産業であったマッチングアプリ市場にコロナ禍のステイホームや現実世界との疎遠化という時代の流れが後押ししているためです。

マッチングアプリ市場の成長は都市部だけの特徴に思われがちです。
しかし全国的にコロナ禍の影響を受けたことを考えると、田舎ユーザーにとっても同様の状況であるといえるでしょう。

それでは、とりわけ田舎・地方でマッチングアプリを使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

理由は大きく分けると以下の3つになります。
田舎でマッチングアプリを利用するメリットも交えながら順番に解説していきます。

  • 競争率が低い田舎こそマッチングしやすいから!
  • 身バレ防止機能で恋人探しや婚活がバレないから!
  • 田舎だからこそネットを使って効率的に探せるから!

【理由1】競争率が低い田舎こそマッチングしやすいから!

まず1つ目の理由が「競争率が低い田舎こそマッチングしやすいから!」

「成長産業で利用者が増えていると言ってるのに、競争率が低いとはどういうことだよ!!」
と思われる方もいることでしょう。

実際、ユーザーの母数でいえば田舎・地方が都市部に勝ることはありません。
しかしここでいう競争率というのは、相手ユーザーに自分のプロフィールが認知される確率のことを指します。

下の図のように、人には意識できる相手の数には限りがあります。
ましてや恋愛という一番体力を使う人間関係を持つ場合では、限りがあるのは容易に想像がつくでしょう。

プロフィール認知率(都市部vs田舎)

ですので都市部でいくら多くの人とマッチングできたからといって、実際相手の意中に入り、プロフィールまで興味を持って読んでもらえる確率は田舎・地方のユーザーに優位性があるといえますよね。

【理由2】身バレ防止機能で恋人探しや婚活がバレないから!

次に2つ目の理由が「身バレ防止機能で恋人探しや婚活がバレないから!」

男性より女性の方が気にされる方は多いような気がします。
それは「知り合いにマッチングアプリを利用していることがバレると怖くて使う気になれない。」

「身バレ」というのも、田舎・地方の悩みどころではないでしょうか。
やはり、都市部に比べてコミュニティの規模が狭い分、田舎・地方では、噂が広まるのも早いのが特徴ともいえますね。

しかし、ご安心ください。
セキュリティがしっかりしている安全なアプリに登録し、身バレ防止機能をうまく活用できれば身バレを恐れる必要はありません。

後ほど詳しく解説します!

【理由3】田舎だからこそネットを使って効率的に探せるから!

そして3つ目の理由が「田舎だからこそネットを使って効率的に探せるから!」

田舎・地方で恋活をしようとすると出会いの場は限られています。
都市部では数多くの出会いの場が発展しているため、少し街に出れば出会いの可能性は広がります。

その一方で、田舎・地方はどうでしょうか?

  • 学校や職場での出会い
  • 友人や知人の紹介
  • 地域の行事に参加
  • お見合い

など挙げられますが、都市部に比べて出会いの機会が少ないのは事実。
ではこれら選択肢にマッチングアプリが増えたらどうでしょう?可能性は広がると思いませんか?

さらには自分の趣味や考え方に合う人とマッチングが可能です。
つまり、チャンスの少ない田舎では大きなメリットになるといえます。

「男女の出会い方」も便利になっている昨今。
恋自体は便利にならなくても、恋に至るまでの出会いは便利にすることができます。

田舎・地方でもマッチしやすいおすすめマッチングアプリ5選

これまで田舎・地方でマッチングアプリを使うべき理由を解説してきました。

では実際、どのアプリを使えばいいのか?
マッチングアプリを【有料版】と【無料版】に分けて紹介します!

  • 【有料版】は、課金が前提でサービス提供されているアプリ。
  • 【無料版】は、課金もできるけど基本無料でサービス提供されているアプリ。

として定義付けます。

最初から有料版を使うのは少し気が引けると思う方は無料版から始めるのもアリでしょう。
しかし知っておいてほしいのは、無料版は遊び目的で登録している人が大半だということです。

本気の恋活を邪魔されたくない方は思い切って有料版のアプリを使うことをオススメします!

