さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

【特別企画】7月21日(土)、中川政七商店で絵付けワークショップ&特別商品の販売をします

投稿日: 2018年6月29日
産地: 東京
  • LINE
佐賀 嬉野 有田のお土産 さんち〜工芸と探訪〜


箱庭」と「さんち」からの佐賀みやげ
尾崎人形の絵付けワークショップ & 当日限定商品の販売

< 絵付けワークショップ >
【日程】 7月21日(土)
【時間】11:30〜, 14:00〜,16:30〜 各回90分程度 (受付は15分前より開始いたします)
【定員】各回 7名
【開催場所】中川政七商店 表参道店(東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F)
【参加費】2000円(税込)
【当日の持ち物】絵の具を使用するため汚れても良い服装でお越しいただくか、エプロンをお持ちください。
【ご予約方法】
<事前決済をご希望の方>: peatixより申し込み・決済をお願いします
<当日お支払いの方> : こちらのフォーム または、中川政七商店 表参道店 へお電話ください(電話番号:03-3409-2260)

<当日限定商品>
・尾崎人形「長太郎」(絵付け済み)
・陶悦窯の「木瓜型手塩皿」(金・銀)
・なみだ壺 染付・白磁
・1616/arita japan TY “Standard” スクエアボウル220
・吉田屋旅館 嬉箱 オリジナル和紅茶「吉」
・さわやま あまじょっぱ

※ ワークショップに参加されない方もお買い求めになれます
※ 販売商品は、数に限りがありますのでご了承くださいませ

たった一人の作り手がつくる、尾崎人形

尾崎人形 長太郎

ほんわかとした顔の、この人形。「長太郎」という名前の佐賀の郷土玩具・尾崎人形です。何だか呼び捨てにできず、私は“長太郎さん”と呼んでいます。この人形に出会ったのは、「mediacruise」という佐賀を応援するメディア合同取材企画でのこと。意気投合した箱庭さんと一緒に、作り手さんを訪ねました。

尾崎人形 高柳さん

作り手の高柳さん。とってもチャーミングな方です

作り手である高柳政廣さんは、一度途絶えた尾崎人形を復活させた方であり、たった一人の作り手です。工房で見せてもらった様々なモチーフの中から、どこか憎めない表情が魅力の「長太郎」を選んできました。

この、絵付け前の真っ白な状態の「長太郎」を、お好きなようにアクリル絵の具で絵付け体験が出来るワークショップを開催します。



長太郎人形 絵付けワークショップ

【日程】 7月21日(土)
【時間】11:30〜, 14:00〜,16:30〜 各回90分程度 (受付は15分前より開始いたします)
【定員】各回 7名
【開催場所】中川政七商店 表参道店(東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F)
【参加費】2000円(税込)
【当日の持ち物】絵の具を使用するため汚れても良い服装でお越しいただくか、エプロンをお持ちください。

【ご予約方法】
事前決済をご希望の方: peatixより申し込み・決済をお願いします

当日お支払いの方 : こちらのフォーム または、中川政七商店 表参道店 へお電話ください(電話番号:03-3409-2260)





当日販売の商品に関して

ワークショプの日は、「箱庭」とさんちが佐賀で選んできた、お土産の特別販売も実施。当日限定で、こんな商品が並びます。

有田の伝統がミニチュアに?一輪挿しの「なみだ壺」

有田焼山口陶芸のなみだ壺

なみだ壺

有田焼の商社として現地に根付いてきたヤマト陶磁器さんからは、「贅沢品の有田焼を日常使いできるアイテムにする」をコンセプトにした「hibi(ヒビ)」シリーズから、なみだ壺を選びました。形は、縁起のいい形として知られるダルマ型・赤絵と、使い勝手のいいフラスコ型・白磁です。

有田焼山口陶芸のなみだ壺

壺の形状や模様、製法まで、400年の歴史がある有田焼の伝統をぎゅっと詰め込んだこのなみだ壺。

通常の5分の1サイズにすることで、日々のライフスタイルにも馴染むちょうどいい存在感になっています。

なみだ壺の詳しいご紹介については、こちらの記事も参考にしてみてください。



晴やかだけど取り入れやすい、金と銀の小皿

陶悦窯のおてしょ皿

同じく有田焼の陶悦窯(とうえつがま)さんからは、金と銀が目を惹く「おてしょ皿」を。おてしょ皿とは、直径11㎝以内の小皿のこと。漢字では「お手塩皿」と書き、室町時代の貴族の間で、塩を盛って手元に置いておく器として使われはじめたものです。

1641年創業の陶悦窯さんがつくるこちらは、金銀の色味でめでたい印象ながら、ころんとしたデザインが日常にも馴染みます。薬味を乗せて並べれば、食卓に華を添えてくれることでしょう。



どんなお料理も素敵に。1616/arita japanのスクエアボウル

「1616/arita japan」は、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みている、これからの未来に寄り添う新しい器のシリーズです。今回は、藤巻製陶さんのTY “Standard” スクエアボウル220を販売します。シンプルですっきりとしたデザインは、どんなお料理も素敵に見せてくれそう。深みがあるので汁気のあるおかずもOK。オーブンでも使用可能な「plain gray」を選びました。



手作業で丁寧に作られたお茶 オリジナル和紅茶「吉」

古くから培われてきたお茶づくりを大切にし、そのお茶を土地の魅力として発信しようと新しい試みを始めている嬉野市。中でも、ひとつひとつ手作業で丁寧にお茶づくりをされている松尾俊一さんという茶農家さんがいらっしゃいます。嬉野で唯一松尾さんのお茶が購入できる吉田屋旅館のcafe&shop嬉箱さんで、オリジナル和紅茶「吉」を選んできました。



サイコロ型の箱に入った、さわやまのあまじょっぱ

有田にある、ベーグルとお菓子のお店・さわやまさんで、可愛らしくて素朴な美味しさが魅力のお菓子に出会いました。その名も「あまじょっぱ」。ほんのり甘いクッキーに、ピリッとお塩がきいていて素材の美味しさを引き立ててくれています。一度食べだしたら止まらなくなる味です。




箱庭」と「さんち」からの佐賀みやげ
尾崎人形の絵付けワークショップ & 当日限定商品の販売

< 絵付けワークショップ >
【日程】 7月21日(土)
【時間】11:30〜, 14:00〜,16:30〜 各回90分程度 (受付は15分前より開始いたします)
【定員】各回 7名
【開催場所】中川政七商店 表参道店(東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F)
【参加費】2000円(税込)
【当日の持ち物】絵の具を使用するため汚れても良い服装でお越しいただくか、エプロンをお持ちください。
【ご予約方法】
こちらのフォーム または、中川政七商店 表参道店 へお電話ください(電話番号:03-3409-2260)

<当日限定商品>
・尾崎人形「長太郎」(絵付け済み)
・陶悦窯の「木瓜型手塩皿」(金・銀)
・有田焼のカップ酒 NOMANNE ※限定柄あり
・なみだ壺 染付・白磁
・1616/arita japan TY “Standard” スクエアボウル220
・吉田屋旅館 嬉箱 オリジナル和紅茶「吉」
・さわやま あまじょっぱ

※ ワークショップに参加されない方もお買い求めになれます
※ 販売商品は、数に限りがありますのでご了承くださいませ

  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る