さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

キレイでコワい。日本でただ一人、ナマハゲの「顔」を作る仕事とは 男鹿のナマハゲ面彫師、石川千秋さん

投稿日: 2019年1月7日
産地: 男鹿
編集:
  • LINE

初詣と一緒に行う人も多い厄除け。

私も以前はあまり気にしていなかったのですが、厄年を気にする真剣味が年々、増してきている気がします。

その点、強力な味方がいてうらやましいなと思ったのが昨年末に取材した秋田県男鹿 (おが) のまち。

「怠け者はいねがぁ!!」

のフレーズで有名なナマハゲは、実は大きな声や音を出すことで、訪ねた家の一年溜め込んだ厄を追い出してくれているのだそうです。

そんなナマハゲの顔と言えば、こんなイメージではないでしょうか。

なまはげ館 石川さん

実はこのお面、男鹿の中でも集落ごとに全く顔が違うのですが、大晦日の行事以外は大切にしまわれ、地域の外に出ることはありませんでした。

「だから石川さんの作るお面がなければ、男鹿のナマハゲはこれほど世の中に知られなかったかもしれない」

門外不出のお面から、誰もが手にできる工芸品「ナマハゲ面」を生み出してきた人がいます。

なまはげ館 石川千秋さん

日本でただ1人「ナマハゲ面彫師」を継ぐ、石川千秋 (いしかわ・せんしゅう) さんを訪ねました。

男鹿とナマハゲの歴史が詰まった「なまはげ館」へ

石川さんのお面作りの様子を間近で見学できる場所があります。

男鹿市真山 (しんざん) 地区にたつ「なまはげ館」。

なまはげ館

先日ナマハゲの実演を取材させてもらった男鹿真山伝承館の隣にあります。

古くから霊山として大切にされて来た真山。一帯には社寺や文化財が集まっています

古くから霊山として大切にされて来た真山。一帯には社寺や文化財が集まっています

なまはげ館では、男鹿の歴史文化を紹介する展示や、大晦日のナマハゲ行事を撮影した貴重な映像も上映。

そして石川さん取材の前に寄ろうと決めていたのが、館の目玉であるこの展示室です。

なまはげ館

ずらりと並んだナマハゲは110体!

男鹿市内60ほどの集落で実際に使われてきたお面が展示されており、ショーケースのものも合わせるとその数なんと150にのぼります。

「ナマハゲは複数人が交代で家々を回るので、これだけの数があるんです。よく見るとそれぞれ全く顔が違うんですよ」

なまはげ館

解説してくださったのは支配人の山本晃仁さん。

「素材も地域ごとに変わります。

木彫りのものもあれば、ザルやブリキのお面、杉の皮で作るところ」

なまはげ館

お面以外に、こうした道具も手作りです

「髪の毛も、海沿いの地区だと藻を乾燥させたものを付けたりね。

昔から、買うんじゃなく身の回りにあったもので作ってたんです」

同じ地域でも、手に入るものが変わればブリキから木彫り面に変わったりと、変化があるそう。

起源も鬼の化身、神の化身、山から降りてくる修験者といろいろな説があるナマハゲ。どの説に基づいているかでも、地区ごとに顔立ちが違うそうです。

実演を取材させてもらった真山地区ではナマハゲは山から降りてくる神様なので、ツノがありません

実演を取材させてもらった真山地区ではナマハゲは山から降りてくる神様なので、ツノがありません

「ナマハゲの姿に、こうじゃなきゃいけないということは、実はないんですよ」

定番の包丁も、デザインが様々です

定番の包丁も、デザインが様々です

なまはげ館

「先日のユネスコの文化遺産登録を受けて、途絶えていた行事を復活させようという地域があったんですが、あるところは発泡スチロールを使ってお面を作ったそうです。

今住んでいる方たちが話し合ってそのかたち、色に決まったのであれば、それがナマハゲになるんです」

自分たちで決めて自分たちで作る。

石川さんのナマハゲ面彫師という仕事も、そうした中から始まっていました。

いよいよ、石川さんの技が見られる実演コーナーへ

いよいよ、石川さんの技が見られる実演コーナーへ

日本で唯一の仕事、ナマハゲ面彫師

「もともとは親父が出稼ぎで仕事をしていて、冬、地元に戻ってきた時に青年会でナマハゲ行事用にお面を作っていたようです。その腕がよかったみたいで。

ちょうど東京オリンピックの頃だったんじゃないかな。

行政のすすめもあって、観光用にお面を作り始めたと聞いています。私で2代目です」

お話を伺った石川千秋さん

お話を伺った石川千秋さん

もともと大晦日の行事に使う衣装や道具は、集落ごとに自分たちで作るもの。

お面もそのひとつですが、ナマハゲ行事を観光資源にという気運に乗って、ナマハゲ面彫師という職業が誕生しました。

なまはげ館
ナマハゲの語源は、火に当たってばかりの怠け者のナモミ (=火だこ) を剥ぐ「ナモミ剝ぎ」が有力。剥いだナモミを入れる桶は、今では作れる人が減っているそう

