さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

手しごとを堺の街から。「灯しびとの集い」に全国から100組のクラフト作家が集結

投稿日: 2017年10月27日
産地:
タグ:
  • LINE

11月11日(土)〜11月12日(日)の2日間、大阪府は堺市の大仙公園にて9回目となる「灯しびとの集い」が開催されます。

茶の湯ゆかりの地で開催される、関西最大級のクラフトフェア

堺という街は日本の工芸を育てた「茶の湯」に縁が深く、また古くは世界各国から様々な文化が水揚げされた情報の窓口としての中心地。また、刃物や線香、和晒の産地でもあります。再びこの場所から、人と人とのつながりをモノや食を通して関西一円をはじめ全国にも広げて行きたいとの思いから、「灯しびとの集い」は始まりました。

多彩な選出委員がそれぞれの視点で選んだ全国の精鋭作家たち

出展作家を選出するのは、小林和人さん(Roundabout/OUTBOUND店主)、辻野剛さん(fresco/灯しびとの集い実行委員会会長)、塚本カナエさん(商品開発ディレクター)、 堀あづささん(dieci 店主)、正木なおさん(ギャラリスト)、柳原照弘さん(デザイナー) の6名。それぞれ視点の異なる選出委員は毎年入れ替わり、イベントはその年ごとに違った表情を見せます。

「クラフト」と一口に言っても、陶磁、ガラス、木工、金属、染織、皮革など出展作家のジャンルは多岐にわたります。約5倍の倍率を勝ち抜いて最終的に選ばれた全国の精鋭約100組が一堂に会し、青空のもと作品を展示販売します。

こだわりの飲食店が出店、バンドによる生演奏も

飲食店も充実しており、南大阪周辺を中心とする素材や技術、味などにこだわった15店が出店します。会場の音楽は、なんとバンドによる生演奏。原田茶飯事さんや大野悠紀さんなどが出演し、手しごとが集まるあたたかな空間をより一層包み込んでくれます。その場でしか味わえない一体感も、ぜひお楽しみください。

灯しびとの集い

日時:2017年11月11日(土)〜11月12日(日) 10:00〜16:00
会場:大仙公園 催し広場
堺市堺区百舌鳥夕雲町
オフィシャルサイト:
http://tomoshibito.org/
※雨天決行・荒天中止
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る