さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
旅をもっと楽しむために手に入れたいローカルマガジン

あおい海や川、あおい山のような、徳島の暮らし “あおあお”

投稿日: 2016年12月6日
産地: 徳島
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の井上麻那巳です。
旅をするなら、よい旅にしたい。
じゃあ、よい旅をするコツってなんだろう。その答えのひとつが、地元の人に案内してもらうこと。観光のために用意された場所ではなくて、その土地の中で愛されている場所を訪れること。そんな旅がしてみたくて、全国各地から地元愛をもって発信されているローカルマガジンたちを探すことにしました。第3回目は徳島の当たり前を伝える文化情報誌 “あおあお” です。

“あおあお” は徳島県が発行する無料の情報誌。フリーペーパーというよりは無料の情報誌という言葉が似合うしっとりとした佇まいです。2013年の秋に1号が発刊されてから約3年、最新号は10号まで刊行されています。毎号変わる巻頭特集は水上の道、町の小さな工場、汽車、県境など多岐にわたり、どこにでもありそうで、でも徳島ならではのローカルな目線で語られる文章はどこか詩的で物語のよう。

img_6316

「徳島の観光名所や伝統文化を取り上げているものではなく、徳島に普通に暮らす中で “当たり前にあるもの” を綴っていく冊子」と言われているものの、ここにはリアルな今の徳島がぎっしり。それらは下手な観光名所や伝統文化よりももっと魅力的に、まだ徳島を知らない私たちの興味と関心を掻きたてる力があるようです。

毎号変わる表紙が美しい。

毎号変わる表紙が美しい。

これが無料とは信じられないほど安定したクオリティの紙面は地元徳島の制作メンバーで作られているそう。写真、デザイン、文章どこをとっても素晴らしく、しっかりとした世界観を10号続けている紙面からは暮らしや仕事へのていねいさと徳島への愛が溢れています。「ていねい」という言葉が広く使われるようになり久しいですが、この小さい冊子に本当のていねいさを感じずにいられません。

ここにあります。

徳島県内の施設、ショップ、カフェなどのほか、県外でも一部配布。郵便での送付申込みも行っています。
詳しくはこちらのページから。
aoao-tokushima.com/haifu/


全国各地のローカルマガジンを探しています。

旅をもっと楽しむために手に入れたい、全国各地から発信されているローカルマガジンの情報を募集しています。うちの地元にはこんな素敵なローカルマガジンがあるよ、という方、ぜひお問い合わせフォームよりお知らせくださいませ。
※掲載をお約束するものではございません。あらかじめご了承ください。

文・写真:井上麻那巳
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る