さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

石畳の町で暮らすように泊まる。「さまのこハウス」にはこんな体験が待っていました

投稿日: 2019年3月21日
産地: 高岡
タグ:
編集:
  • LINE

国の重要伝統的建造物群保存地区に泊まれる、高岡の「さまのこハウス」へ

石畳の道の格子造りの家。

高岡さまのこハウス

タイムスリップしたような格子戸の向こうには、昔ながらの町家と現代的な空間が入り混じる、不思議な宿体験が待っていました。

高岡さまのこハウス
高岡さまのこハウス手前の母屋棟
高岡さまのこハウス
高岡さまのこハウス

宿の名前は「さまのこハウス」。

高岡さまのこハウス

国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている古い町家暮らしを、快適に体験できる施設として昨年、オープンしたばかりです。

ものづくりの町・高岡がはじまった町

宿があるのは富山県高岡市金屋町。

全国の生産量の9割以上をしめる高岡の銅器づくりは、この金屋町が発祥です。

近くにある銅像

近くにある銅像

江戸時代からの繁栄を物語る500メートルもの石畳の道と格子造りの古い家並みは、数々の映画やテレビの舞台にもなってきました。

最近お店も増え、そぞろ歩きも楽しめる

最近お店も増え、そぞろ歩きも楽しめる

町の暮らしを体験してもらおうと、町の人たちが中心となって地域の空き家を活用して生まれたのが、さまのこハウスです。

さまのことは、千本格子の意味

さまのことは、千本格子の意味

手前には小さな公園があり、落ち着いた雰囲気

手前には小さな公園があり、落ち着いた雰囲気

どちらを選ぶ?新旧・和洋選べる過ごし方

移住体験ゲストハウスというコンセプトから、建物の中は昔の趣を残しながら快適に過ごせる工夫がこらされています。

もともと一般の民家だったという手前の母屋棟は和室が2部屋。ギャラリーとしての利用も可能だそう

もともと一般の民家だったという手前の母屋棟は和室が2部屋。ギャラリーとしての利用も可能だそう

母屋と新築棟をつなぐ中庭。夏はここでバーベキューもできるそう

母屋と新築棟をつなぐ中庭。夏はここでバーベキューもできるそう

新築棟のリビング。母屋と対照的に現代的な空間

新築棟のリビング。新築棟は母屋と対照的に現代的な空間

新築棟には1人用の洋室が2部屋ある

新築棟には1人用の洋室が2部屋ある

デザイナーズホテルのような浴室

デザイナーズホテルのような浴室

古いもの、新しいもの、和洋が入り混じる

古いもの、新しいもの、和洋が入り混じる

ゲストが自分で食事をつくれるようキッチンも充実。新築棟にはお子さん向けにおもちゃコーナーもあったりと、過ごしていると本当に「宿」というよりは「家」にいるような感覚を覚えます。

広々としたダイニングキッチン

広々としたダイニングキッチン

母屋棟は昔の意匠も見どころ

母屋棟は昔の意匠も見どころ

ほどよく外の気配を感じるすりガラス

ほどよく外の気配を感じるすりガラス

吊られている風鈴は高岡銅器製。地元のものづくりが風景に溶け込んでいる

吊られている風鈴は高岡銅器製。地元のものづくりが風景に溶け込んでいる

料金は部屋によってひとり一泊6500円〜7000円 (素泊まり/税別) 。ひとり旅にも便利ですが、もうひとつ嬉しいのが一棟貸し利用もできること。

家族で、あのメンバーで。季節を変えて。色々な絵が思い浮かびました。

高岡さまのこハウス
高岡さまのこハウス

ふらっと一人で来て泊まっても、大勢でわいわい貸し切っても。高岡の風景と一緒に、よい旅の思い出になりそうです。

<取材協力>
さまのこハウス
富山県高岡市金屋町3-10
0766-75-8128
https://www.facebook.com/samanokohouse/

文:尾島可奈子
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る