※男性と女性では料金設定が違いますので、ご注意ください。また今回ご紹介するアプリはすべて女性は無料でお使いいただけます。

マッチングアプリ選定のポイント

田舎・地方で使えるマッチングアプリを選定するうえで、以下3つを基準に厳選。

田舎・地方で使えるマッチングアプリの選定基準

  1. 会員数の多さ
  2. 身バレ防止機能がある
  3. 距離検索機能がある

これら選定基準を満たすおすすめアプリが以下の通りです。
使いやすそうだなと思ったアプリは以下のリンクから登録してみましょう!

田舎・地方で使えるおすすめマッチングアプリ

少しでも可能性を高めるために、アプリは複数登録がおすすめ!
気になる異性とマッチングの母数を増やすことができますよ!

それでは、マッチングアプリのメリットやサービスの特徴を順番にご紹介していきます。

【有料編1】Pairs(ペアーズ)

最もおすすめのマッチングアプリが「Pairs(ペアーズ)」
ペアーズは、田舎で真剣に恋人作りをしたい人にとってうってつけのマッチングアプリです。

なぜかというと、累計会員数は1500万と国内最大級のマッチングアプリ!
田舎で出会いがなく毎日変わらない生活を、マッチングアプリは一変させてくれます。

また検索機能が豊富で細かな条件設定も可能。
田舎・地方ユーザーにおすすめできるアプリだといえます。

結局何から登録すればわからない!という方もペアーズから始めるのが良いでしょう。

対象者 恋人を作りたい人・趣味の合う相手を探している人
年齢層 20代前半~30代前半
男女比 男7:女3
運営会社 株式会社エウレカ
特徴1(会員数) 累計1500万人
特徴2(身バレ防止機能) プライベートモード:「マッチングした人」「いいねした相手」だけに自分のプロフィールを公開できる。足跡を残さずに閲覧可。
特徴3(距離検索機能) あり(10・30・50・100kmの4範囲)

(※2022年5月調査時点の情報)

【有料編2】with(ウィズ)

with(ウィズ)も筆者が強くおすすめしたいマッチングアプリの1つです。

会員数はペアーズの1500万人には劣ります。
しかしそれでも累計会員数600万人と大手マッチングアプリの1つとなっています。

ウィズ最大の特徴は、心理テストの診断結果をもとにお相手を紹介してもらえるところ。

写真やプロフィール文だけではわからない性格の部分でお相手を探せます。
なので、お互いを理解しあえる良きパートナーに出会えるかもしれませんね。

性格診断から運命よりも確実に出会いを探せるマッチングアプリということで、注目度も非常に高いです。

ネットで出会う際、相手がどんな人なのかは会ってみるまで分からないことが多いです。
しかしwithではどんな人なのか想像しやすいため、相手を選ぶ基準が性格重視の方にはとてもおすすめです!

対象者 恋人を作りたい人・性格の合う相手を探している人
年齢層 20代前半~30代前半
男女比 男5:女5
運営会社 株式会社with
特徴1(会員数) 累計600万人
特徴2(身バレ防止機能) プライベートモード:「いいねした相手」のみに表示される。検索表示がされない。足跡を残さずに閲覧可。
特徴3(距離検索機能) あり(市区町までの居住地に沿って検索可能)
公式ダウンロード iOS向けAndroid向け

(※2022年5月調査時点の情報)

【有料編3】tapple(タップル)

次に紹介したいのはtapple(タップル)です。

タップルの特徴は「お出かけ機能」を使った「今日これから」や「週末」といった募集を出している人を誘えるところ。

ペアーズやウィズよりは少し手軽に、気軽にデートを楽しみたにおすすめ。
累計会員数も700万人と安心して使えるマッチングアプリの1つとなっています。

対象者 恋人を作りたい人・趣味の合う相手を探している人
年齢層 10代後半~20代前半
男女比 男7:女3
運営会社 株式会社タップル
特徴1(会員数) 累計700万人
特徴2(身バレ防止機能) 透明マント機能:マッチングしていない相手会員以外は非表示になる。
特徴3(距離検索機能) あり(居住地検索)

(※2022年5月調査時点の情報)

【無料編1】Tinder(ティンダー)

