さんち 〜工芸と探訪〜

SUNCHI ~ Explore japan through regional crafts ~

このページの先頭へ

あなただけの
さんちの手帖に

会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?
メールアドレス:(必須)
※ 「.@(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません
メールアドレスは既に使われているか、正しい形式で入力してください
会員登録する
既にアカウントをお持ちの方は こちら

退会手続き

退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?
キャンセル
退会する

さんちのまとめ読み ~沖縄の「やちむん」とは?/金沢の蒔絵師一家/300年企業の社長交代 ほか

投稿日: 2018年7月5日
産地: 未分類
タグ:
  • LINE

こんにちは。さんち編集部です。

関東はあっという間に梅雨が明け、夏本番のような暑さがつづいています。みなさま、夏の計画は進んでいますか?旅の行き先は、さんちを読んで興味を持った土地に決めるのもおすすめですよ。さて、今週もまとめ読みにお付き合いください。

————————————————

中川政七商店「靴のお手入れ道具」

父の日に贈る、家族で使う。中川政七商店「靴のお手入れ道具」

「初めての人でもまずこれだけあればOK」そんな革靴お手入れの基本セットを集めました。プロに聞くお手入れのコツも併せて紹介します。

2018年6月17日公開
産地:浅草

■□■

GARB DOMINGO

沖縄の旬のうつわに出会える楽園「GARB DOMINGO」

オーナーの藤田俊次さんは「伝統には過去から現在への流れがありますが、僕が出会う沖縄の作家にはそういう長れを持たない、自分ひとりのものを作ってる人が多いですね」と語ります。

2018年6月18日公開
産地:沖縄

■□■

古酒

沖縄みやげは「やちむん」と泡盛を。選び方や古酒の楽しみ方をマイスターに聞く

泡盛の飲み方とは?那覇で人気の古酒バー「カラカラとちぶぐゎー」店主に教わる

これぞ新定番?泡盛は「水割り」も美味しい?!泡盛マイスターの長嶺哲成さんに泡盛を美味しく飲む方法や「古酒の嗜み方」を教わりました。

2018年6月19日公開
産地:沖縄

■□■

東道盆

琉球王朝の最高傑作を、現代のマンション住まいに。21世紀に蘇った幻の「東道盆」プロジェクト

琉球王朝時代、中国の大使をもてなすために使われていた蓋つきの器「東道盆」。それを単なる復刻ではなく、現代の暮らしで使える形で蘇らせた人がいます。

2018年6月20日公開
産地:沖縄

■□■

うるしアートはりや

山中漆器の産地で蒔絵の可能性を追求する、蒔絵師一家「うるしアートはりや」

加賀温泉郷のひとつ山中温泉で、伝統工芸という格式ばったイメージはなく、モダンでポップで可愛らしくて、ちょっと手に取りたくなるアイテムをつくる家族がいます。

2018年6月21日公開
産地:金沢

■□■

中川政七商店

300年企業の社長交代。中川政七商店が考える「いい会社ってなんだろう?」

その日、名前を呼ばれたのは、7年前に中川政七商店のものづくりに惹かれて転職してきた、ひとりの女性でした。13代続いてきた「家業」からの転換、その舞台裏です。

2018年6月22日公開
産地:奈良・大和郡山・生駒

■□■

株式会社キタイ

雨でも最高のプレーを!プロサッカー選手も愛する、奈良産スポーツ靴下の技術

アスリートを足元から支えるメーカー「キタイ」のスポーツソックスづくりの現場

試合をするコンディションから製品の設計が始まる。奈良にあるキタイは、世界的なスポーツブランドの靴下も手がけるスペシャリスト。その製造現場へ伺いました。

2018年6月23日公開
産地:奈良・大和郡山・生駒

————————————————

お気に入りの記事はありましたか?
読み返してみると、また新しい発見があるかもしれません。

以上、今週の「さんちのまとめ読み」でした。

タグ:
  • LINE

Follow us

全国の工芸・産地にまつわる読み物を毎日更新しています

さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

関連の読み物

「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

アプリの詳細を見る