さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

干支

紀元前1600年ごろの中国ですでに存在していた「干支(えと)」。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類からなる「十干(じっかん)」、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類からなる「十二支(じゅうにし)」を合わせた言葉。古くは日・月・年・時刻・方位に用いられるもので、日本においては「生まれ年(十二支)」をあらわすことが多い。干支と聞くと「子=ねずみ」のように動物と連想するが、干支の起源と動物との関わりはないそう。また、干支の十二支に登場する動物は縁起物として、郷土玩具などのモチーフにもなっています。

「干支」に関連する
25の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る