ティンダーは言わずと知れた元祖マッチングアプリですよね!
筆者も最初に使ったアプリはティンダーでした。

無料でサービスをほとんど使えるので、その分いろんな人が使っています。
真剣に恋活というよりは遊び相手を見つけるには最適なアプリですね。

男女比は圧倒的に男性が多くなっているため、男性は苦戦することもあるかもしれません。

年齢層 10代後半~20代前半
男女比 男9:女1
目的 気軽な出会い>恋活
運営会社 Match.Group,inc.
特徴1(会員数) 不明(DL数は世界3億4000万回以上)
特徴2(身バレ防止機能) ディスカバリー機能のオフ:自分のプロフィールが非表示になる。連絡先ブロック機能:特定の電話番号相手に非表示。
特徴3(距離検索機能) あり

(※2022年5月調査時点の情報)

【無料編2】Tantan(タンタン)

タンタンは中国版ティンダーとして有名になり、のちに日本でもリリースされたアプリ。
親会社が中国なので、利用者の多くが中国やアジア諸国の人なのがタンタンの特徴です。

田舎・地方在住の外国人も多く登録しているアプリ。
そのため、日本人だけではなく海外の人とも交流を持ちたい方にはおすすめです。

タンタンも男女比が男性過多になっています。
しかし日本人の登録数はティンダーと比べて少ないため、日本人と交流したい外国人の方の目には留まりやすいでしょう。

筆者も数名、中国人美女と一緒にデートすることができました!

年齢層 20代前半~30代前半
男女比 男9:女1
目的 気軽な出会い>恋活
運営会社 株式会社Tantan Japan
特徴1(会員数) 不明(DL数は世界3億回以上)
特徴2(身バレ防止機能) 連絡帳ブロック機能:特定の電話番号相手に非表示。
特徴3(距離検索機能) あり

(※2022年5月調査時点の情報)

絶対に身バレしたくない人が必ずやるべき5つの対策

ここまで田舎・地方でもマッチしやすいおすすめマッチングアプリをご紹介しました。

これらすべてのアプリには、身バレ防止機能が備わっています。
なのでアプリを活用する中で、絶対に身バレを防ぎたい方は以下5つを実践してみてください。

5つの身バレ対策

  • 【対策1】「身バレ防止機能」の非表示機能は必ず使う。
    ⇒非表示機能を使用している時はいいねを送れない場合がほとんど。いいねを送りたいときは解除しましょう。
  • 【対策2】SNSに投稿をしたことの無い写真を載せる。
    ⇒万が一知り合いに見られても、知り合いに気づかれにくい写真を使いましょう。
  • 【対策3】自身を特定しやすいプロフィールは書かない。
    ⇒職場や学校はもちろん、乗っている車など特定されやすい情報を開示するのは避けましょう。
  • 【対策4】普段呼ばれているニックネームを使用しない。
    ⇒普段呼ばれているニックネームはもちろん、アプリ内の名前は実名から作らないようにしましょう。
  • 【対策5】距離検索機能を使う時以外は位置情報をオフ。
    ⇒少し大変ですが、こまめに位置情報を管理することで知り合いに表示される確率を下げることができます。

田舎在住で絶対に身バレしたくない!知られたくない!
安心・安全にマッチングアプリを利用するためにもぜひ活用してみてください。

登録に迷ったらまずはコレ!おすすめマッチングアプリ3選

Pairs(ペアーズ)
【公式サイト:www.pairs.lv
・1,500万人が利用する国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ!
・利用率No.1で月13,000人以上が恋人ゲット!
・簡単登録で明日デートも夢じゃない!
・充実なコミュニティ機能で価値観や趣味が同じ異性も探せる!
・豊富な検索機能から効率的に異性も見つかる!


with(ウィズ)
【公式サイト:with.is
・価値観で出会う恋活・婚活マッチングアプリ!
・充実の診断コンテンツ、診断イベントで満足度No.1!
・心理学を元にした性格診断で、運命よりも確実に出会いを探せる!
・2秒に1組マッチングし、交際・結婚する真面目な出会い探しに特化!
・好みカードで趣味や映画・音楽など様々な共通点があるお相手を探せる!


