さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

こけし

特殊なカンナを用いて木材を円筒状にしたものを胴体に、そこに球体の頭をつけた手足のない木製の人形。江戸時代の終わりごろに作られ始めたとされ、当時は東北地方の温泉土産だった。現在では全国各地に様々なこけしがあり、古くからある姿形のものを「伝統こけし」、作者の自由な発想により作られるものを「創作こけし」と呼ぶ。近年ではブリキやプラスチックなど木材以外の素材で、さらにアニメのキャラクターや手足のついたものも。その可愛らしい風貌から若い女性、日本の伝統的な土産品として海外の観光客からも注目を集めている。

「こけし」に関連する
1の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る