さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ハレの日

「ハレの日」とは特別な日「ハレ(晴れ)」と普段通りの生活「ケ(日)」を合わせたもの。古くから日本にはメリハリを大切にする心構えが存在し、「ハレの日」はいい事もあれば悪いこともあるという教えでもある。だからこそ正月や結婚式のような「ハレ」には特別な料理と贈答品を用意してお祝いを、日常の「ケ」では慎ましやかに生活を送る。晴れ晴れ、晴れ姿、晴れ舞台のようにハレと関わる言葉。赤飯、おせち、祝儀袋、こいのぼりのようなハレを祝う品が現代まで残されていることからも、日本人がいかにハレの日を大切にしてきたかが伺える。

「ハレの日」に関連する
19の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る