さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

浅草

浅草寺を中心に、江戸の風情を今なお色濃くのこす東京下町として人気の観光地。浅草の起源は628年の3月18日、隅田川で漁をしていた漁師が川底から観音像(現在の浅草寺の本尊)を引き上げたことに始まります。その後、浅草寺を訪れる参拝客に向けて茶屋や楊枝見世(床屋の一種)が立ち並ぶようになると、今日までに観音本道から境内にかけて200軒以上の店舗、その周囲には見世物小屋や歌舞伎芝居小屋が集まる観光地として発展。このように観光地のイメージが強い浅草ですが、革靴の生産出荷量日本一を誇るなど「モノづくりの町」でもあります。

「浅草」に関連する
19の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る