さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

使いやすさ最高峰。普段使いできる重箱を見つけました 松屋漆器店のナチュラルな木の重箱(ハシュケ別注)

投稿日: 2020年5月27日
産地:
編集:
  • LINE

ずっと欲しかった憧れのものがある。

おせち用のお重。

ここ数年、特にお正月の準備をはじめる頃になると、お店を巡ったり検索をしたりしながらいろいろ見てみるものの、「お正月のためだけに買うのもなぁ」とずっとためらっていました。

でもようやく今年これは!というものを見つけ、昨日我が家へ。早速使ってみた嬉しさとともに、その使い勝手をお伝えしようと思います。

お正月も、ふだんも使える重箱

お重のハードル。それは、お正月しか出番がないことでした。

お正月は年に一度のハレの日だから、せっかくなら「ちゃんといいもの」を使いたいけれど、お正月のためだけの買い物にしてはちょっと高い…

ふだん使うにも、うちにある器との組み合わせを考えると食卓で浮きそうだしなぁ‥

そんなモヤモヤを解消してくれたのが、このお重でした。

松屋漆器店さんの白木のお重

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

お重は全体が漆仕上げで重厚感のあるものが多いですが、こちらのお重は白木の木目が残されています。

真四角のかたちが醸し出すちょっとかしこまった雰囲気を、木目のナチュラルさが和らげているような。それでいて、凛とした美しさもあります。

作っているのは、漆器の産地である福井県鯖江市の「松屋漆器店」さん。100年以上の歴史を持つ、越前漆器の老舗メーカーさんです。

通常ラインのものは内側が漆塗りですが、こちらは雑貨店「hushykke(ハシュケ)」さんの別注で内側も木目仕様。

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

4・6・9つ切の仕切りもあり、お弁当にも使いやすそうです

タモ材の木目を生かし、透明のウレタン塗装が施してあります。コーティングのおかげで耐久・耐水性があり、ふだんから気軽に使えるのも嬉しいところ。油、色移りの心配もなく、洗剤を使って洗えます。

食卓が引き締まる工芸品

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

おせちを待たずして、ふだんの食卓で使ってみる。

持ってる器と並べても浮かないけれど、食卓がちょっと引き締まります。料亭とまではいかないけれど、いつもの家庭料理が小料理屋さんぐらいの雰囲気になる感じ。日常で使うにはちょうどいい塩梅です。

 

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

今朝はそのまま朝食に。木のプレートと同じ感覚で使ってみたところ、意外とパンにも合いました。

棚の奥の方へ大事にしまっておいて、特別な日だけ使うイメージだったお重ですが、いつもの食器棚にスタメンとして置いててもいいかも、としまうスペースを考えはじめました。

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

ふだんのお皿が丸いものが多いからか、直線で構成された重箱は料理の雰囲気が違って見えます

映画「めがね」にも登場した松屋漆器店の重箱(お重)

晩酌にはおちょこ入れとしても。

ハレの日の工芸を日常に

ハレの日は、めいいっぱいめでたく迎えたいもの。そんな節目の日には、ちょっと背伸びして「いいもの」を揃えたいなと思います。

そうやって何かの機に好きなものを日常に取り入れていくと、ふだんの生活も少しずつ心地よくなっていくから嬉しいものです。

 

お正月まであと1週間。今年のおせちはどう盛ろうかと今からワクワクしています。ふだん使いすることで、いざという時の使い方も広がるのかもしれません。

年にいちどのハレの日から、ぜひ日常にも工芸品を取り入れてみてください。

<掲載商品>
松屋漆器店 白木塗タモ 二段重箱(ハシュケ別注)

製造 : 松屋漆器

 

*こちらは、2018年12月26日の記事を再編集して公開いたしました

文・写真:西木戸弓佳

  • LINE
関連する工芸の知識

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この読み物の産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る