さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
きょうは何の日?

この暮らしの道具、ちょっと変わってるんです。どこが違うかわかりますか?

投稿日: 2018年8月13日
産地: 相模原
タグ:
編集:
  • LINE

これからお見せする商品、普段よく目にするものと何かが違います。さて、どこが違っているでしょうか?

握ったところを想像してみてください。

カッター

これは‥‥、かなり難易度が高そうです。

一般的な急須に見えますが、パーツの位置が違う?

急須

メモリの数字の向きにご注目!

定規

さて、何か気づきましたか?

実はこれ、すべて「左利き用」に作られた道具なのです。

8月13日は「国際左利きの日」

きょう8月13日は、国際左利きの日。左利きの生活環境の向上に向けた記念日です。世界人口の約10%が左利きと言われています。

1992年8月13日、イギリスにある「Left-Handers Club」により、右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定されました。

今日は、左利きの道具について紹介します。

全国から左利き客が訪れる「駆け込み寺」

左利き用アイテムに詳しい方がいると聞き、お話を伺うことに。

訪れたのは、神奈川県相模原市にある文具雑貨店「菊屋浦上商事」。同店には「左利き用グッズコーナー」があり、その品揃えは約100種類!

「日本で一番左利きグッズが揃っている」と、全国からお客さんが訪ねてくる駆け込み寺のようなお店なのだそう。

棚には数々の左利き用の道具が並んでいます

棚には数々の左利き用の道具が並んでいます

社長の浦上裕生 (ひろお) さんは、左利きに関するデータを収集したり、海外に赴いて文具の買い付けや調査を行うなど、左利き事情に精通している方。

元SMAPメンバーで左利きの稲垣吾郎さんとラジオ番組で対談したり、人気バラエティ番組「アメトーーク!」で「左利きを幸せにするお店」として紹介されるなどを皮切りに、メディアからの取材依頼や企業からの相談も舞い込んでいます。国内だけでなく、海外メディアからの取材を受けることもあるのだとか。左利きへの注目の高さが伺えます。

1973年に開店以来40年以上の歴史を持つ文房具店「菊屋」(正式には菊屋浦上商事株式会社)浦上裕生さん

元々は左利きで、今は両利きという浦上裕生さん。「世界でこれだけ大きく専用コーナーを設置しているのはうちだけですよ」と自信たっぷり。左利きコミュニティでの交流や情報発信も積極的に行なっています

かつては左利き文具は在庫しつつも店頭には並べず、注文があれば出す程度だったという同店。ではなぜ、これほどに「左利き用グッズ」をたくさん揃えるようになったのでしょう。

左利きの弟が右手用の道具で大怪我

「25年以上前、左利きの弟が右利き用カッターを使って大怪我をしました。右手用に設計された道具を使うと刃が手に刺さりやすかったり、危険なことも多いんです」

カッター

こちらのカッターは左利き用。刃の向きが利き手によって異なるので、反対の手で使うときは注意が必要です

「弟の怪我を機に、当時店を経営していた両親が左利きのためのコーナーを設置しました。1998年に私が店を継ぎ、品揃えを充実させて今に至ります。

『左利きグッズがなんでもある』とネット上で話題になり、日本の方だけでなく、海外からのお客さんも来てくださるようになりました。調べてみると海外では日本より左利き用の道具が作られていないんです」

無理なく安全に使える向きに整える

それでは左利き用の道具について、浦上さんに詳しく解説していただきましょう。

「例えば、急須は左手で持って注ぎやすいように、取っ手が左側、注ぎ口が右側についています」

左手で持ちやすい急須

左利きの方が一般的な急須を使う場合、取っ手が右にあるため右手で持つか、左手で持って手をひねって注ぐ必要があるのだとか。それは使いにくそう。

「ハサミは刃の合わせに工夫があります。紙に刃を入れた時に、切っている部分が見えるように刃を合わせます」

左のハサミは左利き用、右のハサミは右利き用。それぞれ切っている面が刃の手前に見えるようになっています

左のハサミは左利き用、右のハサミは右利き用。それぞれ切っている面が刃の手前に見えるようになっています

こちらは浦上さんの私物。右利き用ハサミに慣れてしまったけれど、持ち手の穴の大きさが右手仕様だと指が痛くなる。そんな悩みに対応して、持ち手は左利き、刃の合わせは右利き用に作られていました。泣けます‥‥

