さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

越前和紙の里

職人技にふれ、紙漉き体験もできる、越前和紙のふるさと

産地:
タグ:
  • LINE

越前和紙の里ではおよそ230mにわたる「和紙の里通り」を中心に、越前和紙の魅力を体感できる施設が点在している。

紙漉き職人だった西野平右衛門の家を移築した「卯立の工芸館」では、伝統工芸士による紙漉きの様子を見学することができ、「紙の文化博物館」では産地でつくられるさまざまな種類の和紙の展示を通して越前和紙の歴史を学ぶことができる。

「パピルス館」では紙漉きや和紙クラフトの体験を実施しており、はがき、うちわなど自分だけのオリジナル和紙づくりは人気が高い。また、館内には越前和紙産地組合の直売店の和紙ショップもあるので、お土産選びにもおすすめだ。

「卯立の工芸館」は、伝統工芸士が昔ながらの道具を使いながら和紙づくりの一連の工程を見ることができる、全国でも珍しい施設

伝統工芸士が紙を漉く様子を間近で見学できる

越前和紙の歴史がわかる「紙の文化博物館」。展示エリアには、産地を代表する和紙約120点の展示も

パピルス館では紙漉き体験ができるほか、和紙を使ったグッズも販売している

越前和紙の里

所在地:福井県越前市新在家町8-44
TEL:0778-42-1363
URL : http://www.echizenwashi.jp


■卯立の工芸館
[開館時間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
[入館料]企画展開催中は大人300円、その他の期間は大人200円、高校生以下無料(卯立の工芸館・紙の文化博物館共通)
[休館日]毎週火曜(祝日の場合は開館)・年末年始

■紙の文化博物館
[開館時間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
[入館料]企画展開催中は大人300円、その他の期間は大人200円、高校生以下無料(卯立の工芸館・紙の文化博物館共通)
[休館日]毎週火曜(祝日の場合は開館)・年末年始

■パピルス館
[開館時間]9:00~16:00
[休館日]年末年始

タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る