さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

大晦日のナマハゲ行事を体験したら、家族円満の秘訣が詰まっていました ユネスコ世界遺産登録「男鹿のナマハゲ行事」を体験取材

投稿日: 2018年12月31日
産地: 男鹿
タグ:
編集:
  • LINE

2018年最後の1日になりました。

年越しそばを贔屓のお店に食べに行く人もあれば、テレビの特番をこたつでゆっくり鑑賞という人、あるいは年末年始もバリバリ仕事!など、きっと年越しの仕方もさまざまかと思います。

「うおぉぉぉぉ!」

バンバンバン!!!

ある地域では、家中の戸や壁を叩いて回り、大声を上げる「異形の者」を家に招き入れて大晦日の晩を過ごすのが恒例行事。

「泣ぐ子はいねぇが!!!」

ナマハゲ

そう、このセリフで有名な、秋田県の「男鹿 (おが) のナマハゲ行事」です。

今年11月には、他県の9行事と合わせてユネスコの無形文化遺産に登録されたことでも話題になりました。

登録名は「来訪神 (らいほうしん) 仮面・仮装の神々」。

こわーい「鬼」のイメージがあるナマハゲですが、本当は、神様?一体何のために、大きな音を立ててわざわざ大晦日の家々を訪ね歩くのでしょう。

意外と知らないその行事の実際を、大晦日以外にも体験できる場所があると聞いて、男鹿まで一足早く行ってきました。

秋田まで行けない人もぜひこの記事で、「ナマハゲがやってくる大晦日」を体感してみてくださいね。

男鹿のナマハゲ行事を体験できる、男鹿真山伝承館へ

訪ねたのは男鹿真山伝承館。

大きな秋田杉の鳥居をくぐった先に‥‥

大きな秋田杉の鳥居をくぐった先に‥‥

日本海に突き出た男鹿半島の中で「お山」として古くから地域の信仰を集めてきた「真山 (しんざん) 」のふもとにある、真山神社が運営しています。

古くから霊山として大切にされて来た真山。一帯には社寺や文化財が集まっています

古くから霊山として大切にされて来た真山。一帯には社寺や文化財が集まっています

石段をずうっと登って行った先に拝殿があります

石段をずうっと登って行った先に拝殿があります

「ナマハゲって、嫌がる子どもを泣かせるような、恐いイメージがどうしても先行していますよね。

でも、行事の肝心な部分があまり伝わっていない。それを知っていただくために、実演を行なっています」

対応いただいた神主で伝承館館長の高森さん

対応いただいた神主で伝承館館長の高森さん

実演が行われるのは、地域の伝統的な曲家 (まがりや) 民家の広間。タイムスリップしたような空間でナマハゲを見学できます。

男鹿真山伝承館
実演が行われるのが右側の仏間。お客さんは隣の間に座り、間近でその様子を見学できます

実演が行われるのが右側の仏間。お客さんは隣の間に座り、間近でその様子を見学できます

仏壇と神棚が一緒になっています。この辺りも地域性があって興味深い

仏壇と神棚が一緒になっています。この辺りも地域性があって興味深い

床の間にはナマハゲが描かれた掛け軸が

床の間にはナマハゲが描かれた掛け軸が

まず現れたのは解説の女性。

いよいよ、はじまりました!

いよいよ、はじまりました!

「こちらでご覧いただいくナマハゲは、真山地区のナマハゲです。

このナマハゲのお面には角がありません。これは真山というお山の神様だからだと言い伝えられております」

流れるように行事の解説をしてくれます

流れるように行事の解説をしてくれます

一番最初はそんな説明から始まりました。

男鹿でナマハゲ行事を行う集落は80ほどあり、地区ごとにその出で立ちや振る舞いが違うそうです。

中でも真山地区のナマハゲは古い形式が残されているとのこと。

「それでは、まもなくナマハゲがやってきます」

解説員さんの最後のことばに、前で正座していた3兄弟の男の子たちがずざざっ、と後ずさりしました。

怠け者はいねがぁ!

