さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

産地の工芸品

香川

高松

あじいし 庵治石

  • LINE

概要

香川県高松市東部の庵治町・牟礼町でのみ産出される高級石材。風化に耐え、繊細な細工も可能な細やかな石質から、古くから墓石材、石灯籠などの細工物に利用されてきた。中でも細目(こまめ)と呼ばれる特にきめの細かい庵治石は、磨くと青黒いツヤを帯び、墓石材として世界一とも称される。山麓の庵治町・牟礼町一帯は石材を加工する職人が古くから住み、全国でも有数の高度な石材加工,墓石加工の街として知られる。

丁場と呼ばれる採掘場の様子。

丁場と呼ばれる採掘場の様子。

%e6%8e%a1%e7%9f%b3%e5%a0%b41
石工団地と呼ばれる石材加工工場の集まる一帯で、石像の加工中の職人さん。

石工団地と呼ばれる石材加工工場の集まる一帯で、石像の加工中の職人さん。

庵治石を大きく切り出す工程。厳かな雰囲気すら漂う。

庵治石を大きく切り出す工程。厳かな雰囲気すら漂う。

歴史

庵治石はマグマが冷え固まってできた火成岩、中でも花崗岩に属する。火成岩はおよそ8000万年前の白亜紀後期に形成されたとされ、800度にものぼるマグマが数万〜100万年単位で冷え固まり、結晶化したもの。
庵治町・牟礼町での石材業の歴史は平安時代後期にさかのぼる。京都の岩清水八幡宮には、当時その領地となっていた牟礼庄(現・牟礼町)一帯から庵治石が運び込まれ、再建に使われた。安土桃山時代に築かれた高松城では堀や壁、石段に庵治石が見られる。中でも水晶と同等に硬いとされる「庵治石細目」は、石垣や桜門の礎石に重用された。江戸時代には砂糖・綿と並んで讃岐三白と称された塩づくりが発展するが、「塩田」と呼ばれる塩を焚く石釜の底板には、緻密で硬く、水を通さない「庵治石細目」が用いられた。この頃から鳥居や墓石にも庵治石が用いられるようになり、良質な花崗岩の日本三大産地として一帯が知られるようになる。明治から昭和初期にかけては磨きの技術が発達し、「斑(ふ)」と呼ばれる独特のまだら模様の美しさから「庵治石」の名が全国的に知られるようになる。
特に庵治石が墓石に使う石としての地位を築いたのは「神武景気」の起きた昭和30年代以降。ちょうど都市部への人口集中や核家族化が進み、地縁の墓地を離れて新たに墓を求める人が増えた頃に当たる。風化に強く彫った文字が何十年と崩れない庵治石を、墓碑や灯篭に使いたいと注文が増加。石の切削や研磨も機械化が進み、庵治町・牟礼町の石材加工業は大きく飛躍を遂げた。
産業はバブル期に最盛を迎える。しかし、街に300社以上あった石材関連会社のうち、現在稼働しているのは200数社程度だという。石を採り尽くして石材が採れにくくなっていること、後継者がいないなどの理由でお墓を処分する「墓じまい」の増加、さらには現在日本の墓石の80%を占めるという中国製墓石の台頭が大きい。一方で平安の時代から培われてきた石材加工の技術は今なお高く、近年ではアーティストの作品づくりへの技術協力や、庵治石を使った生活雑貨の開発などが取り組まれている。

  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る