Omiai(お見合い)
【公式サイト:fb.omiai-jp.com
・上場企業運営の恋活・婚活マッチングアプリ!
・完全匿名性!イニシャル表記で実名登録の必要なし!
・キーワード検索やビデオ通話など機能も豊富!
・男性は登録からマッチング成立まで無料!

【有料級】マッチングからデートまでの完全攻略ロードマップ

田舎・地方でもマッチしやすいおすすめマッチングアプリと身バレ対策も分かったところで。

今回一番お伝えしたい内容はここからです。

「アプリの紹介は分かったからどうすればマッチングするのか教えて!」という方に!
ぜひ読んでほしいのが、これからご紹介するマッチングアプリの完全攻略ロードマップです!

マッチングアプリを登録しても、効果的な使い方を理解していなければ理想の相手とマッチングできないですよね。

そんなマッチングアプリ初心者のあなたでも大丈夫です。
理想の相手に出会うまでのロードマップをしっかり解説させていただきます!

それでは見ていきましょう。

【ステップ1】理想の相手とマッチするまで

マッチングアプリを使う上で男女共に難しい部分があります。

それは「男性にとっては女性の目に入る確率が女性より低いこと」
一方で「女性にとっては男子からのいいねをもらいすぎて誰を選べばいいのかわからない」ということ。

つまり男性は女性からより意識してもらえるように、また女性は理想の男性に出会える確率を上げるためにアクションを起こす必要があるということです。

そのためにどうすればいいのか?
マッチング率を上げるために押さえておくべきポイントは以下の5つです!

  1. 相手を想像してターゲットを明確にする
  2. 好印象を意識した写真をプロフィールに載せる
  3. 趣味や好みを相手に合わせてプロフィールを書く
  4. できるだけ多くの人からのいいねをもらう(稼ぐ)!
  5. 1~4をやった上で本命にアタックする

1つずつ順番に解説していきます!

ポイント1:相手を想像してターゲットを明確にする

筆者が大学生の頃、マッチングアプリを駆使している様子を見た友人からやり方を教えてほしいと言われたことが何度かありました。
その時気づいたことが、うまくいかない人はどんな人とマッチングしたいのかが明確に定まっていない人だということ。

男女ともに軸がブレブレ、誰でもいいからマッチングしたいというスタンスが一番何も起きません。

例えば社交的でよく飲みに行ってそうなキラキラした人が好きだとか、静かな雰囲気でまったりカフェに行くのが好きそうな人がいいとか、人それぞれ好みは違いますよね。
そういう人たちに向けてアピールする必要があるので、好みのタイプにウケるアピールの仕方を考えないといけないんです。

つまり、想像した相手の人物像に合わせた自分像を相手に見せる(魅せる)ことがとても重要です。

マッチングしたいターゲットが明確でないと何も始まりません!
まずは、どんな人とマッチングしたいのか?想像してみることから始めてみましょう。

ポイント2:好印象を意識した写真をプロフィールに載せる

心理学で有名な法則に「メラビアンの法則」というものがあります。
メラビアンの法則」とは、人は出会って3~5秒以内に第一印象を決めてしまうというもの。

この法則はマッチングアプリの中でも例外ではありません。
「第一印象を制したものはマッチングを制す」、といっても過言ではないでしょう。

こう言うと、「じゃあイケメンとかかわいい人しか意味ねえのかよ!」という言葉が聞こえてきそうですね笑

ですが実はそうではありません。
相手に好印象を与えることができる写真を載せることが重要、ということです。

ではどういった写真が効果的かというと、

相手に好印象を与えることができる写真

  1. 笑顔(口角を少し上げているくらいの笑顔が望ましい。)
  2. 明るい背景の写真(田舎・地方の海や森などの自然豊かな背景を活かしましょう!)
  3. 加工は極力少なめ(心理学的に、目が不自然に大きいと相手に恐怖心を与えてしまう。)

上記3つのポイントを意識するだけでも魅力度はぐっと高まります!

