さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

東京駅には「試作品」があった。専門家と歩く東京の「壁」 特集「さんちの壁」鉄道建設技術の歴史を物語る東京の高架橋(前編)

投稿日: 2019年3月12日
産地: 東京
編集:
  • LINE

東京駅の「試作品」があったのをご存知ですか?

なんでも東京駅の「習作」、つまり練習として造られた建築が今も残っているというので出かけてきました。

やってきたのは、神田川にかかる万世橋。

「向こうに見えるのが1912年(明治45年)にできた、万世橋高架橋です。実は昔、あの高架橋の上に駅があったんですよ」

高架橋

橋の向こうに見える赤煉瓦が高架橋

高架橋

そう話すのは、本日ご案内いただく小野田滋さん。駅、橋梁、トンネル、そして今見えているような高架橋などを専門とする、鉄道技術史研究の第一人者です。

高架橋

小野田滋 (おのだ しげる) さん 鉄道総合技術研究所勤務。工学博士、土木学会フェロー。1957年愛知県生まれ。日本大学文理学部応用地学科卒業。日本国有鉄道勤務を経て現職。著書に『高架鉄道と東京駅 (上・下) 』(交通新聞社)、『東京鉄道遺産「鉄道技術の歴史」をめぐる』(講談社)など。NHK「ブラタモリ」にも出演

ということは、ここが東京駅の「試作品」だった駅ですか!?

「それは後ほどご説明しますが、高架橋の上にプラットホームがありました。万世橋駅です。

1889年(明治22年)に開業した甲武鉄道 (私鉄) の終着駅でした。最初は飯田橋が終点でしたが、鉄道国有化によって国鉄の中央線になり、明治45年にここまで線を伸ばしたんです。

当時はあらゆる路線が、東京を目指していました」

万世橋の辺りは、路面電車が集まるターミナルになっていたとのこと。

万世橋駅前を走る市電の様子

当時の様子。正面奥が万世橋駅。駅前を市電が走っている(写真提供:小野田滋さん)

「今の大手町駅のように、いろいろな路線の市電が万世橋に集中して、かなり賑わっていたようです。

中央線も飯田橋からまっすぐ東京駅に行けば楽なのに、遠回りをしたのは、ターミナル駅である万世橋を通りたかったんでしょう」

その後、東京駅、神田駅、秋葉原駅ができ、地下には銀座線が開通。乗り換え客が減少したことから、昭和18年に万世橋駅は廃止になりました。

「高架橋は今も使われていて、中央線が走っています。数年前に高架下が再開発され、かつての駅の面影をたどれるようになりました。行ってみましょう」

電車好きにはたまらないスポット発見

万世橋を渡って、高架橋の裏側に回ると、何やらガラス扉の向こうに階段があります。

高架橋

「1935年に造られた階段です」

階段や空間そのものが展示品のようになっています。

高架橋

高架橋

階段を上って行くと‥‥

高架橋
高架橋

ガラス張りの、見晴らしのいいところに出ました。

「ここは駅が開業した当時のプラットホームで、今は展望デッキになっています」

え!?ここが!

高架橋
高架橋

すごい!デッキの両側を電車が通過していきます。

高架橋

「駅が廃止される頃は草ぼうぼうだったのを、きれいに整備しました。昔は、反対側にもう一つプラットホームがあったんですよ」

これはもう、電車好きにはたまらないスポットです。

高架橋

デッキに続く別の階段 (1912階段) は、開業時に造られたもの。昔の階段によく見られた蹴込み(けこみ)がある

懐かしくて新しい空間

さらに、高架下のスペースには、こんな空間が広がっていました。

高架橋
高架橋

通路の両側には店舗がずらり。穴ぐらを探検しているようでワクワクしてきます

「壁にコンクリートを巻いて補強していますが、そのほかは昔の高架橋の姿のままです」

高架橋

白い部分が補強したところ。グリーンの線路の桁も見える

小野田さんは専門家としてレンガの補強方法などをアドバイスしていたそうです。

高架橋

通路の天井部分が三角形でかわいらしいですね。

「これも最初からこの形で、連絡通路として使われていました」

高架橋
高架橋

線路の下に、こんなくつろぎの空間。ついつい長居してしまいそう

高架橋

神田川に面したオープンデッキは、施設開業時にできたもの

幻の駅のレンガに触れる

どこか懐かしくて新しい、おしゃれな空間に生まれ変わった万世橋高架橋を堪能し、再び外へ。

高架橋の前に広場があります。

高架橋

「ここに万世橋駅の駅舎がありました」

写真パネルで当時の駅舎を見ることができます。

高架橋

駅前の広場には日露戦争の英雄である広瀬武夫と杉野孫七の銅像が建っていた

高架橋

高架橋の上にあった昔のプラットホーム。左側にかつての駅舎が見える

2階建ての駅舎は、当時としては大きな建物だったそうです。

現在はビルが建っていますが、周辺に駅の面影を見ることができます。

ひとつはこちら。地面にあるガラス板を覗いてみると…

高架橋
高架橋

「新しくビルを建てる時に、駅の基礎部分が出てきたので、そのまま残しています」

高架橋

こちらの壁には、駅に使われていたレンガの破片が埋め込まれています。

高架橋
高架橋
高架橋

まるで有田のトンバイ塀のよう!

