さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

沖縄のおいしいが大集合。まーさんマルシェには沖縄の食の未来がある 「浮島ガーデン」や「うるまジェラート」、「特産離島便」など

投稿日: 2018年6月27日
産地: 沖縄
  • LINE

こんにちは。沖縄在住で、テレビのフリーディレクターをしている土江真樹子です。

番組制作だけでなく、工芸やファッションブランドのディレクションも手がけていますが、沖縄は今、食が熱い。

おいしさだけでなく、食の安心や土地のことを想う作り手、お店が続々と現れています。そんな「おいしい」のうねりは、沖縄の作家さんが作るうつわにも影響を与えているように思えます。

今回は、そんな沖縄の食の「今」がわかる「まーさんマルシェ」をご紹介します。

沖縄にしかない食イベント、まーさんマルシェとは?

那覇市の中心、久茂地にあるデパートリウボウ (パレット久茂地) の1階広場で不定期に開かれる無農薬、遺伝子組み替えなし、無添加の食材と食のマルシェ。沖縄ならではの食材や野菜もたくさん並ぶユニークなイベントが、「まーさんマルシェ」です。

開催地であるデパートリウボウがあるのは、人通りも多い那覇市の中心地

開催地であるデパートリウボウがあるのは、人通りも多い那覇市の中心地

沖縄、まーさんマルシェ
沖縄のまーさんマルシェ
沖縄のまーさんマルシェ
沖縄、まーさんマルシェ
沖縄のまーさんマルシェ

「まーさん」とは沖縄の言葉で「おいしい」。

その名の通り、イベントにはおいしくて体に良いものが満載です。今回は生産者さんと店舗、30軒が参加していました。

沖縄のまーさんマルシェ

うりずんの恵みをいただきに

今回の開催はうりずん(初夏の爽やかな季節)の季節。まさにうりずんの恵みをいただくちょうどいい機会です。

まずは大好きな「島バナナ」。小ぶりでちょっと甘酸っぱい島バナナは熟れて皮が薄くなると甘さが増すんです。ハルサー(農家)さんオススメ、濃厚な南国の味!

沖縄のまーさんマルシェ、島バナナ
沖縄のまーさんマルシェ、島バナナ

手に持つとこんなに小ぶり

そのそばで、次々と買い物客が買っていくジャムを見つけました!沖縄本島の北端、国頭村の森岡いちご農園のジャムです。

沖縄のまーさんマルシェ、国頭村の森岡いちご農園のジャム

「露地栽培で無農薬です。生で食べる季節は過ぎたからジャムで楽しんでもらおうと思って」

試食させてもらうとジューシーでまろやかな甘さで、飛ぶように売れていくのも納得です。

さて、うりずんの季節といえど気温はうなぎのぼり。

こんな日にはきび糖と黒糖のやさしい甘さ、しかもカロリー控えめが魅力の「うるまジェラート」に直行です。

沖縄のまーさんマルシェ、うるまジェラート

味は10種類以上。どれもおいしそうで悩んでしまいます

選んだのは沖縄産の紅茶ジェラート。沖縄紅茶に濃いめの県産牛乳、両者を引き立てるのはミネラル豊富なうるま市の天然塩なんだそう。しっかりした紅茶の香りと味、食物本来のおいしさが口の中に広がります。

沖縄のまーさんマルシェ、うるまジェラート

喉が渇いたら、ぜひコーヒーを。

実は最近沖縄ではコーヒーがすごいんです。コーヒー栽培には向かないと言われていた沖縄で、厳しい亜熱帯の気候に寄り添い、闘いながらのコーヒー栽培が行われています。

中には国際審査で日本初のスペシャルティコーヒーに認定された生産者さんもいるほど。残念ながらまだどこも生産量が少ないのですが、将来100%沖縄産のコーヒーが店頭に並ぶ日も近いはずです。

沖縄のまーさんマルシェ、KIZAHA COFFEE

KIZAHA COFFEE

土地の食材を、新しい料理に、手土産に

ちょっと珍しいサンドイッチを発見。その名も「タピオカサンドイッチ」。

沖縄のまーさんマルシェ、タピオカサンドイッチ

タピオカのサンドイッチって?と不思議そうにしていると、「リマタピオカサンド店」のリマ・セイジさんが「タピオカはキャッサバ芋のデンプン。水を少し加えた粉を焼いて生地を作るからグルテンフリーでさっぱりしてるでしょ」と教えてくれました。

沖縄のまーさんマルシェ、タピオカフムスサンドイッチ

カリカリとした生地の中にレタスなど野菜がいっぱい。そこにひよこ豆のペーストがもっちりとした弾力で、初めての食感と味は驚きがいっぱいです。

まだまだあります。次は、ぜひ持ち帰りたい手土産を。

沖縄のまーさんマルシェ、「特産離島便」

ずらりと並ぶ小さなガラスの容器は、「特産離島便」。沖縄の特産食材を使った手作りのおいしい加工品が瓶詰めされています。

石垣島などの離島には独自の食材を使ったものが色々あるのですが、輸送コストがかかる上に生産者が個人の場合が多く、販路拡大という課題を抱えています。そんなおいしい良いものをひとつのブランドとして売り出したのが「特産離島便」です。