実際、写真の撮り方、写り方で第一印象が大きく変わることは、第一印象の研究で非常に有名なアレクサンダートドロフ博士の研究結果からも明らかになっています。

アレクサンダートドロフ博士の研究では「人の顔は横の角度からより真正面からの写真の方が誠実さが増す」などといった第一印象についての実証が数多くなされています。

他にどのような研究がされているのかもっと詳しく知りたい方はこちらから確認することができます。

またメンタリストDaiGoさんも、アレクサンダートドロフ博士の研究結果をもとにマッチングアプリにおける写真の大切さを以下動画で説明しておられます。

筆者はこの理論に沿った写真をアップすることで、いいねの数を格段に増やすことに成功しました。

体感ですが、「笑顔」、「背景」、「自然な写真」
冒頭でもお伝えしたこれら3つを意識するだけで、1.5~2倍はいいねの数が変わりました!

なので、マッチングアプリにおいて写真はとにかく重要!
適当に選ばず、厳選し好印象が得られるようぜひ活用していただきたいと思います。

ポイント3:趣味や好みを相手に合わせてプロフィールを書く

マッチングしたい相手像を決め、好印象な写真が撮れた後は好印象なプロフィール文です。

短すぎず長すぎない文を心がけましょう。
スクロールせずに読み切れるプロフィールの長さがベストです。

具体的には、10行以内におさまると読みやすい文になります。
そしてプロフィール文は、明るくポジティブな言葉を選ぶようにしましょう。

またこれは筆者自身も犯していたミスなのですが、自分の趣味を前面に押し出したプロフィールは逆効果になってしまう場合があります。

カフェ巡りが好きそうな女性にアプローチしたいのに、次郎系ラーメンが好きだというのを全面にアピールしていてもお目当ての女性の目に止まることはありませんよね。笑

異性の趣味や好みに寄せたプロフィールは相手の目に留まりやすいので意識してみてください!

ポイント4:できるだけ多くの人からのいいねをもらう(稼ぐ)!

人によっては賛否両論な使い方かもしれません。
それは、マッチングアプリを使う上で大事な指標の1つ「いいね」の数についてです。

いいねの数が多い人ほど、第一印象を底上げすることができます。
初めのうちはできるだけ多くの人にいいねを押してお返しのいいねを頂きましょう。

いいね返しを目的にするときはタイプや理想は気にしなくて大丈夫です。
むしろあまりモテていなそうな人にいいねを押すことでいいねは返してもらいやすくなります。

一見あまりよくない手法に思われるかもしれません。
でもお相手もいいねの数が1増えるわけですので、見方によればwin-winであるとも言えますよね!

100いいねあれば、好印象度はかなり増します!
本命とのマッチングを有利に進めるためにも、ぜひ実践してみてください。

※Tinder・Tantanは相手のいいね数を見ることはできないので注意。

ポイント5:1~4をやった上で本命にアタックする

  1. 相手を想像してターゲットを明確にする
  2. 好印象を意識した写真をプロフィールに載せる
  3. 趣味や好みを相手に合わせてプロフィールを書く
  4. できるだけ多くの人からのいいねをもらう(稼ぐ)!

1~4の準備ができたら、あとは満を持してタイプの人にいいねを押しましょう!

この5つのステップをしている人としていない人ではマッチング数が大きく変わってきます。
是非、実践してみてくださいね!

【ステップ2】マッチング後のメッセージからデートまで

無事マッチングができたら、次はデートに誘ってみましょう!
恋人作れるか、本命になれるかはマッチングしてからの取り組みで決まります。

マッチング後の流れは以下5つのポイントをしっかり押さえましょう。

  1. 挨拶だけで終わらない!ユーモアを交えて話題を広げる
  2. メッセージはできるだけ「?」で終わらせる意識をする
  3. 返信は相手のペースに合わせる。時には我慢も必要!
  4. 最初のデートは日中解散、無難なデートが1番良い!
  5. いいなと思ったらその日のうちに2回目の約束を!

ポイント1:挨拶だけで終わらない!ユーモアを交えて話題を広げる

マッチングアプリでよくありがちな失敗例は、挨拶だけで会話が終了してしまうことです。

お互い能動的に会話が続くというパターンはなかなかありません。
まずは自分から質問やいいねを押した理由などを伝えて話題を振ってあげましょう。

例としては、

「初めまして、〇〇といいます。
すごくタイプだったので、マッチできてうれしいです!

