さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
ちひさきものは、みなうつくし

室町時代から愛でられてきた小さな器、おてしょ皿

投稿日: 2018年2月14日
産地: 佐賀
タグ:
  • LINE

—— なにもなにも ちひさきものは みなうつくし
清少納言『枕草子』の151段、「うつくしきもの」の一節です。
小さな木の実、ぷにぷにの赤ちゃんの手、ころっころの小犬。
そう、小さいものはなんでもみんな、かわいらしいのです。

日本で丁寧につくられた、小さくてかわいいものを紹介する連載、第12回は佐賀県有田の「おてしょ皿」です。

はじまりは室町時代。貴族たちに愛された、ちいさなお皿

おてしょ皿は、漢字では「手塩皿」と書きます。食卓で塩などの調味料を乗せる小さなお皿です。とりどりの形と絵柄は目にも楽しく、コレクターも多いのだとか。

様々なフォルム、絵付けがされた可愛らしいおてしょ皿。お箸と並べるとその小ささがよくわかります

様々なフォルム、絵付けがされた可愛らしいおてしょ皿。お箸と並べるとその小ささがよくわかります

おてしょ皿の歴史は古く、日本の文献で最も古い記録は室町時代。京都・朝廷の食卓で、手元に塩を盛るために使われていた器 (当時は土器) にその原型が見られます。

有田焼が生まれた1616年 (江戸時代初期) 以来、様々な磁器が作り出されましたが、おてしょ皿は江戸時代に作られた最も小さい器でした。4寸 (約11センチメートル) ほどの大きさに形や絵付け・装飾など、技術の粋を凝らして作られ、貴族や大名たちに愛されました。

現代では、醤油などの調味料や薬味入れとしてはもちろん、前菜の器として、ジャムやバター皿、アイスクリームやフルーツなどを乗せたプチデザート皿として、また箸置きやスプーンレストとしてなど、様々な形で使われています。

また食卓以外でも、リングやピアスなどの小さなアクセサリーやちょっとした小物を置くためのトレイとして活用する方も。

お刺身を盛り付けた一皿。小さな前菜に華やかな存在感を与えます

お刺身を盛り付けた一皿。小さな前菜に華やかな存在感を与えます

有田焼創業400年、おてしょ皿を振り返る

2016年に400周年を迎えた有田焼の記念プロジェクトのひとつとして、江戸時代のおてしょ皿を研究・復元し、現代に新しいおてしょ皿を生み出す取り組み「伊万里・有田焼 手塩皿collection創出プロジェクト」が実施されました。

有田焼の窯元21社が組織するこのプロジェクトでは、古い時代の貴重な有田焼を数多く所蔵し研究している佐賀県立九州陶磁文化館、同館名誉顧問の大橋康二氏を講師に勉強会を開催。同館所蔵の古いおてしょ皿の観察などを通じ、製作方法や土、絵付け・厚み・釉薬の風合いなどを確認していきました。

佐賀県立九州陶磁文化館に収蔵されている『柴田夫妻コレクション』のおてしょ皿

佐賀県立九州陶磁文化館に収蔵されている『柴田夫妻コレクション』のおてしょ皿

おてしょ皿のように食卓で1人1つ使う皿は、同じ形のものを複数枚作る必要があります。精巧なサイズコントロール技術がない時代、職人の手仕事によって限りなく同じ形のものを、その上とても小さなものを作っていくのはかなり難しいこと。収蔵品を細かく見ると、工夫や努力の跡が見えてくるのだそうです。

3Dスキャンで蘇った、江戸時代のおてしょ皿

こうして研究が深められた後、収蔵品の中から特徴のある13種類のおてしょ皿を選定し、実物を3Dスキャンし鋳込型を作成。そこから縁取りや細部の彫りなどの修正を繰り返し、形状を復刻しました。

こうして完全復刻されたフォルムを元に、各窯元が現代のライフスタイルに合った新作の制作に挑みました。

13のフォルム

復刻した13のフォルム。

写真の上段左から、丸文菊花型、菊花文菊花型、貝型、盤型。

中段左から、木瓜 (もっこう) 型、角型、折紙型、壷型、桃型。

下段左から八角型、富士型、七宝文菊花型、銀杏型。

いくつかの形を詳しく見ていきましょう。

13のフォルムの中に菊をモチーフにしたものは3つありますが、こちらは菊を横から見た所を表したもの。花弁に動きが感じられる珍しい表現が美しいですね

13のフォルムの中に菊をモチーフにしたものは3つありますが、こちらは菊を横から見た所を表したもの。花弁に動きが感じられる珍しい表現が美しいですね

七宝文菊花型。全て手で作られているので、花弁の先がちょっとずつ違う形です。指跡が残っている部分もあり、1つひとつ指先を使って花弁を作っていたことが伺えます

七宝文菊花型。全て手で作られているので、花弁の先が少しずつ違う形です。指跡が残っている部分もあり、1つひとつ指先を使って花弁を作っていたことが伺えます

木瓜 (もっこう) 型。木瓜は日本の家紋に由来します。鳥の巣の形に似ていることから、子孫繁栄を意味する形として、大名たちに愛されました。この凹凸模様を作るために何がしかの型がつくられていたようです

木瓜 (もっこう) 型。木瓜は日本の家紋に由来します。鳥の巣の形に似ていることから、子孫繁栄を意味する形として、大名たちに愛されました。この凹凸模様を作るために何がしかの型がつくられていたようです

盤型。なんと、将棋の盤の形です。将棋は大陸から伝来したゲームで、江戸時代に盛んとなり、有田では駒を作った時期もありました。この形が作られたことからも、流行の様子が伺えますね

盤型。なんと、将棋の盤の形です。将棋は大陸から伝来したゲームで、江戸時代に盛んとなり、有田では駒を作った時期もありました。この形が作られたことからも、流行の様子が伺えますね

バラエティ豊かなおてしょ皿は眺めているだけでも楽しく、コレクションしたくなる気持ちがとてもよくわかりました。「これも欲しい、あれも可愛い!」とついつい色々と買い求めてしまいました。

さて、どうやって使おう?と、食事の時間の楽しみがまたひとつ増えました。

<取材協力>
佐賀陶磁器工業協同組合
佐賀県西松浦郡有田町外尾町丙1217番地
電話:0955-42-3164
おてしょ皿公式サイト
http://otesho.aritayaki.or.jp/

<参考文献>
「おてしょ皿 古伊万里のちいさなちいさな小皿」 編集:伊万里・有田焼手塩皿collection創出プロジェクト 2014年 佐賀陶磁器工業協同組合

文・写真:小俣荘子
写真提供:佐賀陶磁器工業協同組合
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る