さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

2017年8月のさんち

投稿日: 2017年7月31日
産地:
  • LINE

こんばんは。さんち編集部です。
蝉時雨がにぎやかに降り注ぐ季節となりましたね。今月も“来月のさんち”をお知らせします。

<地域特集> ~燕三条~

8月のさんちは、毎年秋に「燕三条 工場の祭典」で賑わう新潟県燕三条エリアを訪れています。今月の探訪先はこちら。

◆「ふつう」じゃない鍬を100年作り続ける鍬専門工場、近藤製作所

◆東京五輪から地方創生を考える・三条市長インタビュー

◆きょうは何の日?・8月3日ははさみの日、小林製鋏

◆渓谷の隠れ宿、嵐渓荘

◆さんちのお土産・ツバメコーヒーのスペシャルコーヒーをお届けします。

◆産地で晩酌・3軒はしご酒スペシャル!

◆工場 (こうば) だけじゃない、燕三条の「耕場」・ひうら農場

◆今年の「工場の祭典」を引っ張る!MGNET

このほかにも、工芸・歴史・食の魅力あふれる燕三条の情報をお届けします!

<連載>

*リンクから各連載の先月の記事をご覧いただけます。

「さんちのお土産」
仙台のかわいいあの郷土玩具をお届け


「『さんち』がおすすめする季節の贈りもの」
帰省の手みやげにしたい花ふきん


「デザインのゼロ地点」
世の中のスタンダードを探求しものづくりをするブランド「THE」の代表・米津雄介さんの連載。第7回目のお題は「扇子」です。


「きものを今様に愉しむ」
高価なもの・疲れる・難しい‥‥とハードルが高くとらえられがちな着物を、現代の洋服や文化に合わせて楽しめるよう提案するシリーズ企画。今月は、浴衣を着たあとのお手入れや保管方法をご紹介します。


「日本職人巡歴」
日本各地の知る人ぞ知る職人を巡る旅。世界に名を轟かせる自転車フレームビルダーを東京に訪ねます。


「生活と工芸を知る本棚」
中川政七商店のバイヤー細萱久美が、工芸にまつわる本をおすすめする連載。8月は、昭和の大女優・高峰秀子さんの本をご紹介します。


「古典芸能入門」
気になるけれどなかなか観に行く機会がない‥‥。でもせっかく日本にいるのなら、その楽しみ方を知りたい古典芸能。第5回は「日本舞踊」を鑑賞します。


「色の名」
日用の道具が持つ美しい色。8月は、美しい織物の黄色を。


「わたしの一皿」
世界中の民藝や手仕事の器やガラス、生活道具などを扱う「みんげい おくむら」店主の奥村忍さんが選ぶ、垂涎の料理と美しい器。8月の一皿は何でしょうか。


「日本全国、かご編みめぐり」
かご好きさん必見!全国各地のかご産地を訪ね、かごにまつわるいろいろなお話をご紹介します。


「三十の手習い」
さんち編集部ライター・尾島可奈子がキリリと和服に身を包み、木村宗慎先生から茶道の心を学びます。大人気連載、今月はどんな学びがあるでしょうか?


「プラントハンター西畠清順に教わる、日本の園芸 十二ヶ月」
夏の「季節鉢」を話のタネに。植物と暮らすための具体的なアドバイスから、プラントハンターとしての日々の舞台裏まで、清順さんならではの植物トークをお楽しみに。


「ちひさきものは、みなうつくし」
日本で丁寧につくられた、小さくてかわいいものをご紹介。第9回は、小さくても立派なカトラリー


「手離せない文房具」
生活の身近な道具となったマスキングテープ。その誕生秘話から活用術まで


このほかにも、たくさんの連載をご用意しています。




連載の他にも、自分の浴衣を自分で縫ってみました、登山シーズン到来!富士山特集、世界に誇る日本の技術・食品サンプル、最軽量のトラベルグッズを求めて石川「TO&FRO」へ、ご先祖さまをお送りする?お盆・ひいらぎさんのお念珠、日本各地の「さんち」物語を盛りだくさんでお届けします。


来月も、あなたの暮らしと旅のおともになれますよう。お楽しみに。

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る