32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しい?いよいよやばい?【最短3ヶ月で結婚】

「32歳、独身で彼氏なし」

この年齢になると、結婚のことが頭から離れなくなるのは自然なこと。

でも、恋愛や結婚に対する不安や焦りを感じているあなたは決して一人ではありません。

周りはどんどん結婚していくのに、自分だけが置いていかれているように感じることもあるでしょう。

しかし、32歳で独身の女性が結婚に向けてできること、それはまだまだたくさんあるのです。

本記事では32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しいのかどうかの結論と最短3ヶ月で結婚する方法を詳しく解説していきます。

【結論】32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しい?

32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しいのかどうか?

結論からいうと、厳しくはありません。
32歳であっても結婚できますし、30代での婚活も今では珍しくありません。

ではなぜ、婚活は厳しくないと言えるのか?

具体的な32歳の独身女性(彼氏なし)でも婚活は厳しくない(結婚できる)理由について解説していきます。

【理由1】結婚観が多様化しているから

まず1つ目の理由が「結婚観が多様化しているから」

結論、結婚観の多様化が進んでいる現代社会においては、32歳の独身女性でも婚活が厳しくない理由として、結婚に対する様々な見方が受け入れられていることが挙げられます。

具体的には、近年、結婚の年齢が上昇しており、特に都市部では結婚の平均年齢が高くなっています。日本の国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、2021年の結婚平均初婚年齢は男性が31.2歳、女性が29.6歳となっており、これは過去10年間で約1歳の上昇を示しています(国立社会保障・人口問題研究所)。このように、30代での婚活や結婚が一般化している背景には、キャリア形成や自己実現を重視する傾向があり、結婚を後回しにする人々が増えています。

また、結婚に対する価値観も多様化しており、昔ながらの結婚観だけでなく、パートナーシップを重視する考え方や、経済的な自立を前提とした関係が求められるようになっています。

以上の理由から、32歳の独身女性でも婚活に成功する可能性は十分にあります。結婚観の多様化により、様々な価値観を持った人々が受け入れられるようになっているためです。

【理由2】女性の経済的・社会的自立は進んでいるから

次に2つ目の理由が「女性の経済的・社会的自立は進んでいるから」

結論、女性の経済的・社会的自立が進んでいる現代において、32歳の独身女性でも婚活が厳しくない理由の一つは、経済的自立がパートナー選びの基準を変え、より多様な結婚の選択肢をもたらしていることです。

近年、女性の職業進出が進み、経済的な自立を果たしている女性が増えています。日本の厚生労働省の統計によると、2022年の女性の就業率は50.7%に達し、過去10年間で約5ポイントの上昇を見せています(厚生労働省)。また、女性の管理職比率も徐々に増加しており、女性がキャリアを重視する傾向が強まっています。

これにより、婚活市場においても、経済的な自立を果たした女性は、経済力のある男性だけでなく、価値観やライフスタイルが合う相手を選ぶ傾向があります。経済的自立は、自分自身で生活を支えることができるため、結婚における経済的な依存を減らし、より自由なパートナー選びを可能にしています。

このような状況は、32歳の独身女性が婚活を行う際にもプラスに働きます。経済的・社会的に自立した女性は、自分の価値観やライフスタイルに合ったパートナーを選ぶことができ、婚活においても有利な立場に立てるのです。

【理由3】32歳という年齢よりも個人の魅力が重要だから

そして3つ目の理由が「32歳という年齢よりも個人の魅力が重要だから」

結論からいうと、32歳の独身女性の婚活が厳しくない主要な理由の一つは、年齢よりも個人の魅力が重要視される傾向があるからです。

婚活市場において、年齢は一定の要因となることはありますが、最終的には個人の魅力、すなわち内面の豊かさや人間性、趣味、生活スタイル、コミュニケーション能力などが重要な役割を果たします。例えば、結婚相談所や婚活アプリにおけるデータによると、多くの場合、パートナーの選択基準として「共通の価値観」や「趣味の合致」が年齢よりも重視されています(結婚相談所の市場調査データ)。また、相手の人間性や個性を重視する傾向が強まっており、単に年齢だけで判断されることは少なくなっています。

このように、32歳という年齢が婚活において不利に働くとは限らず、むしろ自己の魅力を高めることで、より多くの可能性を開くことができます。年齢よりも個人の資質や相性が重視される現在の婚活市場では、32歳であっても魅力的な人物であれば、成功するチャンスは十分にあるのです。

いよいよやばい?30代で彼氏がいない女性の特徴5選

結論、32歳女性で婚活は厳しくありません。
32歳であっても結婚できますし、30代での婚活も今では珍しくありません。

なんですが、誰でもすぐに結婚できるとは限りません。
まして、32歳の現時点で彼氏がいない、という女性も少なくありません。

どういった女性が、彼氏できないのか?

