さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

うるしの里会館

1500年続く越前漆器の歴史と今に伝わる技に触れる

産地:
タグ:
  • LINE

13年前に、越前漆器伝統産業会館を回廊型の展示スペースにリニューアル。館内では1500年以上の歴史を持つ越前漆器の歴史的な資料や製造工程、現代における新しい取り組みなどを見学することができる。

ミュージアムショップではお椀や箸、重箱、小物など約1300点の越前漆器を展示販売。ほか、漆をふんだんに使用した茶室「漆黒庵」、地元職人による蒔絵のパネルをはめ込んだ格天井の和室も見どころだ。職人の指導による絵付け体験、沈金体験、吹き漆体験も実施している (2名より/要予約/詳細は問い合わせ) 。

職人が実際に作業をしている「職人工房」も毎日オープン。平日は1人、土日祝日は2人、地元の職人による作業風景を見学でき、話をすることもできる。

うるしの里会館の外観。周辺には越前漆器の工房が集まっている

うるしの里会館の外観。周辺には越前漆器の工房が集まっている

ミュージアムショップには様々な用途で用いられる1300点の漆器が並ぶ

ミュージアムショップには様々な用途で用いられる1300点の漆器が並ぶ

茶室「漆黒庵」。実際に利用することもできる (要問合せ)

茶室「漆黒庵」。実際に利用することもできる (要問合せ)

越前漆器の進化の様子がわかる展示

越前漆器の進化の様子がわかる展示

うるしの里会館

所在地:福井県鯖江市西袋町40-1-2
TEL:0778-65-2727
URL : http://www.echizen.or.jp/
■開館時間:9時~17時
■定休日:毎月第4火曜日 (当日が祝祭日の場合はその翌日) 、年末年始
■駐車場:無料。普通車100台、大型バス3台
タグ:
  • LINE
同じ産地の見どころ

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

この見どころの産地

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る