さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

ふわふわの泡をいただく琉球茶道。王朝時代から伝わる「ぶくぶく茶」を体験

投稿日: 2018年6月2日
産地: 沖縄
タグ:
  • LINE

沖縄には、雲のような泡が乗った伝統茶があります。その名は「ぶくぶく茶」。

ぶくぶく茶

可愛らしい姿と名前が印象的ですが、琉球王朝時代、宮廷の賓客をもてなす際に振舞われていた歴史を持つお茶なのだそうです。

琉球茶道「ぶくぶく茶」の体験へ!

琉球茶道とも呼ばれ、琉球のもてなしの心で点てる、ぶくぶく茶。お茶をいただくだけでなく、その歴史や作法を教わりながら体験できるお店があると聞いて、さっそく訪れてみました。

「楽茶陶房ちゅらら」の看板が目印。脇の小道を入ると、お店の入り口が現れます

「楽茶陶房ちゅらら」の看板が目印。脇の小道を入ると、お店の入り口が現れます

教えてくださるのは、首里城からほど近い場所にある喫茶店「楽茶陶房ちゅらら」店主の安岡翠薫 (やすおか・すいくん) さん。

ぶくぶく茶の教授免許をお持ちで、結婚式や式典、沖縄文化を伝えるレセプションなどでお点前を披露したり、お稽古を行うかたわらに経営する喫茶店で、誰もが気軽に体験できる機会を作り、ぶくぶく茶を広める活動をされています。

私も安岡さんに教えていただきながら、ぶくぶく茶を体験してきました。

安岡さん (右) に琉球衣装を着付けていただきました。事前の身支度は不要。洋服の上から気軽に羽織るようにまといます

安岡さん (右) に琉球衣装を着付けていただきました。事前の身支度は不要。洋服の上から気軽に羽織るようにまといます

ほのかにジャスミンが香る、お米のお茶

そもそも、ぶくぶく茶ってどんな味なのでしょう。お茶になる前の状態を見せていただきました。

左上から、煎った玄米、さんぴん茶 (ジャスミン) 、煎った白米

左上から、煎った玄米、さんぴん茶 (ジャスミン) 、煎った白米

「ぶくぶく茶は、2層の異なるお茶でできています。玄米茶の上に、さんぴん茶の香りがついた白米茶の泡が乗っていて、両方を一度に口に運んで味わいます。お米の香ばしさと、さわやかなジャスミンの香りが合わさったホッとする味わいのお茶です。

お点前を始める前の準備として、玄米と白米を煎っておきます。煎ったら、玄米と白米を別々にグツグツと煮出します。白米にはさんぴん茶を加えてほのかに香りをつけておきます。こうして用意した2つのお茶を用いてお点前をします」

泡立て道具は、大きな器と茶筅

直径30センチメートルほどの木鉢と茶筅。予想外の大きさです!

直径30センチメートルほどの木鉢と茶筅。予想外の大きさです!

お点前の道具として登場したのは、大きな木製の器「ぶくぶく鉢」と茶筅。

「この鉢で来賓全員分のお茶を泡立てて、お客様用の個別の器へ盛り付けます」

泡立てる前の白米のお茶。たっぷりと注ぎ込みます。「明日は筋肉痛かな‥‥」なんて、日頃の運動不足を省みて不安がよぎりました

泡立てる前の白米のお茶。たっぷりと注ぎ込みます。「明日は筋肉痛かな‥‥」なんて、日頃の運動不足を省みて不安がよぎりました

「大きな茶筅なので、人差し指と中指を茶筅の穴の中に入れて持ち、手首のスナップを効かせながら鉢の縁をこするように左右に茶筅を振って泡立てていきます」

2本の指を茶筅に入れてこんな風に持ちます

2本の指を茶筅に入れてこんな風に持ちます

鉢の縁をこするように茶筅を動かします。出来上がった泡はそっと反対側の縁へ寄せて、また新たに泡立てていきます。ぶくぶくと泡が立っていくのがとても楽しい

鉢の縁をこするように茶筅を動かします。出来上がった泡はそっと反対側の縁へ寄せて、また新たに泡立てていきます。ぶくぶくと泡が立っていくのがとても楽しい

「泡立てのポイントは、できた泡が水に飲み込まれてつぶれてしまわないように液体をあまり動かさないで振ること。

以前、大寄せの茶会で、素早く泡が作れないものかとハンドミキサーを使ってみたことがあったのですが、液体全体を攪拌するためか、できたそばから泡が潰れてしまって、まったく泡立ちませんでした (笑) 」

泡立ち易いように穂1本ずつが細く、全体をかき回しすぎないまっすぐな穂先が一番泡立てやすいそう

泡立ち易いように穂1本ずつが細く、全体をかき回しすぎないまっすぐな穂先の茶筅が良いのだそう

小さな動きとわずかな時間でこんなにたくさんの泡が立ちました。運動不足の身でも筋肉痛にはならなかったのでご安心を!