沖縄のまーさんマルシェ、「特産離島便」

アーサつくだ煮、かちゅー汁の素など、同じパッケージで違う味が楽しめます

お土産として手渡すと「これ何?どうやって使うの?」と話も盛り上がり、リピーターになる人続出という、わたしの愛用お土産のひとつなんです。「次もシークヮーサーこしょうお願いね」「今度は生七味で」と、プレゼントした人から嬉しいリクエストも。

まーさんマルシェの立役者、浮島ガーデン

そしてまーさんマルシェを語るのに欠かせないお店があります。沖縄でヴィーガンといえば、の「浮島ガーデン」。

沖縄県産の有機無農薬野菜にこだわった食事で「ヴィーガン、オーガニックはおいしくない」というイメージを見事に覆した人気店です。オーナーの中曽根勇一郎さんオススメは「高キビバーガー」。

一見シンプルなバーガーに見えますが‥‥

一見シンプルなバーガーに見えますが‥‥

畑のひき肉と呼ばれる高キビは食感も味もお肉そのもの。ヴィーガンならずとも納得のおいしさに人気なのだとか。

実は、島である沖縄は食物自給率が低く、昔から栽培されていた穀物も今では忘れ去られようとしています。高キビもそのひとつ。

そこで浮島ガーデンでは8年前から穀物栽培に乗り出し、絶滅寸前の穀物復活と普及に力を入れています。

全て自分たちでやっているため相当な労力と時間がかかりますが、それでも安心安全、心も体も喜ぶ食を目指す姿勢が、料理の一品一品によく現れています。

沖縄のまーさんマルシェ

浮島ガーデンのテント

「ハルサーさんたちは不便な地域で生産している場合が多い。そんなハルサーさんたちのおいしく高品質な農作物を知ってもらうことで、食のあり方も変わっていくはず」と中曽根さんは話していました。

浮島ガーデンオーナーの中曽根勇一郎さん

オーナーの中曽根勇一郎さん

実は、そんな思いから浮島ガーデンが毎月店内で始めた「ハルサーマーケット」が、まーさんマルシェの始まり。

そこにフードディレクターの小川弘純さんが加わり、デパートリウボウのコンセプトの1つである「からだに良いもの」を体現しようとマルシェをプロデュース。

浮島ガーデンの中曽根勇一郎さん、直子さん夫婦がハルサーさんたちのオーガナイザーを引き受けて始まったのが「まーさんマルシェ」です。

まーさんマルシェプロデューサーの小川弘純さん

まーさんマルシェプロデューサーの小川弘純さん

「沖縄にはおいしいものや体にいいものがたくさんあるんです。けれど小規模であるためにその良さがなかなか発信できない。その点と点を繋いで線にしてブランド化して紹介していく。それがまーさんマルシェの役割でもあるんですね」と、小川さん。

特産離島便を説明してくれる小川さん

小川さんや中曽根さんの熱い思いが「まーさんマルシェ」を作り上げてきました。

食から沖縄を見る、まーさんマルシェ

ここは、出店するハルサーさんたちに野菜のことを尋ねたり、食べ物を紹介してもらったりする「生産者との会話」の場。

沖縄のまーさんマルシェ
沖縄のまーさんマルシェ
沖縄のまーさんマルシェ

多くのハルサーさんやお店がやんばるなど都市部から遠いこともあり、沖縄在住のわたしでもなかなか足を運ぶことができないため、このように一堂に揃うマルシェは心踊る場。見たことがない野菜や果物、食事にワクワク幸せを感じる時間です。

沖縄ってこんなに食が豊かなんだと感じられるマルシェ。

次回は7月14日 (土) に開催が決まったそうです。真夏の開催とあって、涼しくなるような食べ物やメニューが満載とのこと。チャンスのある方はぜひ足を運んでみてください。

食材や食から沖縄をみる、感じる体験ができるはずです。

<取材協力>
まーさんマルシェ
沖縄県那覇市久茂地1−1−1 パレット久茂地1階広場
https://masan-marche.com
*次回開催:7月14日 (土)11:00〜18:00

土江真樹子 (つちえ・まきこ)
沖縄に住んで気づくと30年近く。元・琉球朝日放送報道部記者。放送ウーマン賞2002年。2006年からフリーランスディレクター。 「告発」、「メディアの敗北」 (QAB) 、「カンブリア宮殿〜一澤信三郎帆布〜」 (テレビ東京) など多数。 京都の唐紙の老舗「唐長」と沖縄のアロハブランド「PAIKAJI」のコラボシャツなどのディレクションも手がける。
文:土江真樹子
写真:武安弘毅
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る