さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ひな祭り

女の子の健やかな成長を祝うための伝統行事。江戸時代までは和暦の3月3日(現在の4月ごろ)であったが、明治以降は新暦の3月3日に。ひな祭りを「桃の節句」と呼ぶのは3月初めに桃の花が咲くこと、桃には「魔除け」や「長寿」などの意味があると信じられたため。また「ひなあそび」と呼ばれることもあり、これは初期のひな祭りが上流階級の子女の遊びとしての要素が強かったためである。ひな祭りではひな人形や雛あられなどを飾り、ちらし寿司や吸い物などを頂くのが一般的。ひな人形には女の子の厄災を引き受ける「形代(かたしろ)」としての役割もある。

「ひな祭り」に関連する
4の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る