さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

庭師

庭園を造り、管理する職人。古くは「園丁(エンテイ)」、現在では庭園の設計まで手がけることから庭師は「造園家」「作庭家」と呼ばれることがある。造園技術の歴史は古く、古代ギリシア(紀元前600年ごろ)の「バビロンの空中庭園」や古代ローマ(120年ごろ)の「ハドリアヌス庭園」が有名。日本においては612年、推古天皇の時代に宮廷園として日本庭園が存在したとする記録が残っている。初期の庭師には派手さを好むものもあったが、今日には茶人「千利休」の確立した茶道の理念から質素で自然との調和を尊ぶものが一般的とされる。

「庭師」に関連する
4の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る