さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

4月29日 (土) ~ 5月5日 (金・祝) 波佐見・有田陶器市で、丸房露の元祖「鶴屋」がオリジナル焼き印入り丸房露を限定販売!

投稿日: 2017年4月24日
産地: 佐賀
タグ:
  • LINE
tsuruya

佐賀県佐賀市の丸房露の元祖「鶴屋」は、4月29日 (土) ~ 5月5日 (金) の波佐見・有田陶器市の期間中「HASAMI × 鶴屋」「ARITA PORCELAIN LAB × 鶴屋」のオリジナル焼き印入り丸房露を限定販売いたします。

波佐見・有田地区は、言わずとしれた、400年以上続く焼き物の産地です。なかでも、その歴史を受け継ぎ、新たな挑戦を続けている「HASAMI」と「ARITA PORCELAIN LAB」。
378年の歴史を持つ「鶴屋」は、佐賀の名菓である、元祖丸房露ならではの「焼き」にこだわり、「HASAMI」と「ARITA PORCELAIN LAB」オリジナルの焼き印入り丸房露を作りました。

「HASAMI × 鶴屋」は、波佐見から発信するブランドである、道具としての陶磁器を表す「HASAMI」ロゴモチーフ。「ARITA PORCELAIN LAB × 鶴屋」は、有田焼の伝統的な絵柄「唐草」モチーフを焼き印で表現しています。陶器市のお土産や、丸房露と器をあわせて、お愉しみいただけますと幸いです。

尚、会期中は、鶴屋佐賀駅店でも「HASAMI × 鶴屋」、「ARITA PORCELAIN LAB × 鶴屋」オリジナルの焼き印入り丸房露を販売いたします。 佐賀駅へお立ち寄りの際は、是非、足をお運びくださいませ。



hasami01

HASAMI × 鶴屋

価格:1,404円 (10個 / 箱入り)
数量:1日限定 100個
日時:4月28日 (金) ~5月5日 (金・祝)
   4月 7:00 ~ 16:00 / 5月 9:00 ~ 16:00
※HASAMI会場は、4月28日 (金)からの開催となります。
※混雑の状況によって開店の時間を変更する場合がありますので、ご了承ください。

会場:HASAMI / 有限会社マルヒロ直営店
住所:〒844-0014 佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙775-7
電話番号:0955-42-2777
メールアドレス:shop@hasamiyaki.jp
URL:http://www.hasamiyaki.jp

<HASAMI 会場限定!丸房露実演販売 価格1個 100円>

会期中、会場内で「丸房露実演販売」を行ないます。その場で焼かれた丸房露を、この機会に是非ご賞味ください。
※実演販売は焼き印なしの丸房露になります。



arita01

ARITA PORCELAIN LAB × 鶴屋


価格:1,404円 (10個 / 箱入り)
数量:1日限定 100個
日時:4月29日 (土) ~ 5月5日 (金・祝)
   4月29日 (土) のみ、7:00 ~ 17:00 / 4月30日 (日) 以降 8:00 ~ 17:00
※混雑の状況によって開店の時間を変更する場合がありますので、ご了承ください。

会場:ARITA PORCELAIN LAB 有田旗艦店
住所:〒844-0003 佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3
電話番号:0955-29-8079
メールアドレス:arita@aritaware.com
URL:http://www.aritaware.com

———————————————————————————————————

製造:合資会社 鶴屋菓子舗
寛永16年(1639年)、徳川三代将軍家光公の治世の下、「鶴屋」は佐賀三十六万石の城下町に創業しました。初代善右衛門が、佐賀藩城主鍋島公より御用御菓子司を仰せつかり、以来378年、その暖簾を現在に至るまで守り続けています。天和年間には二代目太兵衛が、長崎の出島で南蛮渡来の製法を学び、佐賀に持ち帰ったとされており、佐賀出身の明治の元勲、大隈重信侯が愛したという逸話も残る、佐賀県を代表する銘菓「丸房露」の元祖でもあります。鶴屋は、南蛮菓子の老舗として、代々続く家業の伝統を守りながら、時代の変化に合わせ新たに挑戦を続けていく、温故知新の菓子づくりに今後も精進していきます。

鶴屋本店
住所:〒840-0046 佐賀県佐賀市西魚町1番地
電話番号:0952-22-2314 / FAX:0952-22-2317
メールアドレス: tsuruya@marubouro.co.jp
URL:http://www.marubouro.co.jp


鶴屋佐賀駅店
住所:〒840-0801 佐賀県佐賀市駅前中央1丁目11-1
電話番号:0952-23-1646

———————————————————————————————————

プロデュース:method 山田遊
アートディレクション・デザイン:OVAL 杉村武則
写真:角心紗矢子
パッケージ:株式会社 岩嵜紙器

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る