解説員さんが去ると、主人役の男性が広間に入って来ます。

主人役の男性
「これからの実演は、土地の言葉で話します。わからないところも、まずは雰囲気を味わってみてください」

「これからの実演は、土地の言葉で話します。わからないところも、まずは雰囲気を味わってみてください」

玄関の方を向いて正座し、ナマハゲの来訪を待ちます。

正座してナマハゲを待つ

ガラガラガラ、と戸が開く音が。

「おばんです。ナマハゲ来たども入っていいすか」

はじめにやってきたのは先立 (さきだち) と呼ばれる役目の人。

先立さん。ナマハゲ行事は全て男性のみで行われます

先立さん。ナマハゲ行事は全て男性のみで行われます

ナマハゲは、その年に不幸ごとや出産があった家には入れないしきたりなので、こうして先立さんがまず家々に確認をするのです。

「おめでとうございます。寒いとこ大変だったすな」

まずは先立さんに挨拶

まずは先立さんに挨拶

主人が先立さんにねぎらいの言葉をかけ、ナマハゲ一行を迎え入れることを承諾します。

「うおぉぉぉぉ!」

バンバンバン!!!

ほどなく、大声とともに外の雨戸を激しく叩くような音が突然、背後から聞こえてきました。これは、来ると分かっていても、恐い!

ナマハゲがやって来た!

ナマハゲがやって来た!

音のする場所がどんどん移動していき、ついに。

勢いよく障子が開きます

勢いよく障子が開きます

ナマハゲが玄関に姿を表しました。家に上がる際に、7回、四股を踏みます。

手足を大きく振って四股を取ります

手足を大きく振って四股を取ります

「怠け者はいねがぁ」

ズンズン!客席の方まで入って来ます。すごい迫力です!

ズンズン!客席の方まで入って来ます。すごい迫力です!

「嫁はどこさ行った、どこにも見当たらねぇなぁ」

バンバンバン!!!

隠れている子どもやお嫁さんを、家中の壁や戸を叩いたりして探し回るのです。

背中も大きく見えます

背中も大きく見えます

主人「おめでとうございます。ナマハゲさん、今年もまた荒れてるところよぐ来てけだすな」

主人はこの間に、用意しておいたお膳をさっと準備

主人はこの間に、用意しておいたお膳をさっと準備

主人は落ち着き払った様子でナマハゲをもてなします。

ナマハゲ「年に一度山から里さ降りてこねば、怠け者や悪い病が流行っても困る。しっかり祓っていくど」

そう、ナマハゲは年の瀬に山から降りて来て、その年1年の家の災禍を祓い、来年の福を呼び込んでくれる存在なのです。

大きな声を出したり音を出して歩くのは、この家の一年間の悪霊を追い払うためなんだとか。

一家の主はこの大切なお客様を、美味しい御膳とお酒でもてなします。

主人「まんず座って、酒でも飲んでくなんしぇ」

彩りもあざやか。ナマハゲを迎え入れる家には、こうしたお膳が必ず用意されています

彩りもあざやか。ナマハゲを迎え入れる家には、こうしたお膳が必ず用意されています

ナマハゲも勧めに応えて席に着きます。座る前に今度は5回、四股を踏みます

ナマハゲも勧めに応えて席に着きます。座る前に今度は5回、四股を踏みます

主人によるもてなしが始まりました

主人によるもてなしが始まりました

ナマハゲ「なかなかうめえ酒だ」

主人「あきたこまちでつくった酒で」

お酒をいただく様子。大晦日の晩は、お面の下で実際にいただくそうです

お酒をいただく様子。大晦日の晩は、お面の下で実際にいただくそうです

そんな会話を2、3した後、ナマハゲが本題を切り出します。ナマハゲ行事の本来のハイライトである「問答」の開始です。

ナマハゲは何でも知っている

ナマハゲ「ところで親父、今年の田畑の作柄は」

主人「去年しっかりお祓いしてもらったおかげで大豊作であったすでば」

主人も丁寧に答えていきます

主人も丁寧に答えていきます

ナマハゲ「婆さまは元気だか。もう歳なんだから、家族みんなで面倒見てやらねばだめだど」

主人「みんなで大事にしてるす」

こんな風に、その年の作物の具合や家族の息災をたずね、しっかりやりなさいと激励するのです。

一方で、怠け者には容赦なし。

いつも炉端に当たってばかりで手足に火だこを作っているような者は、その火だこ (=土地の言葉で「ナモミ」) を剥いでしまうため、「ナモミ剥ぎ」から「ナマハゲ」と呼ばれるようになったというのが、有力な語源説です。

手に包丁を持っているのが定番の姿ですが、あれはナモミを剥ぐためのものなのだとか。戒めとしては、かなり効き目がありそうです‥‥!

