さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する
毎日使っていくうちに表情が変わるのが魅力だそう。野菜やソースの色が映え、料理をより美味しく見せてくれます

首里城そばのカフェ「CONTE (コント) 」で、沖縄の食とうつわを好きになる

投稿日: 2019年8月5日
産地: 沖縄
タグ:
編集:
  • LINE

沖縄・首里を訪ねたら、ぜひ立ち寄ってほしいカフェがあります。

ゆいレールの首里駅から首里城に向かう途中、ちょっと寄り道した路地裏にあるカフェレストラン「CONTE (コント) 」です。

首里城そばのカフェ「CONTE (コント) 」

控えめな看板、隠れ家のような雰囲気の店構えから一転、中へ入ると大きめの窓からたっぷりと日が差し込み、奥へ奥へと広々とした空間が広がっています。

首里城そばのカフェ「CONTE (コント) 」

「首里に来たらランチはまずここね。料理もうつわも素晴らしいです」

そう教えてくれたのは、沖縄の食の祭典「まーさんマルシェ」の記事などを取材してくれた、沖縄在住のテレビディレクター土江真樹子さん。

早速そのオススメのランチメニューを見てみましょう。

メニューは沖縄の食材をおいしく、たっぷり

ランチは通常4種類。沖縄の食材の美味しさを味わってほしいという店主の思いから、県産豚や魚、野菜がふんだんに活かされています。

オープン時からの看板メニューが「県産豚のロースト マスタードソース添え」

オープン時からの看板メニューが「県産豚のロースト マスタードソース添え」

こちらは「県産豚挽肉と紅じゃがのコロッケ ヨーグルトスパイスソース添え」

こちらは「県産豚挽肉と紅じゃがのコロッケ ヨーグルトスパイスソース添え」

メインディッシュに負けないくらい、島野菜を使ったデリもたっぷりと惜しみなく。沖縄の旬の味を、お腹いっぱい食べられます。

店内のディスプレイにもさりげなく島野菜や旬の食材が並び、オーナーである五十嵐さんご夫妻の、食材や土地への愛情が伝わってくるようです。

沖縄首里城そばのカフェ「CONTE (コント) 」

沖縄伝統の島らっきょう

沖縄首里城そばのカフェ「CONTE (コント) 」

コントという店名の意味

実は店名の「CONTE(コント)」とは、フランス語で「物語」「ショートストーリー」という意味。

「食に関わるお店である以上、お皿に料理がのぼるまでの、食材や生産者たちも含めた様々な物語が感じられるものを提供したい」と、お店の名前にしたそうです。

オーナー兼シェフの五十嵐亮 (まこと) さん。手には盛りだくさんの旬の野菜

オーナー兼シェフの五十嵐亮 (まこと) さん。手には盛りだくさんの旬の野菜

五十嵐さんが伝えたい「様々な物語」は、食材に留まりません。ランチをいただいていると、料理を飾るうつわの美しさに自然と目が行きます。

うつわも沖縄生まれが勢揃い

実は、CONTEで使われているうつわは沖縄の作家さんのものばかり。

右奥のスープ皿は、「木漆工とけし」さんのうつわ。沖縄で注目の工房です。左の赤いうつわは木村容二郎さん、手前の青い皿は大嶺工房、奥のご飯茶碗は宮城陶器さんのものと、沖縄の作家さんのうつわがずらり

右奥のスープ皿は、「木漆工とけし」さんのうつわ。沖縄で注目の工房です。左の赤いうつわは木村容二郎さん、手前の青い皿は大嶺工房、奥のご飯茶碗は宮城陶器さんのものと、沖縄の作家さんのうつわがずらり

オープン当初からご夫妻で展示会や工房をまわり、惚れ込んだ作家さんと丁寧に関係性を築いて作った、オリジナルのうつわがテーブルにのぼります。

うつわのことを語る五十嵐さんはとても嬉しそう

うつわのことを語る五十嵐さんはとても嬉しそう

ランチのプレートに使われていたのは宜野湾市に青鳥窯という工房を構える陶芸家・杉山早苗さんの八寸皿。オープンに合わせて製作してくれたそう

ランチのプレートに使われていたのは宜野湾市に青鳥窯という工房を構える陶芸家・杉山早苗さんの八寸皿。オープンに合わせて製作してくれたそう

沖縄首里 CONTE

毎日使っていくうちに表情が変わるのが魅力とのこと。野菜やソースの色が映え、料理をより美味しく見せてくれます

店内には物販コーナーがあり、気に入った作家さんのうつわを購入することもできます。

デザートや煮込み料理に使われている、木村容二郎さんのうつわ

デザートや煮込み料理に使われている、木村容二郎さんのうつわ

涼しげなグラスはガラス作家・小野田郁子さんの「吹きガラス工房 彩砂」のもの

涼しげなグラスはガラス作家・小野田郁子さんの「吹きガラス工房 彩砂」のもの

お隣の食物販コーナーには、宜野湾のパン屋さん「宗像堂」の天然酵母パンのコーナーが。週に一度、毎週木曜日の午後に入荷するそうです

お隣の食物販コーナーには、宜野湾のパン屋さん「宗像堂」の天然酵母パンのコーナーが。週に一度、毎週木曜日の午後に入荷するそうです

CONTE (コント) という店名にはもう一つ、お笑いの「コント」にもかけて「ユーモア」「笑い」の意味も込めているそう。

確かにこの場所で過ごしていると、「おいしい」以上に「沖縄の食って、うつわって面白い」と自然と思っている自分がいました。

<取材協力>
CONTE(コント)
沖縄県那覇市首里赤田町1-17
098-943-6239
http://conte.okinawa/
営業:11:00〜17:00(L.O.16:00)
定休日:月曜日
(情報は2019年7月時点のものです)

文:尾島可奈子
写真:武安弘毅
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る