こちらは浦上さんの私物。右利き用ハサミには慣れたけれど、持ち手の穴の大きさが右手仕様だと指が痛くなる。そんな悩みに対応して、持ち手は左利き、刃の合わせは右利き用に作られていました。泣けます‥‥

「こんなものもあります。扇子は右手で開いて使うようになっているので、左手で仰いでいるとだんだん閉じてきてしまうことがあるんです。だから、開く方向が反対になったものを作ってもらいました」

左利き用の扇子

左利き用の扇子

定規

左利きグッズの中で一番売れているのが定規。塾の先生がまとめ買いしていくことも。左手で線を引く場合、右から左へペンを進めるとスムーズ。線を引く向きに合わせて、目盛りの数字が右からついています。「右利き用の定規を使う時は引き算をしていた」なんて左利きの人の声も

速乾性の水性ボールペン

こちらのボールペンはインクに秘密があります。速乾性の水性インク。左利きの人は横書きで文字を書き進めると、書いた直後の文字をこすりながら手を移動させるため、手やノートがインクで汚れてしまうことが多いそう。すぐに乾くことでこの悩みを解決してくれると大ヒットしました

ロゴの向きが自分に合っていると嬉しい

ところで冒頭で紹介した鉛筆はどこが左利き用だったのでしょうか。

左利き用えんぴつ

「この鉛筆は、ロゴの向きが一般的なものと反対なんです。左手で持った時にロゴが正位置になるように作られています。なんてことないのですが、自分のための道具と思えて嬉しいという声を聞きます。

他にもマグカップの柄は右手で持った時に正面を向くように作られていたり、自動販売機の投入口は体の右側に設置することが一般的だったり。世の中には右手で扱うことを想定して作られているものが多いですから」

左利き用えんぴつ

ロゴの向きにご注目!

ロゴの向きだけで喜びを感じるなんて。左利きの方は道具に苦労されることが本当にたくさんあるんだろうなぁと改めて実感しました。

バターナイフ

お店にはこんなものもありました。向きの異なる2本のナイフをつなぎ合わせ、どちらの手でも使えるユニバーサルデザインのバターナイフ

バターナイフのロゴ

左手で持った時にロゴが正面に来る珍しい仕様です

浦上さんに解説していただきながら、たくさんの左利き用アイテムを試しました。私は右利きなので、左利き用の道具を使ってみるとその使いにくさに驚きます。つまり、左利きの人たちは日常的にこの使いづらさに向き合っているということ。知らなかった‥‥。

少数派にも使いやすい道具を

「昔に比べて矯正されなくなったこともあり、今、左利き人口は増えていると言われています。とはいえ全体の割合から考えると少数のため、まだまだ左利き用の道具は少ないのです。

道具の存在を知らない左利きの人もいますし、少量生産になるので在庫終了とともに廃番となってしまう商品も少なくありません。

でも、少数派だから不便なままで良いってことはないですよね。クラウドファンディングを活用して左利きグッズを作ることも企画中です」

左手用のおたま

浦上さんの提案で生まれた左利き用のおたま。給食の配膳でおたまが使いにくいという生徒の声を受けて、近くの小学校に寄贈したことも。このおたまがあることで、右利きの子どもたちが左利きの道具を体験する機会にもなっているそう

「必要としている人がいること、使いやすい道具があることをもっと発信して、広めていきたいと思っています」

そう熱く語る浦上さん。昨年2017年2月に新たな取り組みをスタートしました。

2020年東京五輪・パラリンピックを世界中の左利きの人が集まる機会ととらえ、メーカーと協業し、左利きグッズを充実させていこうという「レフティ21プロジェクト」。

浦上さんの呼びかけに応じて、文具メーカーのゼブラ、プラス、ライフ、調理器具メーカーのレーベン販売、ペンタブレットを手がけるワコム、輸入文具を扱うドイツ系のエトランジェ・ディ・コスタリカが参加を決め商品開発が進んでいるそうです。

自分にぴったりの道具があると、使うのが楽しくなったり、道具に愛着も湧きます。使いやすい道具の拡充、楽しみですね。

<取材協力>
菊屋浦上商事株式会社
神奈川県相模原市中央区相模原6-26-7
042-754-9211
http://www.kikuya-net.co.jp/

文・写真:小俣荘子
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る