いよいよやばい?30代で彼氏がいない女性の特徴5選をご紹介します。

【特徴1】キャリア志向が高い女性

結論として、30代で彼氏がいない女性の中には、キャリア志向が高いという特徴が見られます。

これは、キャリアの構築や職場での成功を優先する傾向があるためです。例えば、厚生労働省の調査によると、女性の管理職比率は近年増加傾向にあり、特に30代の女性は職業生活において重要な段階にあるとされています。これにより、仕事に専念する時間が多くなり、恋愛よりも職業生活を優先することが多くなるのです。

また、キャリア志向の高い女性は、自分の専門分野や職業的な成長に集中することで、自己実現を図ることを重視します。その結果、恋愛関係の構築にかける時間やエネルギーが限られることになります。

したがって、30代で彼氏がいない女性の中には、キャリア志向が高く、それが恋愛よりも優先される傾向があると言えます。

【特徴2】趣味や自己実現を優先しがちな女性

結論として、30代で彼氏がいない女性の中には、趣味や自己実現を優先する傾向が見られます。

この理由は、個人の成長や趣味への情熱が、恋愛関係を築くよりも重要視されるためです。たとえば、日本経済団体連合会の調査によると、女性の約50%が「趣味や自己実現が人生で最も重要」と答えており、この傾向は特に30代の女性に顕著です。趣味やキャリアへの投資が増えると、恋愛に費やす時間やエネルギーが相対的に少なくなるのです。

具体例としては、趣味のためのクラスに参加することや、専門的なスキルの習得、旅行や文化活動などが挙げられます。これらの活動は自己満足をもたらし、自分自身の価値観や生活スタイルを豊かにすることに貢献します。

したがって、30代で彼氏がいない女性の中には、自己実現や趣味に情熱を注ぐことで、恋愛を優先しない傾向があると言えます。

【特徴3】昔よりも社交の場が減少している女性

結論として、30代で彼氏がいない女性の中には、昔に比べて社交の場が減少していることが一因となっています。

この理由は、歳を重ねるにつれて友人や知人が結婚や出産で忙しくなり、以前ほど頻繁に交流する機会が減少するためです。日本の内閣府が実施した調査によると、30代の女性の約40%が「友人との交流が少ない」と回答しており、社交の機会の減少は顕著な現象です。

具体的には、以前は定期的に参加していた飲み会やイベントへの参加頻度が減り、新しい出会いのチャンスが減少することが挙げられます。また、仕事や家庭の責任が増えることで、プライベートの時間が限られ、社交活動に割く時間が少なくなる傾向にあります。

したがって、30代で彼氏がいない女性の中には、社交の場の減少が恋愛の機会を限定していると言えます。

【特徴4】恋愛経験の少ない&積極的でない女性

結論から申し上げますと、30代で彼氏がいない女性の特徴として、恋愛経験の少なさや積極的でない姿勢が挙げられます。

この背景には、若い頃の恋愛経験が少なかったり、恋愛に対して消極的な姿勢を取っていることが影響しています。例えば、日本の総務省統計局が行った調査によると、30代の未婚女性の約30%が「これまで恋愛経験がほとんどない」と回答しています。また、恋愛に対する積極性の低さも、恋愛の機会を限定する要因となっています。

具体的には、積極的に出会いの場に足を運ばない、恋愛に興味があっても自分からアプローチしない、といった行動が挙げられます。これらの行動は、新しい人との出会いや恋愛関係の構築を難しくしています。

したがって、30代で彼氏がいない女性の中には、恋愛経験の少なさや恋愛に対する消極的な姿勢が一因となっていると言えます。

【特徴5】結婚に消極的で出会いを求めない女性

結論として、30代で彼氏がいない女性の中には、結婚に消極的で出会いを積極的に求めない傾向があります。

これは、結婚に対する価値観の変化や、現在の生活スタイルに満足しているためです。内閣府が実施した調査によると、30代の未婚女性の約40%が「結婚に興味がない」と回答しています。この結果は、結婚よりも自分のキャリアや趣味、自由な生活を優先する女性が増えていることを示しています。

