さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

組子

1本の釘も用いずに木を組み付ける日本の伝統技術「組子(くみこ)」。古くは飛鳥時代から存在していたとされ、細くひき割った木に溝や穴、ホゾ加工(継手の一種)を施し、わずか0.1ミリの精度で組み付ける高度な技術として世界的にも注目を集めている。組子の模様は縦横と水平・垂直を基本とした「格子組子」、ひし形を模した「菱組子」の主に2種類ではあるが、組み合わせによってデザインパターンは数百以上。襖(ふすま)や障子、家具に用いるのが一般的。近年では照明やコースターなど様々なものにも合わせられる。

「組子」に関連する
1の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る