さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
さんちのお土産

【燕三条のお土産・さしあげます】ツバメコーヒーの「ドリップバッグ」

投稿日: 2017年8月20日
産地:
  • LINE

こんにちは、ライターの丸山智子です。
わたしたちが全国各地で出会った“ちょっといいもの”を読者の皆さんへのお土産にプレゼント、ご紹介する“さんちのお土産”第14回目は、8月の特集エリアである燕三条からのお土産です。

金物加工の産地・新潟県燕市の吉田駅から徒歩約15分ほどのところに現れる、かわいいツバメの看板。

美容室「PARIS RAVISSANT」のサインを目指していくと、かわいいツバメが現れます

ここは、美容室に併設した店舗に大きな焙煎機がどっしりと構え、“生活が少しだけ豊かに感じられる”雑貨も販売する、個性あふれるコーヒー店・ツバメコーヒー。

漂うコーヒーの香りと空間の心地よさに思わずのんびりしたくなります

使いやすいキッチングッズや味わいのある雑貨、オリジナルグッズなどが揃うショップ

こちらでいただけるコーヒーは、マイルドな「ツバメブレンド (中煎り) 」とほろ苦の「イヌワシブレンド (深煎り) 」の二種類。

全国的にも有名なコーヒーロースターである徳島のアアルトコーヒーさんの助言をきっかけに、店主の田中辰幸さんがコーヒー屋さんで修行することなく焙煎機を購入し、2012年11月に開いたお店です。
お店の詳しいストーリーは是非、燕のメディアを目指すツバメコーヒーをご一読ください。

店主の田中さん。哲学的な本からお料理の本まで、タイトルを眺めるだけでも楽しい本棚を背景に

ドリンクにはクッキーがつく嬉しいサービスも

田中さんがコーヒーに見いだす価値、それが「コーヒーが“ある時間”を提供する」ということ。
「コーヒーは人が集う場で会話を引き立てたり、人をもてなしたりしてくれる存在です。特にドリップバッグは持ち運びができて手軽に飲めるので、登山した時の山頂や旅行先など『ここでコーヒーを飲みたい』という出掛けた先のシーンで、利用してもらえるといいのではないでしょうか?」

ドリップバッグ。青いほうがツバメブレンド、茶色がイヌワシブレンド

ツバメコーヒーのドリップバッグをかばんに忍ばせて、お出かけしてみませんか?
そしてコーヒーを淹れながら、たくさんの工場が集う燕三条にちょっと思いを巡らせてもらえたら、嬉しいです。

ここで買いました。
ツバメコーヒー
新潟県燕市吉田2760-1
0256-77-8781
http://tsubamecoffee.com

さんちのお土産をお届けします

この記事をSNSでシェアしていただいた方の中から抽選で1名さまにさんちのお土産 ツバメコーヒーの“ドリップバッグ” をプレゼント。応募期間は、2017年8月20日〜9月3日までの2週間です。

※当選者の発表は、編集部からシェアいただいたアカウントへのご連絡をもってかえさせていただきます。いただきました個人情報は、お土産の発送以外には使用いたしません。ご応募、当選に関するお問い合わせにはお答えできかねますので予めご了承ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

文・写真:丸山智子

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る