さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

長崎の人気作家・小島鉄平と中村亜紀子が、岡山で初の個展を開催

投稿日: 2018年8月9日
産地: 岡山
  • LINE
小島鉄平のうつわと中村亜紀子の椅子敷き

「小島鉄平のうつわと中村亜紀子の椅子敷き」

【期間】2018年8月10日(金)~19日(日)
【会場】くらしのギャラリー本店
【住所】〒700-0977 岡山県岡山市北区問屋町11-104
【営業時間】午前11時~午後8時
【定休日】火曜日
【電話】086-250-0947
【URL】http://okayama-mingei.com/event/2018/07/1052.html#001052

昭和22年の設立以降、岡山県で民芸品を暮らしに広めようと努めてきた「岡山県民芸振興株式会社」。同社の直営店として、地元のみならず多くの民芸愛好家から親しまれている「くらしのギャラリー本店」で、8月10日~19日に「小島鉄平のうつわと中村亜紀子の椅子敷き」と題した展示会が開催されます。

器と椅子敷き。 どちらも独特の温かみで暮らしを豊かに。

小島鉄平の器

小島鉄平さんと中村亜紀子さんは、どちらも長崎県在住の作家として個々で活動されています。小島さんは「てつ工房」という屋号を持つ陶芸家。会社員時代に焼き物に惹かれ、ほぼ独学で作陶を開始。泥で模様を描く「スリップウエア」と呼ばれる技法を用いて作られる彼の器は、細やかで軽やかな泥の流れが特長です。鹿や鳥などの動物をモチーフにした愛らしい模様を描き、スタイルに捉われない自由な感覚の作品が支持されています。

中村亜紀子の椅子敷き

そして、中村さんは「ノッティング」と呼ばれる椅子敷きと同じ技法を使い、ウールの椅子敷きを手掛ける作家。その風合いと色彩から、ふんわりと優しい温かみが感じられるのが魅力です。ウール100%の毛糸を束ねたものを草木などで自ら染め、一つ一つ丁寧に織り上げています。彼女もまた、ほぼ独学で作家活動を始め、試行錯誤を重ねて昨年独立。ウールの素材ならではの手触りと心なごむ作品が注目を集めています。

岡山での展示会は今回が初めて。中国地方ではなかなかお目にかかれない作品の数々が並びます。また、11日(祝・土)と12日(日)は両名ともに在店予定です。2人の丁寧な手仕事に触れられる絶好の機会です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。




「小島鉄平のうつわと中村亜紀子の椅子敷き」

【期間】2018年8月10日(金)~19日(日)
【会場】くらしのギャラリー本店
【住所】〒700-0977 岡山県岡山市北区問屋町11-104
【営業時間】午前11時~午後8時
【定休日】火曜日
【電話】086-250-0947
【URL】http://okayama-mingei.com/event/2018/07/1052.html#001052
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る