さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

香り

匂いを楽しむだけでなく、邪気を払うお守りとしても古くから日本人の暮らしと深く関わってきた「香り」。頻繁に入浴する習慣のなかった平安時代にはお香を焚きしめることで自身の香りを保っていたとも、一人ひとりが違った自分の香りをもっていたともされる。また、四季をテーマにして自身の練香の香りを競い合う「薫物(たきもの)合わせ」、異性との手紙には相手を思って香りを焚きしめ送るなど、当時から香りは人々の趣味のひとつであった。現代にもその心は受け継がれており、ハンドクリームやリップクリームのような様々なものに香りが用いられている。

「香り」に関連する
12の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る