具体的には、自由な時間を趣味や旅行、友人との交流に使い、結婚生活に求められる時間や責任の負担を避ける傾向があります。また、自分のライフスタイルに満足しているため、積極的に恋愛や結婚を追求しない姿勢を取ることが一因となっています。

したがって、30代で彼氏がいない女性の中には、結婚に対して消極的であり、積極的に出会いを求めない傾向があると言えます。

何も行動しない32歳独身女性(彼氏なし)は結婚が遠のくばかり

32歳でも婚活は厳しくありません。
ですが、何も行動しない32歳独身女性(彼氏なし)は結婚が遠のくばかりなのは事実です。

理由は、現代の婚活環境において、積極的な行動が求められるからです。

まず、婚活市場では様々な方法での出会いが可能ですが、これらの機会を活用しない限り、新しい出会いは生まれにくいです。現代社会は、以前に比べて社会的な交流の機会が減少しており、特に職場や日常生活の中での偶然の出会いに期待するのは難しい状況です。

また、結婚相手を見つけるためには、自分自身を磨き、魅力的なパートナーとして自己プレゼンテーションを行うことが重要です。自己改善に努めることなく、ただ待っているだけでは、理想の相手との出会いのチャンスを逃す可能性が高いです。

さらに、結婚を望むならば、自分から積極的に婚活イベントに参加する、婚活アプリや結婚相談所を利用するなど、様々な手段を試す必要があります。これらの行動を起こさない限り、結婚に向けた具体的なステップを踏み出すことは難しいでしょう。

したがって、32歳で独身の女性が結婚を望むならば、自ら積極的に行動を起こすことが、結婚に近づくための鍵となります。

最短3ヶ月で結婚!32歳独身女性(彼氏なし)に最適な結婚する方法

ではどうすれば、結婚できるのか?
32歳独身女性(彼氏なし)の状態から、最短3ヶ月で結婚できる方法なんてあるのでしょうか?

実は、あります。
それが、「結婚相談所を活用する!」です。

マッチングアプリや街コンでも出会いはあるでしょう。
しかし、そのお相手に結婚願望があるかどうかはまた別の話です。

筆者の実体験になりますが、プロフィールの結婚への希望欄を「すぐにでも」にしている方は稀で「良い人がいれば」にしている男性が多い印象です。

このように出会いの目的が異なってしまうと全くの時間の無駄になってしまうのです。

その点、結婚相談所は初めから「結婚を目的とした出会い」が前提なのでお互いの価値観が合致しています。

あとはその中から相性の良い男性を探せば良いのです。

ここでは、おすすめの結婚相談所を3つ厳選しますので、ご自身に合う結婚相談所を見つけてくださいね。

【方法1】コスパの良さで選ぶなら「ゼクシィ縁結びエージェント」

まず、おすすめの結婚相談所が「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

おすすめポイントは、なんといっても”コスパの良さ!”
9900円~3プランあり、自分に合わせてプランを選べちゃいます!

また、通常結婚相談所には「お見合い料・成婚料」が必要になります。
しかし、ゼクシィ縁結びエージェントでは「入会金・月会費」のみです。

入会金の相場は大体10万円ほどで、大手6社の平均は約15万円。

ですが、ゼクシィ縁結びエージェントでは、なんと33000円でとてもリーズナブルです!

マッチングアプリでは中々出会いに結びつかない、という結婚相談所初心者さんにおすすめです。

【方法2】始めやすさと便利さで選ぶなら「エン婚活エージェント」

次に、ご紹介する結婚相談所は「エン婚活エージェント

なんとあの大手転職サービスのエン転職と同じグループの結婚相談所となります。

エン婚活エージェントのメリットはなんといっても”始めやすさ・便利さ”です。
他社の約1/10で始められる初期費用のおかげで始めの一歩が踏み出しやすいですよね。

また費用は登録料と月会費のみ!
結婚相談所でよく耳にする「成婚料、お見合い料」などかからないので安心です。

さらに来店不要の結婚相談所なので時間がない方にもお手軽に活動できてしまいます。

【方法3】成婚率No.1の実績で選ぶなら「パートナーエージェント」

そして、成婚率No.1の「パートナーエージェント」をご紹介します。

パートナーエージェントのおすすめポイントは、なんといっても”成婚率の高さ”

せっかく高いお金を払って結婚相談所に入会しても、結婚できなければなんの意味もありません。

そこでパートナーエージェントでは、手厚いコンシェルジュからのサービスが魅力となっています。

32歳独身女性(彼氏なし)が結婚できた友人の体験談を赤裸々に紹介

32歳独身女性(彼氏なし)が結婚できた友人の体験談を赤裸々に紹介します!

