さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

梅雨

5月下旬から7月中旬にかけて雨や曇りの日がつづく気象現象。中国の長江下流から朝鮮半島、北海道を除く日本列島にみられる雨季のことで、「梅雨(つゆ、ばいう)」という言葉は中国から伝わったとされる。梅雨には「梅の実が熟すころに降る雨だから」「雨が降って黴(かび、ばい)が増えやすくなるから」などの語源が。毎年、「梅雨入り」「梅雨明け」が気象庁より発表されるが、梅雨に関する具体的な規定はないそう。古くから日本人は梅雨を恵の雨と捉えると同時に、疫病の蔓延する季節として傘やコート、レインブーツなど雨の日に即した道具を発展させてきました。

「梅雨」に関連する
5の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る