さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

2018年1月のさんち特集は鹿児島

投稿日: 2017年12月31日
産地:
タグ:
  • LINE

こんばんは。さんち編集部です。
2017年も、残すところ数時間となりました。皆さんにとってどんな1年でしたか?

2016年11月1日から毎日、全国の産地の物語をお届けしてきた「さんち 〜工芸と探訪〜」。1年の節目でありがたい賞をいただき、無事駆け抜けてこられたのも記事を読んでくださる皆さんの存在があってこそ。

本当にありがとうございます。

私たちの記事が、誰かとの会話のきっかけになったり、少しでも暮らしのお役に立てていたら、とても嬉しいです。

来年も、愛着の持てる道具と暮らす毎日につながる、発見にみちた産地旅へのおともメディアでいれますよう。毎朝10時に新しい記事をお届けします。

<地域特集> ~鹿児島~

1月のさんちは、鹿児島を特集します。今月の探訪先はこちら。

◆100年ぶりの復活を遂げた美しき薩摩切子の世界

◆川辺手練団が挑む川辺仏壇の新しい未来

◆竹林面積日本一の鹿児島で見つけるかわいい竹籠

◆小さな芸術を身につける喜び 薩摩ボタン

◆子どもたちの成長を願う信仰玩具・鹿児島神宮

◆薩摩の小京都、知覧武家屋敷を訪ねる

◆窯元めぐり~沈壽官窯~

このほかにも、工芸・歴史・食の魅力あふれる鹿児島の情報をお届けします!

<連載>

*リンクから各連載の先月の記事をご覧いただけます。


「ハレの日を祝うもの」
都会のマンション暮らしでも扱いやすい小さなお正月飾りと、飾りに込められた思いを紹介します。


「きょうは何の日?」
1月7日は爪切りの日。新年を迎えて、初めて爪を切るのにふさわしい日なんだそうです!


「炊事、洗濯、家事、工芸」
中川政七商店バイヤーの細萱久美が、日々の家事に使いたい工芸品を紹介する隔月連載。1月は、お鍋に大活躍の「鬼おろし」をご紹介します。


「わたしの一皿」
世界中の民藝や手仕事の器やガラス、生活道具などを扱う「みんげい おくむら」店主の奥村忍さんが選ぶ、垂涎の料理と美しい器。


「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり 」
もし日本全国の郷土玩具を、外国人アーティストの視点で見つめたら。連載第5回は「岡山・竹細工の龍」を訪ねます。


「プラントハンター西畠清順に教わる、日本の園芸 十二ヶ月」
夏の「季節鉢」を話のタネに。植物と暮らすための具体的なアドバイスから、プラントハンターとしての日々の舞台裏まで、清順さんならではの植物トークをお楽しみに。


連載の他にも、日本各地の「さんち」物語を盛りだくさんでお届けします。

来月も、あなたの暮らしと旅のおともになれますよう。お楽しみに。

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る