●●さんの趣味、映画がお好きなんですね!
最近何か映画見たりしましたか?

自分も映画が好きで、
高校生までいつかスパイダーマンになれると思ってました!
人生そんな甘くなかった(笑)」

というような感じです。

男女ともに褒められて嫌な人はいません。
なので最初の挨拶の後、まずは相手を褒めるのが大切です。
(顔がタイプ、服装や髪形が素敵ですね!等なんでもOK)

そして次の会話に繋がりやすいようにさりげなく質問する。
余裕がある方は突っ込まれるようなエピソードなんかを入れてもいいと思います!

ただ、失礼な質問や相手のプライベートに踏み込みすぎた質問はNG!
まずは世間話のような誰でも話せる内容から始めるのが良いでしょう。

ポイント2:メッセージはできるだけ「?」で終わらせる意識をする

マッチングアプリに限らず、カップルの間でもよく悩まれているのが「会話が続かない問題」

ペアーズの質問投稿サイトでも「会話が続かない」「会話が広がらない」というお悩みを持つ方が大勢いらっしゃいました。

会話が続かない原因は、男女どちらかが質問しないため。
また聞かれたことに答えているだけだと陥りやすく、もちろんその後の進展もありません。

例えば、Pairs公式サイトに投稿された女性のコメントをご覧ください。
質問をしても答えで終わる方とメッセージを交わしても会話は続けられませんよね。

筆者がもしこのような方とメッセージするとなれば、すぐにその人とのメッセージはやめてしまいます。(時間がもったいないと思ってしまうので。)

自分の回答次第でせっかくの出会いをふいにしてしまうのは本当にもったいないですよね。

会話をすぐに終わらせないために意識すべきことはただ1つ。
自分のメッセージの中に1つだけ質問を入れるということを心がけましょう。

質問は会話の流れに沿った質問であればなんでも大丈夫です。
質問を1つ入れるだけで会話の質と量は格段に跳ね上がります。

質問することに慣れてきたら、相手の情報を引き出せるような質問をして相手が自分のことを話せる環境を作る意識をしましょう。

相手の話を聞くだけではなく、共感してあげることができればさらにグッド!
相手は自分の話に共感してもらえることで、安心感と親近感を持つことができるようになります。

これは相手から情報と安心感・親近感を得られる心理学の自己開示を利用したテクニックです。
(出典:CHINTAI「恋愛における「自己開示」の大切さとは?」

そしてテクニックの有効範囲は恋愛だけではありません。
人間関係の構築にも非常に有効な手段ですので、ぜひ習得していただきたいテクニックです。

ポイント3:返信は相手のペースに合わせる。時には我慢も必要!

返信が来なかった時の対応は、大人の余裕を持って対応しましょう。
相手にも相手の都合がありますからね、返信は相手のペースに合わせるのが第一!

もし長時間返事が来なかった場合、1度くらいの追いメッセージは大丈夫です。
しかし、何度も送ってしまうとすぐに冷められてしまうので気を付けましょう。

1週間返信がなかった場合はご縁がなかったということで、次の相手に切り替えるのが良いでしょう。

ポイント4:最初のデートは日中解散、無難なデートが1番良い!

会話が続いてデートの話まで持ち込めた方はあと少し!

男性は女性に不安を抱かせないよう、1回目はできるだけ日中デートを提案することをおすすめします!
もちろん、時と場合により夜デートになることもあるので、日中デートでも会いたい姿勢を見せましょう。

1回目のデートはお互いを知るためになるべく話ができる環境を作りましょう。
何も珍しいデートをする必要はなく、無難なデートプランにするのがベストです。

話が得意ではない人は、あまり話さなくても大丈夫な映画館デートなんかがいいですね。

ポイント5:いいなと思ったらその日のうちに2回目の約束を!

次も会いたいと思える方であれば、デート当日に次のデートの日を決めてしまいましょう!