ナマハゲの語源は、火に当たってばかりの怠け者のナモミ (=火だこ) を剥ぐ「ナモミ剝ぎ」が有力。剥いだナモミを入れる桶は、今では作れる人が減っているそう

幼稚園、保育園からの注文も

集落から行事用のお面の注文が入ることもあるそうですが、普段は魔除けの飾りにと買う人が多いとか。

もともと厄を払ってくれる存在なので、確かに魔除けとして飾っても頼りになりそうです

もともと厄を払ってくれる存在なので、確かに魔除けとして飾っても頼りになりそうです

「他には、幼稚園、保育園からの注文もここ数年よくありますね。

節分などの行事にも使ったりするようですが、大晦日の行事と同じで、先生から直接言われるより、お面をつけた方が子どもがよくいうことを聞くみたい」

確かに、このお面をつけて注意されたら、子どもたちもすっかり大人しくなりそうです。

キレイでコワい

「わざわざ買ってもらうものだから、キレイでコワくないとね」

キレイでコワい。

石川さんのお面は吊り上がった目に立派な鼻、顔いっぱいに開いた口からは牙が覗き、たっぷりした髪の間からは2本の角が生えています。

石川さんのお面

確かに、恐ろしくも端正な顔立ち。

なまはげ館で実演しているのは、そんなお面の表情を決める仕上げの工程です。

石川さんの製作の様子
彫る場所によって道具を使い分けていきます

彫る場所によって道具を使い分けていきます

内側もトントンと手際よく

内側もトントンと手際よく

丸太から切り出す前工程やこの後の乾燥、色つけや髪つけはご家族で分担して、別の工房で行うそうです。

素材は秋田の桐。加工しやすく、乾燥させると軽くなるので装着用にも適しているそう

素材は秋田の桐。加工しやすく、乾燥させると軽くなるので装着用にも適しているそう

髪の毛は、馬の毛。魔除けの意味もあるそうです

髪の毛は、馬の毛。魔除けの意味もあるそうです

コワさの研究

伺うと、コワさのポイントは「黒目」。

なまはげ館 石川さん
この部分、と石川さん

この部分、と石川さん

「まんまるだとあまりコワくないんです。卵形にしていくと迫力が出てきます」

絵に描いて教えてくれました

絵に描いて教えてくれました

「私の場合は楽だったんですよ。

この仕事を継いだ時には先代が基本を作ってくれていたので」

石川さん

「初代のお面を見ながらアレンジしてきました。鼻の部分にこぶをつけたり。ちょっと変えるだけで随分違ってくるんです」

石川さんの製作の様子
向かって右が鼻にコブをつけたもの。凄みがまします

向かって右が鼻にコブをつけたもの。凄みがまします

こちらは木の表面をバーナーで焼いて色目をつけた石川さんのオリジナル

こちらは木の表面をバーナーで焼いて色目をつけた石川さんのオリジナル

そういうコワさはどうやって研究しているんですかと尋ねると、鏡、という答えが返ってきました。

「ナマハゲ以外にもいろんな面を見たりもしたけど、自分の顔を鏡で見てしかめてみたりしてね」

しかめっ面を再現してくれた石川さん。確かに、迫力あります!

しかめっ面を再現してくれた石川さん。確かに、迫力あります!

「だから自分に似てきてるねって言われることもあります。魂が入ってるようだとか」

石川千秋さん

はじめは父親の跡を継いで、ただただ作るばかりだったという石川さんですが、そうしたお客さんの声を聞いて、年々創作意欲を増してきているそう。

「また迫力が出たねと言われるように努力していきたいですね」

ナマハゲ面彫師の後継者

お父様が他界された現在、ナマハゲ面彫師は石川さん1人。お弟子さんもいないとのこと。

石川千秋さん

「まぁでも、『石川面』を作る人がいなくなっても、集落の人たちが自分たちのお面を伝承していけば、行事がなくなることはないですからね。

そのうちきっと、こういう仕事をやる人がまた出てくるだろうと思います」

石川さんはさっぱりと言い切りました。

石川さん制作の様子

「でも、石川さんの作るお面がなければ、男鹿のナマハゲがこれほど全国に知られることはなかったかもしれませんよ」

最後にそう語ってくれたのはインタビューを傍らで聞いていた支配人の山本さんです。

ふたつの誇り

先ほど展示室で見たお面の数々は、もともと大晦日の行事のために作られているもの。

ナマハゲ

神が宿るものとして普段は大切に地域内で保管されています。

男鹿の魅力として発信していこうという時にも、簡単に他所へ貸し出せるものではありません。

作りも地区ごとに違うため、どれかひとつを選ぶというのも難しいものでした。

「だから観光PRなど大晦日の行事以外でお面が必要な時に、石川さん親子の作ってきたナマハゲ面が活躍してきたんです」

大晦日の行事では地区ごとのお面が大切に守り継がれながら、ナマハゲ行事のオモテの「顔」は石川面が引き受ける。

そんな関係性を物語るように、展示室には石川さんが手がけたという、ご出身の入道崎地区のお面が飾られていました。

入道崎のお面

入道崎のお面

「石川さんが作られているお面とはまた違うでしょう。

もともとあった古い入道崎のお面を参考に復元されたそうです」

入道崎のお面

「地域のお面はあくまで地域の中で作り、地域のために使うもの。販売しているお面は石川さんという個人が作っているもの、というお考えだと思います」

自分の作る面がなくなってもナマハゲ行事はなくならない。でも、この仕事を継ぐ人はきっと出てくるはず。

その石川さんの言葉には、自分たちで作り上げる地元行事への敬意と、作家としての作品への誇り、両方が込められているようでした。

<取材協力>
なまはげ館
秋田県男鹿市北浦真山水喰沢
0185-22-5050
https://www.namahage.co.jp/namahagekan/

文:尾島可奈子
写真:船橋陽馬 (根子写真館)
*次回はナマハゲ特集最終回。53年ナマハゲに「なって」きた方にお話を伺います。
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る