さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

やちむん

やちむんとは、沖縄(琉球)の方言で「焼き物」のことです。14世紀ごろに中国や南方諸国から陶磁器技術が伝えられたとされ、17世紀ごろには沖縄各地の窯元を集めた焼き物街「やちむん」が誕生。厚みのある素朴な形状、大胆な絵付け、使い込むほどに風合いを増すその器は、古くから沖縄の人々の生活を支えてきました。代表的な「壺屋焼(那覇)」を始め、飴釉や黒釉を用いる「古我知焼(北部)」、泥釉やマンガン釉をかける「喜名焼(中部)」など沖縄各地に独自のやちむんが。沖縄土産としても人気で、陶器市には多くの観光客が訪れます。

「やちむん」に関連する
14の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る