さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

薩摩ガラス工芸

薩摩切子の技法を受け継ぎ、伝えてゆく伝統の発信地

産地:
タグ:
  • LINE

「薩摩ガラス工芸」は、薩摩藩主、島津家肝煎りの殖産興業事業から誕生した工芸品、薩摩切子の工房。幕末の動乱によってものづくりは一時は途絶えたものの、島津家の系譜を継ぐ株式会社島津興業により、100年の時を経て現代に復刻された。工房とギャラリーショップが併設された施設内では、現在の薩摩切子のものづくりとその歴史、伝統を同時に体感できる。
ガラスの成形からカットや磨きまで全工程が揃った工房は全国的にも非常に珍しいという。鹿児島市内からは車で15分ほどの場所にあり、バスでのアクセスも良好。誰でも予約なしで職人の技術を間近で見学できる。すぐ隣にはかつての島津家の別邸、名勝 仙巌園 (せんがんえん) と、当時の殖産興業事業の中心であり、現在は博物館となっている尚古集成館が並ぶ。ぜひ合わせて足を運んで、この地から近代国家を志した幕末の熱気を感じてみたい。

2017年にリニューアルしたばかりの工房

工房の目の前には仙巌園、尚古集成館の敷地が広がる

工程がわかりやすいよう、随所に解説パネルが設置されている

深さや角度を細かく調整しつつ、色ガラスを削って模様を切りだしていく職人技を間近で見学できる

薩摩切子カットの様子

併設のギャラリーショップ

薩摩ガラス工芸

所在地:鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24
TEL:099-247-8490
URL : http://www.satsumakiriko.co.jp/
工場見学時間:9:00〜17:00
売店営業時間:8:30〜17:30
工場定休日:月曜日・第3日曜日 (月曜日が祝日の場合は翌火曜日・第4日曜日)
売店定休日:なし
駐車場:あり (20台)
( 2018年1月現在 )
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る