【体験談1】婚活に積極的になれば結婚はできた!

32歳で独身、彼氏なしの女性、美穂子は、結婚への強い願望を持ちながらも、どう行動していいか分からずにいました。しかし、ある日彼女は決心し、積極的な婚活を開始しました。最初はオンラインの婚活アプリに登録し、いくつかのデートを経験しましたが、なかなか理想の相手に出会うことはできませんでした。それでも美穂子は諦めず、さらに婚活パーティーやイベントに参加し始めました。そこでの出会いも多く、様々な人との交流を深めながらも、美穂子は自分に合った相手を見つけることができずにいました。

美穂子はさらにステップアップし、より本格的な結婚相談所に登録することに決めました。最初は高い料金や相談所のシステムに戸惑いもありましたが、専門のカウンセラーのサポートを受け、自分自身の理想や価値観に合った相手を探すことができました。結婚相談所を通じての出会いは、以前の婚活とは一味違い、より真剣な交際を求める人々と出会うことができました。

そしてついに、美穂子は自分と価値観が合う、優しくて誠実な男性と出会いました。二人は徐々にお互いを理解し合い、交際を深めていきました。そして、美穂子はその男性からのプロポーズを受け、感動の中、結婚に至りました。

【体験談2】外見だけでなく内面の魅力も高めることで良縁に繋がった

32歳で独身、彼氏なしのあやかは、結婚を強く望んでいましたが、なかなか良い出会いがありませんでした。ある日、彼女は「自分を変えなければ」と決意し、自己改善に取り組むことを決めました。まず、外見を磨くためにジムに通い始め、健康的な食生活を心がけるようになりました。次に、内面の充実を目指し、読書を始めたり、趣味の教室に参加するなどして、自分を磨きました。

また、コミュニケーションスキルを高めるために、話し方教室に通い始めました。そこで学んだことを婚活に生かし、人とのコミュニケーションが以前よりもスムーズになり、自信を持って話せるようになりました。

自己改善に励む中、あやかは結婚相談所に登録することを決めました。結婚相談所のプロフェッショナルなサポートを受け、自分に合った相手を探し始めました。相談所で出会った男性とは趣味が合い、共通の話題で盛り上がりました。徐々に関係が深まり、ついにはプロポーズを受け、幸せな結婚に至りました。

あやかの体験は、32歳で独身の女性が自己改善に取り組むことで、自分自身を高め、望む結婚を叶えることができることを示しています。外見だけでなく内面も磨き、自信を持って婚活に臨めば、幸せな結果を得ることができるのです。

【体験談3】「自分らしさ」を大切にししつも相手を尊重する心が大事

32歳で独身、彼氏なしのさやかは、自分らしい生き方を大切にしていました。結婚への強い願いを持ちつつも、自分を偽ることなく、自分らしさを維持することを心がけていました。さやかは趣味の写真撮影や旅行が好きで、それらを通じて自己表現を楽しんでいました。

婚活を始めたさやかは、自分の趣味や価値観を尊重するパートナーを探すことにしました。彼女は様々な婚活イベントやアプリを試しましたが、なかなか理想の相手に出会えませんでした。しかし、さやかは決して諦めませんでした。彼女は自分の趣味や興味を大切にし続けながら、さらに結婚相談所に登録することに決めました。

結婚相談所では、専門のカウンセラーがさやかの趣味や価値観を理解し、それに合った相手を紹介してくれました。そしてついに、写真が好きで、旅行を楽しむ共通の趣味を持つ男性と出会いました。二人は共通の趣味を通じて深いつながりを感じ、徐々にお互いを理解し合うようになりました。やがて、その男性からプロポーズを受け、幸せな結婚に至りました。

【Q&A】焦りが出始める32歳の独身女性(彼氏なし)のよくある質問

最後に焦りが出始める32歳の独身女性(彼氏なし)のよくある質問をまとめます。

【質問1】32歳の独身女性で実家暮らしは結婚に向いてない?

