さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

染色家・芹沢銈介の珠玉のコレクションたち。「芹沢銈介の収集―手仕事の世界地図―」

投稿日: 2018年1月29日
産地: 静岡
  • LINE

現在、静岡市立芹沢銈介美術館では、「芹沢銈介の収集―手仕事の世界地図―」を好評開催中です。

静岡が誇る人間国宝の染色家、芹沢銈介の作品と収集品を展示・収蔵する同館。芹沢銈介は、優れた収集家としても知られ、日本をはじめ、世界中の品々を集めました。芹沢銈介美術館には、その大半にあたる4500点が収蔵されています。

南部小絵馬(日本)

階段文様縫合せ織貫頭衣(ペルー)

本展は、収集家としての芹沢銈介にスポットを当てたもの。収蔵コレクションから厳選した300点を、日本・アジア・アフリカ・ヨーロッパ・南北アメリカ・オセアニアなど、地域ごとに展示します。

ドゴン族儀式用マスク(マリ共和国)

子供用コームバックアームチェア(イギリス)

日本の手仕事を代表する作家でありながら、世界の工芸に対する広く深い知識と、ユニークな選択眼を持っていた芹沢銈介。「四季曼荼羅図二曲屏風」「縄のれん文のれん」「鯛泳ぐ文着物」など、氏の代表作60点も併せて展示され、作品のルーツを辿る絶好の機会となっています。

期間中には、芹沢銈介が集めた仮面のミニチュアを粘土で作るワークショップや、普段公開されていない「芹沢銈介の家」の2階を公開する関連イベントも開催されます。人間国宝の生まれた地へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

芹沢銈介の収集―手仕事の世界地図―

期間:2017年12月12日(火)〜2018年3月18日(日)
開館時間:9:00〜16:30
休館日:月曜(1月8日、2月12日を除く)、2月13日
入場料:一般 420円/高校生・大学生 250円/小学生・中学生 100円/未就学児 無料
オフィシャルサイト:http://www.seribi.jp/

関連イベント
・芹沢さん家お二階拝見
3月1日(木)、3月2日(金)
時間予約制、各回定員5名
参加費無料、予約制
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る