さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
産地で晩酌

三条の個性あふれる飲み屋さんで、五感で楽しむはしご酒

投稿日: 2017年8月16日
産地:
タグ:
  • LINE

こんにちは、ライターの丸山智子です。

金属加工の産地である新潟県三条市は工場が数多く軒を連ね、必然的に社長さんも多い地域。そうすると、外せないのが打ち合わせや接待などに使われる飲食店です。
「本寺小路 ( ほんじこうじ ) 」と呼ばれる三条の繁華街は、人口当たりの飲み屋さんの軒数が全国有数で、「社長!」と呼ぶと近くにいるみんなが振り返るとも言われてきたエリア。きっと企業同士の交流を深めたり商談をしたり、また時には息抜きに利用されることで、お店も増えてきたのでしょう。

今日ははしご酒をしながら、そんな三条の美味しい文化を楽しんでみたいと思います。



サバ缶を丸ごとひとつ!全国区でブレイクした「サバサラ」

まず一軒目は、インパクト大なサラダをいただきに、「キネマ・カンテツ座」へ。
インディーズのショートムービーを上演している飲み屋さんという、ちょっと珍しいお店のスタイルにワクワクしながら扉を開けると、広がるおしゃれなカフェバーの佇まい。

上映する作品は、店主の関本さん自らセレクト

ここに来たら頼まずにはいられないのが、蓋を開けたサバの缶詰ごとお皿に乗せて、粗みじん切りにした玉ねぎをトッピングした大胆なサラダ「サバサラ」です。缶詰のアレンジにびっくりしていたら、お皿は三条の隣、燕市の伝統工芸品・鎚起銅器 (ついきどうき) であることに気づいて2度びっくり。

「スーパーであらゆるサバの缶詰を集めて、試食して選んだのがマルハニチロのサバ缶。しかもマルハニチロの前身の会社・マルハの創業者は三条の人なんですよ」( 名物店主の関本秀次郎さん )

もう一つの看板商品である「カンテツコロッケ」は、シメジが入ったお米のコロッケ。一口食べるとホワイトソースとお米の甘い風味が口いっぱいに広がって、シメジの食感がいいアクセントに。揚げたて熱々をホクホクしながらいただきました。


新潟県の海の幸・畑の幸をぞんぶんに

さて、もうちょっとしっかり食べたくなったので、「漁師DINING 日本海ばんや」を訪れることにしましょう。

漁師小屋を模した外観。今日のお勧めが書かれたボードに、期待が高まります

こちらはまさに“産地”にこだわったお料理をいただける居酒屋です。
まず出てきたのが、注文してから茹で上げる、三条の農家さんが育てた枝豆。
そして新潟県といえば日本海の海の幸、ということで、同店では佐渡や寺泊から届けられた新鮮な魚をお刺身でいただけます。看板メニューの生牡蠣も、プリプリしていて、あっという間に食べ終わってしまうのが惜しいほどの美味しさでした。


この日の刺し身5種盛りは、佐渡の南蛮エビ、地物のコチなど

新潟のお酒といえば日本酒、ということで合わせたお酒は三条市唯一の酒蔵・福顔酒造の「五十嵐川」。さらりと飲めて、料理を引き立ててくれるので、さらにお箸がすすむ一杯です。
そして何よりも嬉しかったのが、スタッフのフレンドリーな空気。店長である関本康弘さんを筆頭に、お客さんもスタッフも一緒に楽しめる空間作りが感じられます。
美味しいお料理に厨房から店内に広がる魚を焼く匂い、あちこちから上がる笑い声に、なんとも幸せな時間を噛みしめることができました。



三条のディープな情報とクラフトビールの組み合わせ

最後にもう一軒、締めは三条市で唯一クラフトビールを樽で提供している「Beerhouse3」にお邪魔してみることにします。
こちらの店主・池野泰文さんは実は元三条市の職員で、三条の歴史や金物産業に精通している人物。2013年からスタートした、三条市と燕市の工場や農家を解放して、ものづくりを体験できるビッグイベント「燕三条 工場の祭典」や、食文化や生活技術など地域に根ざした新旧の知恵を再編集し、絶品のスパイス料理を提供する「スパイス研究所」の立ち上げにも関わっていたそうで、お酒と一緒に三条のディープな話もどんどん進みます。

鮮度を保つためにキンキンに冷やしていますが、飲む際は美味しく味わえる温度に調節してくれます

この日いただいたのは「IPA」というホップをたっぷりと使ったクラフトビール。
実は私、ビールの苦みがあまり得意ではないのですが、このビールは本当に香りが芳醇で、美味しくいただけました。もともと池野さんもクラフトビールに出会うまではビールが苦手だったというから驚きです。

5種類のスパイスを使ったチキンピックルやスモークチーズも自家製

「本当に本寺小路は社長が多いのですか?」と確かめてみると、「5割以上のお客さんが社長ですよ」とのこと。ちなみにこの日は、家業が包丁屋さんという次期社長が飲みにいらしてました。
外に出ると、あちこちで代行のタクシーやはしご酒をする人とすれ違い、いつの間にか辺りは真っ暗に。なんとも美味しく楽しい街・三条。この街の楽しみ方がまた一つ増えました。

ここでいただけます

キネマ・カンテツ座
新潟県三条市本町2-13-3
0256-55-4504
http://kantetsuza.com

漁師DINING 日本海ばん屋
新潟県三条市居島2-26-3
0256-36-7288
http://www.greatcompany.co.jp/banya.html

Beerhouse3
新潟県三条市居島3-15
0256-64-8312
http://beerhousecubed.hatenablog.com





文・写真:丸山智子

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る