さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

耕す黒 色の名

産地: 三条
投稿日: 2017年3月13日
  • LINE

こんにちは。さんち編集部の尾島可奈子です。
きっぱりとした晒の白や漆塗りの深い赤のように、日用の道具の中には、その素材、製法だからこそ表せる美しい色があります。その色はどうやって生み出されるのか?なぜその色なのか?色から見えてくる物語を読み解きます。

耕す黒

日差しが明るくなってきました。啓蟄(けいちつ)を過ぎ、土の下で生き物たちがもぞもぞと活動を始め出す頃。「明」るい状態から「アカ(赤)」という色の名が生まれたように、「暗」い状態を表わす言葉から生まれたと考えられているのが「クロ(黒)」です。漢字は「柬(カン)=物が入ったふくろ」の下に「火」がある状態を示した形。そこで現れる色がすなわち「黒」なのですね。

人は火を操って様々な道具を生み出してきましたが、中でもこの時期らしく、平和で切実な道具に思えるのが、土を耕す農具です。

main2

古くから鍛治の町として知られる新潟・三条市にある近藤製作所さんは、創業以来100余年、鍬(くわ)だけを作り続ける鍛冶屋さん。その近藤さんが家庭のガーデニング用に作ったという小さな鍬は、光を吸い込んでしまいそうな黒色をしています。土起こしや草集めにも使える、刃先が3つに分かれた「三本鍬」は、棒状の鋼(はがね)を熱して叩きながら曲げていく「鍛造(たんぞう)」と、そうして加工した鋼をさらに火で熱して硬く強くする「焼入れ」によって作られます。黙っていても力強さを感じる黒色は、火と、それを操る人の手わざから生まれたものでした。

黒星、腹黒い、最近ではブラック企業と、ネガティブなイメージも強い「クロ」ですが、土に光をすき込む鍬の、耕す黒は、とても頼もしく感じます。

<掲載商品>
近藤製作所
耕耘フォーク
移植ゴテ

文:尾島可奈子
  • LINE

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る