さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

古典芸能

古くから日本で継承されてきた芸能の総称。古典芸能には能、狂言、歌舞伎、日本舞踊など様々な芸能が含まれる。最古の古典芸能とされるのは「能」、室町時代に観阿弥・世阿弥の親子によって原型が生まれた。古典芸能と一括りにされるが、成り立ちや歴史、芸風は異なる。能は「一期一会」の芸能と言われ同じ演目を二度とすることがなく、歌舞伎にはこれまで積み重ねてきた演目が700種類以上。また、狂言は短いセリフ劇なのに対して、日本舞踊は煌びやかな衣装にテンポのいい踊りと、古典芸能にはそれぞれの魅力があり観るものを魅了する。

「古典芸能」に関連する
7の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る