さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

節分

「鬼はそと、福はうち」と言いながら家の外側と内側に豆をまき、災いのもとである悪鬼(邪気)を追いはらう行事。本来、節分には「せち分かれ(季節の変わり目)」という意味があり、古くは季節の節目である「立春・立夏・立秋・立冬」の年4度行われていました。しかし、旧暦によると立春が年の始まりということから、現在では節分と言えば2月3日(立春の前日)を指すように。節分でまかれる豆は「福豆」とも呼ばれ、地域にもよるが年の数(または数え年の数)だけ食べることで、次の年の1年間も無病息災で過ごせると信じられています。

「節分」に関連する
5の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る