さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

生誕100年記念。ちひろ美術館・東京で、「着るをたのしむ spoken words project」が開催中。

投稿日: 2018年6月6日
産地: 東京
タグ:
  • LINE
いわさきちひろ 緑の風のなかで 1973年

いわさきちひろ 緑の風のなかで 1973年

「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」をテーマに、画家として絵本作家として生涯を歩んだ女性、いわさきちひろ。彼女の生誕100周年を迎えた今年、ちひろや世界の絵本画家の作品を紹介する「ちひろ美術館」では、彼女と現在さまざまな分野で活躍中の作家7組がコラボレーションするプロジェクト「いわさきちひろ生誕100年『Life展』」を企画。

5月19日(土)から7月22日(日)までは、「ちひろ美術館・東京」で、「着るをたのしむ spoken words project」と題した展覧会が開催されています。同展は、デザイナー飛田正浩が主宰するファッションブランド「spoken words project(スポークン ワーズ プロジェクト)」とコラボレーション。おしゃれ心を大切にしたいわさきちひろのセンスに惹かれ、残された絵や人物像を通して制作された生地や洋服を新たな作品として発表しています。

飛田正浩 photo Norifumi Fukuda (B.P.B.)

飛田正浩 photo Norifumi Fukuda (B.P.B.)

水彩画やスケッチ80点や、ちひろが愛用した洋服や小物を展示。そのほか、ちひろの水彩画からインスピレーションを受け、布を染めたspoken words projectのテキスタイル作品などを見ることができます。

spoken words project ちひろコレクション2018 Art Direction: Rikako Nagashima Photography: Ryosuke Kikuchi Styling: spoken words project Hair & Make-up: Chinone Hiromi Model: Sakura Maya Michiki

spoken words project ちひろコレクション2018
Art Direction: Rikako Nagashima
Photography: Ryosuke Kikuchi
Styling: spoken words project
Hair & Make-up: Chinone Hiromi
Model: Sakura Maya Michiki

巧みな線や水彩の技法、そしてかわいらしさだけでなく強さとしなやかさを持つちひろの生き方、世界観が現代ファッションとして蘇る展覧会です。

【基本情報】
期間:5月19日(土)~7月22日(日)
会場:ちひろ美術館・東京
住所:〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2
開館時間:10:00~17:00
休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
観覧料:一般800円、高校生以下は無料
※Life展の開催期間中、何度でも入場できる「Life展パスポート」(1,000円)もあります。
電話:03-3995-3001(テレホンガイド)
URL:https://chihiro.jp/tokyo/

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る