さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

さんちのまとめ読み ~お香屋に聞く香りの使い方/文化財修理のプロ集団/世界で支持される登山靴 ほか

投稿日: 2018年11月8日
産地: 未分類
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部です。

「天高く馬肥ゆる秋」という言葉がありますが、晴れた日は気持ちいい青空が広がりますね。全国各地でイベントも目白押しなので、今度のお休みは少し遠くまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

どこに行こうかな・・・そんなときも、さんちのまとめ読みをご参考に。

————————————————

日本画を彩る胡粉と岩絵具。伝統画材の製造現場を訪れる

伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」の岩泉さんに教えてもらう日本の画材

日本画の絵具は貝殻や岩からつくられている?奥深い絵具の世界を覗いてみました。

2018年10月21日公開
産地:宇治

■□■

美術院

数百年前の仏像を目にできるのは、このプロ集団のおかげです

文化財修理の仕事とは。岡倉天心が創設した京都・美術院へ

例えば、京都の三十三間堂の千手観音像や、奈良の東大寺南大門に立つ金剛力士像も、そうです。

2018年10月22日公開
産地:京都

■□■

外見◎、中身◎、味◎。三重丸で女性の心を掴む「開運堂 白鳥の湖」

130年以上続く老舗の逸品です。

2018年10月23日公開
産地:松本

■□■

薫玉堂 丸の内KITTE 調香体験

オリジナルでつくる自分好みの香り。東京駅でできる調香体験へ

日本最古のお香調進所 薫玉堂・KITTE丸の内店

平安時代に遡ると、貴族は「一人一香」、それぞれが自分のオリジナルの香りを持っていたと伝えられています。香りを楽しむことは、日本古来の文化でもあったのです。

2018年10月24日公開
産地:京都

■□■

420年続く日本最古のお香屋さんで聞く「香りのいろは」

香老舗 薫玉堂・京都

日本最古の御香調進所である「薫玉堂」の本店を訪ね、日本人が知らない「香りのいろは」と、さまざまな香りの使い方を教えていただきました。

2018年10月25日公開
産地:京都

■□■

登山靴ゴロー

日本職人巡歴 人生をともに歩むゴローの登山靴。外国人も魅了する靴職人の手仕事

「日本全国の人が、ウォーキングブーツを求めてゴローにくる」。いや、今や世界中から靴を求める人がやってくる。ゴロー二代目、この道65年の靴職人に会いに。

2018年10月26日公開
産地:東京

■□■

花赤による絵付。ほのかな赤から、力強い濃厚な赤まで自在な「ぼかし」が描ける

人間国宝の愛した「花赤」という絵具

有田 辻絵具店の色づくり

ブラタモリであらためて話題の「有田焼」。有田焼が誇る「赤絵」を支えるのが、途方もない手間暇をかけてつくられる極上の赤い絵具「花赤(はなあか)」。いまもその絵具をつくり続けるのが、辻絵具店の辻昇楽さんです。

2018年10月27日公開
産地:肥前

————————————————

お気に入りの記事はありましたか?読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

以上、今週の「さんちのまとめ読み」でした。

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る