万世橋駅は東京駅の「試作品」だった

それではいよいよ核心へ。なぜここが東京駅の「試作品」なのでしょうか?

「実は万世橋駅を設計したのは、東京駅を設計した辰野金吾さんなんです」

え、そうなんですか!

万世橋駅の様子

万世橋駅の様子。東京駅の雰囲気とよく似ている(写真提供:小野田滋さん)

「万世橋駅は1912年(明治45年)、東京駅は1914(大正3年)に開業したので、両方掛け持ちでやっていたようです。

万世橋駅は、駅としては初めて鉄骨とレンガを組み合わせた構造が使われていますが、“これでできる”と確信して東京駅も同じ構造で造ったようです」

なんと、万世橋駅は東京駅の練習もかねて造られていた。

歴史的にも貴重な建物と言えますが、残念ながら関東大震災で焼失。幻の駅となりました。

水辺の景観を考えた高架橋

駅舎が再建された後、昭和11年には交通博物館が併設され、再び観光客の訪れる人気スポットに。

高架橋

交通博物館があった頃。懐かしく思う人もいるのでは

高架下は博物館の展示スペースとバックヤードとして利用されていました。

2006年に博物館閉館(大宮の鉄道博物館が後継施設)された後、高架橋は先ほど探索したマーチエキュート神田万世橋に生まれ変わりました。

高架橋

最後に万世橋の西側にある昌平橋から、万世橋高架橋の全景を見てみることに。

高架橋

昌平橋から見る万世橋高架橋。レンガ部分は高架下に土が埋められている。黒く見えるのは赤レンガの壁を保護するためのネット

「ドイツのベルリンにある高架橋がモデルになっています」

高架橋

赤レンガがきれいですね。

「神田川の水に映るのがポイントです」

ポイントとは?

「例えば、レンガの橋脚の隅にある白い石。レンガは強度が弱く角が欠けやすいので、隅に石を入れて強くしているのですが、高架橋の反対側には入っていないんです」

高架橋

水辺の景観を考えたということですか?

「おそらくそうではないかと」

確かに、石の入れ方もデザインされています。

「ところどころに装飾があるのも、ただの壁では寂しいから。ヨーロッパの古典建築から引用していると思います」

高架橋
高架橋
高架橋

反対側の柱には隅石がない

装飾を施すことで華やかになる。高架橋を見ることで、かつて万世橋駅がターミナル駅として栄えていたことがよくわかりました。

高架橋

「この辺り、実は高架橋の宝庫なんですよ。他にも特徴的な橋がいくつもあります」

高架橋の宝庫!?

いったいどんな高架橋があるのでしょうか。次回へ続きます!

<取材協力>
小野田茂さん
マーチエキュート神田万世橋

文 : 坂田未希子
写真 : 尾島可奈子




合わせて読みたい

〈 壁をめぐる全国マニアック探訪 〉

土壁、塗壁、漆喰、石壁、板壁。その土地に合った素材、職人の技、歴史が刻まれた各地の「壁」を紹介する、連載「さんちの壁」。壁を知ると旅がもっと楽しくなりますよ!

旅先では「壁」を見るのがおもしろい。焼き物の町・有田のトンバイ塀

有田のトンバイ塀

焼き物の町、有田。ここには、焼き物の町ならではの壁があります。その名もトンバイ塀。有田ならではの素材で作られているのですが、さて、一体なんでしょうか。

→続きを読む




金沢を旅するなら「石垣の博物館」へ。 金沢城のモダンな石垣、ダイナミックな庭園の謎多き魅力

金沢城

日本各地にある城。天守閣や門、庭園など、それぞれ見所はありますが、全国でも珍しい「石垣」に特徴があるのが金沢城です。「石垣の博物館」とも呼ばれているとか。

→続きを読む




日本のタイル発祥の地「瀬戸」は壁を見ながら歩くのが面白い

瀬戸・窯垣の小径

名古屋の中心街・栄から直通電車で30分。日本を代表する焼きもの産地、瀬戸に到着します。日本で最初のタイルが生まれた土地でもあるそう。

そんな焼きものの町・瀬戸は、実は壁を見ながら町を歩くのが面白い。

→続きを読む





本編「専門家と歩く東京の『壁』」の後編もお楽しみに!

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る