さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

雪平鍋・行平鍋

もとは蓋と持ち手のついた土鍋の一種。現在ではステンレスやアルミなどの金属を用い、注ぎ口と取っ手のついた片手鍋の総称で「行平鍋」とも呼ばれる。一般的な雪平鍋の側面には丸みを帯びた凹凸があるが、これは強度を高めるために金槌で叩き締めた跡である。名前の由来は諸説あり、歌人「在原行平」の名前を語源とするもの、粥を炊く際に米がまるで雪のように見えることから付いたとされるものなど。雪平鍋は両手鍋と比べて軽く、丸みのある形状で熱伝導率と保温性に優れているため、煮物やゆで物など鍋を使用するほとんどの和食に適応している。

「雪平鍋・行平鍋」に関連する
4の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る