悲しむ女性

「32歳の独身女性で実家暮らしは結婚に向いてない?」

結論として、32歳で独身の女性が実家暮らしであっても、結婚に向いていないとは限りません。

理由としては、実家暮らしは経済的な貯蓄や家族との強い絆を築くことに役立つためです。例えば、国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、実家暮らしの女性は独立生活を営む女性に比べて経済的な余裕があり、結婚資金の準備がしやすい傾向にあります。

具体例として、実家での生活を通じて家庭内のコミュニケーション能力や家事スキルを身につけている女性も多く、これらは結婚生活での役立つスキルです。

したがって、32歳で独身で実家暮らしの女性も、結婚に向けた準備が整っている場合が多く、結婚に向いていないとは言えないのです。

【質問2】32歳独身女性の貯金額はいくらくらい?平均は?

悲しむ女性

「32歳独身女性の貯金額はいくらくらい?平均は?」

結論として、32歳独身女性の平均貯金額については、個々の収入や生活状況により大きく異なるため、一概には言えません。

しかし、一般的なデータとして参考にできるのは、総務省統計局が発表した「家計調査報告」です。この報告によると、30代単身女性の平均貯金額は約300万円程度とされています。これはあくまで平均値であり、職業や年収、支出のパターンによって個人差は大きいです。

具体的には、高収入の職業に就いている女性や、節約志向の強い女性は、この平均額を上回る貯金をしている可能性があります。一方で、低収入や消費志向が高い女性は、この平均額よりも少ない場合もあります。

したがって、32歳独身女性の貯金額は個人の状況によって様々であり、平均値はあくまで目安として考えることが重要です。

【質問3】32歳の独身女はモテる?婚活しなくても結婚できる?

悲しむ女性

「32歳の独身女はモテる?婚活しなくても結婚できる?」

結論から申し上げますと、32歳独身女性がモテるかどうか、婚活せずに結婚できるかどうかは、その人の個性や周囲の環境に大きく依存します。

婚活市場におけるデータでは、30代の独身女性は引き続き人気がありますが、結婚を望む場合、積極的な行動が必要です。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、30代前半の未婚率は増加傾向にありますが、結婚を望む人の割合も高いです。

例えば、自分から出会いの場に積極的に参加したり、趣味や仕事を通じての自然な出会いを大切にすることが重要です。また、オンライン婚活サービスや結婚相談所を利用することも、出会いの幅を広げる一つの方法です。

したがって、32歳の独身女性がモテるかどうかは個人差がありますが、結婚を望むならば、自ら積極的に行動を起こすことが望ましいです。

まとめ:32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しいかの結論とその理由

32歳の独身女性(彼氏なし)だと婚活は厳しいかの結論とその理由について情報をまとめてきました。

結論からいうと、厳しくはありません。
32歳であっても結婚できますし、30代での婚活も今では珍しくありません。

改めて、32歳の独身女性(彼氏なし)でも婚活は厳しくない理由をまとめると、

32歳の独身女性(彼氏なし)でも婚活は厳しくない理由

  1. 結婚観が多様化しているから
  2. 女性の経済的・社会的自立は進んでいるから
  3. 32歳という年齢よりも個人の魅力が重要だから

ただし、32歳で独身の女性が結婚を望む場合、積極的に行動することが重要です。
なぜなら、婚活市場においては、様々な方法での出会いが可能ですが、これらの機会を活用しなければ、新しい出会いは生まれにくいからです。

特に現代社会では、社会的な交流の機会が減少しているため、職場や日常生活での偶然の出会いに頼るのは難しい状況です。

ではどうすれば、結婚できるのか?
32歳独身女性(彼氏なし)の状態から、最短3ヶ月で結婚できる方法なんてあるのでしょうか?

実は、あります。
それが、「結婚相談所を活用する!」です。

マッチングアプリや街コンでも出会いはあるでしょう。
しかし、そのお相手に結婚願望があるかどうかはまた別の話です。

その点、結婚相談所は初めから「結婚を目的とした出会い」が前提なのでお互いの価値観が合致しています。

あとはその中から相性の良い男性を探せば良いのです。

ここでは、おすすめの結婚相談所を3つ厳選しますので、ご自身に合う結婚相談所を見つけてくださいね。

聞き上手なカウンセラーが在籍!成婚実績豊富な結婚相談所おすすめ3選