小さな動きとわずかな時間でこんなにたくさんの泡が立ちました。運動不足の身でも筋肉痛にはならなかったのでご安心を!

「できたての泡は繊細ですぐに水に戻ってしまいますが、しばらく置いておくと硬く弾力が出てきて、崩れにくくなるんですよ。

明治時代以降、一般庶民に親しまれるようになった際には、この泡立てた状態で鉢を頭に担ぎ、ぶくぶく茶を売り歩いている人々もいたそうです」

運んでも崩れない泡。かなりしっかりしているんですね。たしかに、反対側の縁に寄せておいた泡を茶筅で触ると、初めとは違うしっかりとした弾力が生まれていて、少し触れたくらいでは無くなりませんでした。

音を奏でる木の器「ぶくぶく鉢」

「鉢が木製であることには理由があります。宮中でのおもてなしに用いられたぶくぶく茶のお点前の最中には楽器の生演奏がされていました。その場にお点前の音も響きます。木の器に茶筅がこすれて生まれるサラサラという音も音楽の一部となり、一体感を生んでいました。焼き物の器では音が出ないため、木でできたものが使われたのです。

また、茶碗やお盆などのお道具は琉球漆器が使われました。琉球王朝時代、最高級の道具を用意することで、もてなしの気持ちを表したと言われています。その時の道具合わせの流れを受け継いで、現在も式典などのフォーマルな場では琉球漆器を使ってお点前をしています。

ちなみに、お稽古の際には陶器の道具を使います。陶器は、ぶつかり合うとカチンと音が立つので、丁寧さが足りないとすぐにわかります。お道具を大事に扱う練習になるんですね」

お稽古の際に使う陶器

お稽古の際に使う陶器

気候に合わせた温度で味わう

泡立てが終わったら、弾力が出てきた泡を玄米茶の上に乗せていきます。

玄米茶を注いだ器と、お菓子を用意して、泡を盛り付けます

玄米茶を注いだ器と、お菓子を用意して、泡を盛り付けます

お茶の温度は人肌より少し暖かいくらいか、特に暑い時期には冷茶にすることもあるのだそう。沖縄の気候に合わせた、ちょうど良い湯加減が考えられているのですね。

この日の気温は30度。冷茶で準備してくださっていると伺い、期待が高まります。早く飲みたい。

先生のお手本。茶筅に泡を絡めて運び、器の上で、トントンと茶筅を打ちます

先生のお手本。茶筅に泡を絡めて運び、器の上で、トントンと茶筅を打ちます

「流派によって少しずつ違いはありますが、お茶と泡が同時に飲みきれるバランスを考えて盛り付けると美味しく召し上がっていただけます」

中心が高くなるように泡を盛り付けて、できあがりです

中心が高くなるように泡を盛り付けて、できあがりです

「ぶくぶく茶は素朴な味わいなので、先にお菓子をいただいてから飲みます。

いただき方は、器を手に取り、一礼。神様に感謝します。そして、器の正面を避けるように少し時計回りに回して口をつけます。

泡とお茶が一緒に味わえるように少し口を開いて、泡を吸い込むようにすると美味しくいただけますよ」

器を手に取り、一礼していただきます

器を手に取り、一礼していただきます

ふわふわとした不思議な食感と、ひんやりとしたお茶が口の中で溶け合います。ビールにも似た口当たりですが、お茶のさらりとした味と香りが、汗ばんだ体をホッと落ち着かせてくれます。ゆっくりと味わいたい美味しさでした。

首里の湧き水だからこそ生まれた「ぶくぶく泡」

それにしても、泡をのせるという発想、この不思議な飲み物はどうやって生まれたのでしょう?

ぶくぶく茶

「首里には豊富な湧き水があります。地下からこんこんと湧く水は、琉球石灰岩を通ってきたもので、硬度が高く、ミネラルが豊富に含まれています。よその地から伝わって来たお茶を琉球の水で煎れてみたところ、ポコポコと泡が立ちました。

それを見て、もっと泡立ててみたところ面白いほどに泡ができることがわかりました。こうして、見た目にも楽しめて、香りの広がりも、口当たりもよいお茶が生まれました。

ちなみに、琉球のお酒も湧き水とお米でできています。一説にはお酒を作っているときにブクブクと泡がでるので『泡盛』と呼ばれるようになったとも言われているんですよ」

この地の水だからこそ生まれたお茶だったのですね。同じようにお米とさんぴん茶を用意してみても、他の地域ではうまく泡立たないことも多いのだそう。

沖縄ならではの伝統茶。沖縄を訪れたら、琉球王国の宮中を想像しながら体験してみてはいかがでしょうか。

<取材協力>
楽茶陶房ちゅらら
沖縄県那覇市首里当蔵1-14
098-886-5188

文:小俣荘子
写真:武安弘毅
タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る