ナマハゲ「ところで嫁や子どもらはどこさ行った」

ここからがナマハゲ行事のハイライト

声に一層迫力が増します

これがお約束。話は必ず、隠れているお嫁さんや子どもたちに及びます。

主人「孫達もさっきまでここで遊んでだんだども」

ナマハゲ「ナマハゲが来たからといって逃げる、隠れるというのは、普段ちゃんとやってねぇがらでねーが」

主人「いやいや嫁は気立てはいいし、よぐ働くし、孫達も勉強はするし家の手伝いもよぐするし、本当によぐできた嫁子どもらで」

懸命に弁解する主人

懸命に弁解する主人

主人は家族を必死にかばいます。しかし、ナマハゲは全てお見通し。

ナマハゲ「本当だが。ここの孫のイチロー、学校さ行けば先生の言うことひとつも聞がない、学校から帰って来れば宿題もやらねでゲームばっかり、手伝いもさねて聞いてるど」

1年の悪行を暴いて、主人に詰め寄ります。実演ではわかりやすいようにと、日頃の行いが書き記されている「ナマハゲ台帳」がオリジナルで登場していました。さながら閻魔帳のよう

1年の悪行を暴いて、主人に詰め寄ります。実演ではわかりやすいようにと、日頃の行いが書き記されている「ナマハゲ台帳」がオリジナルで登場していました。さながら閻魔帳のよう

「去年ナマハゲさんに注意されてから勉強もしてるはずなんですが‥‥」と弱腰になる主人。ナマハゲの言葉にじっと耳を傾けます

「去年ナマハゲさんに注意されてから勉強もしてるはずなんですが‥‥」と弱腰になる主人。ナマハゲの言葉にじっと耳を傾けます

ナマハゲ「親父からもっと勉強するように注意さねばだめだど。それに嫁のミツコ、つい最近には‥‥」

こうして銘々の1年のよろしくない行いがすっかり明かされてしまうと、「もう1回探してみるが」とナマハゲは再び立ち上がり、3回四股を踏んで家中を再び大捜索。隠れている子どもたちやお嫁さんを引っ張り出すのです。

ナマハゲが遠巻きに眺めていた子どもたちのところへ!

ナマハゲが遠巻きに眺めていた子どもたちのところへ!

勉強はちゃんとしてるか、親の言うこと聞いてるか、と詰め寄ります

勉強はちゃんとしてるか、親の言うこと聞いてるか、と詰め寄ります

し、してます、と小声で返す少年

し、してます、と小声で返す少年

これからは親の言うことをちゃんと聞くか、勉強するか、とナマハゲに迫られて、家の子どもたちは泣きながらこの1年、勤勉でいることを誓うわけですね。

「ナマハゲさん、来年来るまでにしっかり直しておぎますので、まんず、この餅こで御免してくなんしぇ」

まぁまぁ‥‥とその場をとりなす主人

まぁまぁ‥‥とその場をとりなす主人

最後にはお餅やご祝儀をナマハゲに手渡して、主人がその場をおさめます。

ナマハゲも礼儀正しく受け取ります

ナマハゲも礼儀正しく受け取ります

「また子どもら言うごど聞がねがったら、あの真山の山さ向かって手っこ三つ叩け。すぐにおりて来るがらな」

最後にダメ押しの忠告

最後にダメ押しの忠告

「皆まめ (健康) でれよ。来年まだ来るがらな」

来年の再訪を約束してナマハゲが去っていきます。

次に会えるのは、来年の大晦日です。去ってしまうとなると、少し寂しいような‥‥

次に会えるのは、来年の大晦日です。去ってしまうとなると、少し寂しいような‥‥

去った後には、動き回って落ちた衣装のワラが。

ナマハゲの落し物

ナマハゲの落し物

20分ほどの、あっという間の時間でした。そして気になることがふつふつと湧いてきます!

ナマハゲって一体何者なんでしょうか?神主の高森さんに再びお話を伺います。

1 2
1⁄2
タグ:
編集:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る