さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

豆皿

直径6センチ〜10センチほど、手のひらに収まるくらいの小皿。現在では料理の器としても使用される豆皿であるが、古くは江戸時代、お清めの塩を盛るための「手塩皿(てしおさら)」であった。有田焼(佐賀)が有名だが、備前焼(岡山)や益子焼(栃木)、美濃焼(岐阜)など全国各地の窯元でも制作されている。丸皿や角皿、中には動物や植物を形どったものも。また、白一色だけでなく赤や黄など色彩豊かに、花や水玉など模様の付けられたものもあり小さな空間には作者の個性が詰まっているのも豆皿の魅力とされる。

「豆皿」に関連する
14の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る