さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

麻とは植物の表皮や葉、茎から採取される繊維の総称です。原料の植物によってその性質は様々で、日本で主に流通する「亜麻(リネン)」は吸熱・吸湿性に優れており衣料や寝具に、熱帯アジア原産の「黄麻(ジュート)」はとくに繊維が強いことから麻袋や紐に、「マニラ麻(アバカ)」は強靭かつ湿気に強いため帽子や用紙、日本の紙幣にも使われています。ただし、2017年4月に改正された「家庭用品品質表示法」により、製品に「麻」と表記できるのは亜麻か苧麻(ラミー)の2種類のみで、他の麻素材は「植物繊維」と表記されます。また、生平(きびら)の麻を純白に晒した「奈良晒(奈良)」、凹凸のある布地で肌触りのいい「近江ちぢみ」など全国各地に伝統的な麻織物が。様々な特徴をもつこれらの麻布は、古くから大衆的な着物の布地として親しまれてきた他に、皇族や幕府への最高級の献上品としても用いられてきました。

「麻」に関連する
24の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る