さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

酉の市

関東を中心に、11月の「酉の日」に神社で開かれる露天市。12日周期で開催されるため、年によっては「一の酉」「二の酉」「三の酉」と3度まで開かれることがある。江戸時代が始まりで、正月を迎えるにあたり最初の祭りとして開かれていた。当初は農民が「鷲(おおとり)大明神」に豊作を願うものであったが、次第に商人たちも参加するように。酉の市の名物「縁起熊手」は農具を模しているものの商売繁盛や開運招福を意味する縁起物。酉の市では値切りを楽しむ風習があり、言い値と値切りの差額はご祝儀として露天に置いてくるのが粋な買い方とされている。

「酉の市」に関連する
2の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る