さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

東京の工芸

東京の工芸の多くは、江戸時代初期が始まりとされています。江戸幕府では職人政策を推奨し、京都など他の地域から名工が召集され、職人町をつくるなど。さらに、「見えないところに銭をかける」という江戸の「粋」をよしとする独自の文化の後押しもあり、今日までに多くの工芸品が生まれました。江戸切子、江戸筆、江戸指物、江戸漆器、江戸すだれ、東京組紐、東京三味線、東京手植ブラシ、東京染小紋などその数40種類以上。これら江戸時代から育まれてきた、伝統の技術・技法で造られる東京の工芸は、国内のみならず海外からも高く評価されています。

「東京の工芸」に関連する
26の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る