日が空いてしまうとお互い気持ちも冷めやすくなります。
1回目のデートではなるべく余韻を残した状態で「まだ帰りたくないな」くらいで解散するのがいいです。

なかなか難しいですが、これができれば2回目以降に繋がりやすくなります。

【田舎あるある】マッチングした後に気を付けたいこと

ここまでマッチングアプリを使ったデートまでのロードマップを解説しました。

マッチングからデートまでのイメージができたでしょうか?
何度も読んでいただき、自分なりの成功パターンを見つけてみてくださいね!

最後に、マッチングした後に田舎・地方特有の気をつけたいポイントを筆者の経験を交えてご紹介します。

参考にしていただき、今後のマッチングアプリライフに役立てていただければ幸いです。

1回目デートはできるだけ車を使わない方がいい

田舎・地方の生活に絶対に欠かせないのが車。
そんな車ですが、マッチングアプリで出会った1回目のデートに車は不要かもしれません。

かくいう筆者も過去に車でドライブデートのお誘いをしたことがあります。
しかし、怖いという理由で女性からお断りを受けたことがありました。

確かに、考えてみれば初対面の人とのデートで密室である車は男の筆者でも怖いと思います。
1回目のデートではできるだけドライブデートは避けた方が良いでしょう。

隣県の人とマッチングした場合にどこで会うべきか

こちらも田舎・地方特有の悩みです。
マッチングした人が隣県の人だった場合、遠すぎて中間地点を選べない可能性があります。

都市部では互いの位置が多少離れていても、中間地点で合流すればいいだけですが、田舎はそうはいきません。

事前に距離検索機能を使って自分が通える距離で検索することをおすすめします。
自分は遠距離でも大丈夫だと自信がある方はそこまで気にすることではないかもしれませんね。

顔を知りたいときはインスタグラムを使うのがおすすめ

これも筆者の体験談です。
自撮りの写真をアップしている人とマッチングし、デートの流れになりました。

しかし当日、現れたのは自分のイメージしていた人と全く違う方が来られていたので受け入れるまで時間がかかってしまったことがありました。
せっかく長い時間をかけて会いに来た人がイメージと全く違っていたら少し残念な気持ちになりますよね。

男女問わず、マッチングアプリに使う写真は、全員が自分を良く見せるために多少盛れている写真を使います。

もちろん見た目だけがすべてではありません。
しかし当日のデートをうまく運ばせるためにも、できるだけアプリと現実とのギャップを埋めておく必要があります。

そんなギャップを埋める有効な手段がインスタグラムです。

インスタグラムには多くの人が自分の写真を載せています
なので相手の顔をより見ておきたいと思う場合はさりげなくインスタグラムを交換してもらい写真を見せてもらいましょう。

「写真送って!」なんかは絶対にNGですよ!
残念な気持ちを和らげるためにもインスタグラムの利用は有効ですので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:マッチングアプリは田舎でも大いに意味あり!どんどん活用しよう!

今回は主に以下3つのテーマについて解説しました。

  1. 「マッチングアプリって田舎では意味ない?」の結論⇒意味はある!
  2. 田舎・地方でもマッチしやすいおすすめマッチングアプリ5選
  3. 【有料級】マッチングからデートまでの完全攻略ロードマップ!

そして改めて、田舎・地方でもマッチングアプリの利用は意味がある理由をまとめると、

田舎・地方でもマッチングアプリの利用は意味がある理由

  • 競争率が低い田舎こそマッチングしやすい!
  • 身バレ防止機能で恋人探しや婚活がバレない!
  • 田舎だからこそネットを使って効率的に探せる!

彼氏・彼女を作ろうとした時、出会いの部分に関して自分ではどうしようもできないです。

でもマッチングアプリを使うことでその問題は解消できます!
とりわけ田舎・地方はマッチングアプリのメリットを最大限受けるできることでしょう。

まずは気になるアプリをインストールして始めてみましょう!
アプリでは人目を気にせず同時並行も可能ですので、自分の理想の相手が見つかるまでは活用しまくりましょう!
(母数を広げるためにアプリの複数利用もおすすめです。)

そして、完全攻略ロードマップは筆者がマッチングアプリを使う上で気を付けている要素を凝縮した超大作となっています。笑

もちろんロードマップの手順だけが正解というわけでありません。
ご自身が参考になった部分を抽出して、自分だけの成功ルートを作り上げてみてくださいね!

では今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました!