さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

雨、雪、日光などから身体を守るため頭上にさす道具。柄があり開閉できるものを「傘」、開閉ができず頭部に直接かぶるものを「笠」と区別する。傘の起源は約4,000年前のエジプトやペルシャ、祭礼用として神像に傘をさしたのが始まり。一般に広まった当初は日傘として用いられていた。雨傘として広く用いられるのは19世紀に入ってからとされる。しかし、日本においては室町時代(1336年以降)にはすでに防水性のある和傘が登場していた。これは日本が世界的にも降雨量の多い土地であることが要因とされ、現在でも日本人は1人あたりの傘の所有数が世界1位と言われている。

「傘」に関連する
12の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る